日大・田中英壽理事長は山口組のヤクザ?内田正人監督との関係は?なぜ会見に出ない?

田中英壽スポーツ
スポンサーリンク

今週嫌でも耳に入ってくる日大アメフト部の悪質タックル問題。

これまでに関西学院大学、日大の宮川選手、日大の内田正人監督と井上奨コーチの会見がそれぞれ行われてきましたが、食い違いが起きており、この事件についてはますます真相究明が求められています。

26日にはようやく、日大の大塚学長が会見を行い、謝罪をしました。

ですが、やはりここまでの問題になっているわけですから、大学のトップである、田中英壽理事長が会見を開くべきたと思います。

そこで今回は田中理事長がなぜ会見に出ないのか、そもそも田中理事長が山口組のヤクザと関わりがあるとも報じられている点についても調べてみました。

スポンサードリンク


日大アメフト部の悪質タックル問題で日大学長がついに会見

5月に入ってから、毎日のようにテレビで放送されている、日大アメフト部の悪質タックル問題。

加害者である日大アメフト部の宮川泰介選手が5月22日に会見を開いて、被害者への謝罪、内田正人監督や井上奨コーチからの指示などについて、誠実に答えました。

「アメフトが好きだったが、大学に入ってから好きではなくなった」

「アメフトを続ける権利が無いし、続ける気もない」

このような発言に、全国から宮川泰介選手がかわいそうだという声が上がりました。

そして宮川泰介選手が会見を行った翌日23日に、日大が緊急会見。

かなり急な会見だったようで、記者もかけるけることも難しいぐらいだったそうです。

ついに、開かれた日大アメフト部の内田正人監督と井上奨コーチの会見でしたが、結論から言うと”全ての責任を宮川泰介選手に追わせる”というものだったというのが私の感想でした。

日大からの回答書は5月24日に関西学院大学側に提出されました。

その回答書を受けて、5月26日に再び、関西学院大学側が会見をする予定になっていますが、その前に5月25日15時30分から日大の大塚学長が緊急会見を開きました。

日大の各学部のトップである大塚学長の会見ですので、事件の真相究明に向けての大きな一歩になると期待されています。

しかしがながら、会見をするのであればやはり、紛れもなく日大のトップである田中英壽(たなかひでとし)理事長が出てくるべきだと、世間では言われていますよね。

まずは田中英壽理事長のプロフィールをご紹介します。

日大・田中英壽理事長プロフィールまとめ

《本名》
田中英壽(たなかひでとし)

《生年月日》
1946年12月6日

《出身》
青森県五所川原市

《最終学歴》
日本大学経済学部経済学科

《学外の役職》
(財)日本オリンピック委員会(JOC)副会長、国際相撲連盟会長、(財)日本相撲連盟副会長

現在の日大の理事長を務めるのが田中英壽(たなかひでとし)さんです。

青森県五所川原市の出身で、小学校低学年から相撲を習い始め、日本大学在学時相撲部の選手として活躍し、大学3年生のとき学生横綱になっています。

1969年に日本大学経済学部経済学科を卒業し、日本大学農獣医学部体育助手兼相撲部コーチに就任。

1969年、1970年、1974年に3度アマチュア横綱となったのを始め、計34ものタイトルを獲得し、1980年に現役引退。

同年、朝日スポーツ賞受賞しています。

1983年には日本大学相撲部監督に就任し、力士として大活躍した舞の海さんを始め多くの選手や力士を育成しました。

1999年に日本大学理事、2000年日本大学保健体育事務局長、2001年日本大学校友会本部事務局長、2002年学校法人日本大学常務理事、2005年日本大学校友会会長などを歴任し、2008年より日本大学の理事長を努めています。

2013年(平成25年)2月1日付の読売新聞で、理事長を務める日本大学の工事受注業者から約500万円を受け取っていたとの疑惑が報じられ、国会でこの問題が取り上げられたこともありました。

日大・田中英壽理事長は山口組のヤクザなのか

日大のトップである田中英壽理事長。

アマチュア相撲で活躍し、過去には財団法人日本オリンピック委員会理事、副会長を務めていましたが、”ヤクザ”と言われる住吉会会長や山口組組長との交際が発覚し辞任しています。

また2014年2月、週刊文春は、住吉会二代目会長福田晴瞭らとのスリーショット写真が掲載。

田中英壽

同年9月には、山口組六代目組長司忍とのツーショット写真が流出。

田中英壽理事長本人がヤクザということは無いでしょうが、日本で一番力をもっているとも言われる日大のトップが”ヤクザ”とつながっているということは間違いなさそうですね。

一部では、日大アメフト部の内田正人前監督は田中英壽理事長の”飼い犬”とも言われています。

つまり、内田正人前監督が今のポジションに就いていたのも田中英壽理事長の力のようですね。

したがって、内田正人前監督は田中英壽理事長に逆らえないという立場と言えそうです。

スポンサードリンク


なぜ日大の田中英壽理事長は会見に出てこないのか

なぜ日大の理事長は会見に出てこないのか

日大の大塚学長というのは各学部や教授のトップと言えます。

ですが、大学経営のトップは紛れもなく田中英壽理事長です。

したがって、田中英壽理事長が会見を行うことが一番求められていることだと思います。

しかしながら、田中英壽理事長は会見には出てきません。

それはなぜなのか非常に気になったのですが、そもそも田中英壽理事長にはこのアメフト部の悪質タックル事件に関わる気が無さそうです。

週刊文春の取材に答えたものですが、

「アメフトはルールも知らなかい」

「見解など無い」

「関係ありません、部が全部責任をもってやる」

とコメントしています。

これは、ことの重大さに気づいていないことの表れですよね。

大学のトップとしては事件を軽く見ているようにしか思えません。

この気持が変わらなければ、会見には到底出てきませんよね。

また、先述の通り、田中英壽理事長は山口組ともつながっていると言われているので、表舞台に出てきたくはないのでしょうね。



まとめ

今回はアメフト部の悪質タックル問題で注目される日大の田中英壽理事長のヤクザ(山口)、内田正人監督との関係、なぜ会見に出ないのかについてまとめました。

ここまで大きな話題となっている問題ですから、トップが出てきて説明するのがやはり一番いいと思いますし、世間が望んでいることだと思います。

一刻も早く納得できる説明がされることを期待します。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

スポーツ
スポンサーリンク
リバティ