カリスマ山根(山根会長)は痴呆?暴力団森田組との関係とは?【日本ボクシング連盟】

カリスマ山根
Pocket

8月3日放送のスッキリ!に生出演した渦中の山根会長。

世間では「カリスマ山根」と呼ばれて話題になっています。

今回の生出演でもわけわからないコメントが多く、一部では痴呆では?とも言われています。

また、暴力団森田組と関係があるような発言もあり注目を集めています。

今回はスッキリ!の生出演が実際にどんな感じだったか、そして痴呆なのか、暴力団森田組との関係があるのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク


そもそもカリスマ山根とは?

日本ボクシング連盟会長の山根氏が連日取り上げられていますが、その山根会長はネット上で、「カリスマ山根」と呼ばれています。

「『カリスマ山根』という名前は誰が名付けたのか?」と気になっている人も多いようです。

実はこの「カリスマ山根」という名前は山根会長が自らが言っているのです。

カリスマ山根

スッキリ!に生出演したが痴呆と話題に

2018年8月3日に朝の情報番組「スッキリ!」に生出演した”カリスマ山根”こと山根会長。

日大の田中理事長に比べたらしっかりと表舞台に出てきてえらいと思っていましたが、実際にスッキリ!に生出演したカリスマ山根はかなり意味わからないコメントが多く、ネット上では「痴呆では?」「明らか痴呆でしょ!」という投稿が多く見られました。

ライブで見ていた私も正直、カリスマ山根は”老害”としか言いようがないと思いました。

実際に「47都道府県」を「33都道府県」と言ったり、「adidas」を「アデダス」と言っていたりと明らかにアカンですよね。

支離滅裂というか、司会の加藤浩次さんからの質問に対しての返答が答えになってないんですよね。

明らかにこれは現役を退いたほうが良いと思いました。

村田諒太選手の投稿に対して反論

アマチュアボクシング選手として、過去にオリンピックで金メダルを獲得した村田諒太選手もカリスマ山根に対して以下のようなコメントをしました。

成松、大変な思いをしていると思います
選手のことを考えていたら、こんなことは絶対にあり得ない
彼の練習やキャリアに影響が出ないことを願うばかりです
そして、そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません
新しい世…

村田 諒太 Ryota Murataさんの投稿 2018年7月27日金曜日

スッキリ!に生出演したカリスマ山根はこの村田諒太選手に対して「村田諒太選手は一人でメダルを取れる選手ではない」と反論しました。

村田諒太選手は「第三者が強い暗示をかけることで強くなる選手だと考え、当時世界選手権の代表に選んだ。そのおかげでメダルを取れたんだ、生意気だ」ともコメント。

聞きたかった内容ではないように思いますが、「俺がメダル取らせてやったのに何いってんだ」と言っているように聞こえました。

グローブ独占販売疑惑について

アマチュアボクサーが使うグローブは「スギスポーツ」という販売店からadidasの特定のグローブを買うように指示したと言われています。

さらに、アマチュアボクサーがグローブを購入する際にお金を振り込むのですが、その振込先がカリスマ山根の孫の個人口座に振り込まれていたのです。

つまり、アマチュアボクサー全員に同じグローブを購入させ、その売上を自分の孫の口座に振り込ませ、間接的にカリスマ山根に流れていたという疑いがかけられています。

しかし、この件に関しても否定。

特定のグローブだけを購入するように指示したことはない。とのこと。

そして、孫の口座を使用したのも、偶然孫が使っていない口座があったからと・・・

そんなわけないでしょ!

そんな大事なお金の流れを個人の、しかも身内の口座に入れさせるってまずいでしょ!

スッキリ!内ではこの辺については全然スッキリした回答は得られませんでした。

スッキリ!に生出演した理由は暴力団「森田組」からの脅迫

スッキリ!に生出演したカリスマ山根は、番組に出演した理由を暴力団「森田組」からの脅迫があったとコメントしました。

これは放送事故レベルの発言かもしれませんね。。。

実はこの暴力団森田組は2007年にすでに解散しているようです。

もしかしたら、解散した後にできた組別の組があるのかも知れませんね。

いずれにしても、カリスマ山根は暴力団とつながっているとしか思えませんね。

まとめ

今回はスッキリ!に生出演したカリスマ山根こと日本ボクシング連盟の山根会長についてまとめました。

多くの人がネットで投稿しているように、「老害」「痴呆」「意味わからない」という意見に私も同じです。

「33都道府県」「アデダス」など、やっぱり現役を引退したほうが良いのではないでしょうかね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。