中島裕翔がHey!Say!JUMPを脱退しない理由!メンバー不仲説の真相もまとめ

中島裕翔
Pocket

Hey!Say!JUMPの中島裕翔さんの脱退説が浮上し、話題になっているようです。

脱退したい理由は何でしょうか?

そして今はまだ脱退せずグループにいる理由は何なのか、気になったので調べてまとめてみました。

実は中島裕翔さん、あのメンバーと仲が悪かった時期もあったようで…。

この不仲説の真相についてもまとめてみましたので、併せてご覧下さい!

スポンサードリンク


Hey!Say!JUMP中島裕翔プロフィールまとめ

中島裕翔

《本名》
中島裕翔

《生年月日》
1993年8月10日

《出身》
東京都

《血液型》
A型

《身長》
180cm

《メンバーカラー》
水色

幼少期から数々のドラマで活躍し、安定した人気を保ちながら成長を続ける中島裕翔さんです。

昨年は初めてベストジーニストの一般投票男性部門で1位を獲得しました。

高身長を活かしてメンズノンノの専属モデルも務める等、多方面で活躍しています。

Hey!Say!JUMP中島裕翔脱退説とは?

中島裕翔 脱退

中島裕翔さんがHey!Say!JUMPを脱退したいという噂が飛び回っています。

アイドルそして俳優、さらにはモデルとしても活躍している中島裕翔さん。

そんな中島裕翔さんになぜ脱退説が浮上したのでしょうか。

どうやら、岡本圭人さんが脱退するという話を聞いて「だったら俺も」と思ったようです。

過去に泥酔トラブルを2回、そして吉田羊さんと7連泊スキャンダルが報じられ、中島裕翔さんは事務所から厳しく叱責を受けたようです。

その度に「何のために我慢しているのだろう」と思ってしまうようです。

そして、中島裕翔さんは、音楽を追求する為に事務所を退所する渋谷すばるさんを見て、「自分がやりたいことを求めたい」と言っているそうです。

どうやら演技に磨きをかけたいそうですね。

こんなことがあり、中島裕翔さんは自由にやっていきたいという気持ちが強くなってしまったのでしょう。

中島裕翔がHey!Say!JUMPを脱退しない理由とは?

中島裕翔さんがHey!Say!JUMPを脱退しない理由は、やはりジャニーズ事務所が引き留めているからだと思います。

この約一年の間に、香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さん、山口達也さん、そして今年末に退所する渋谷すばるさんと、今までのジャニーズだったら考えられないほどの退所者が。

ここで中島裕翔さんもグループ脱退、もしくは退所とならないように、説得させているようです。

さらにHey!Say!JUMPは元メンバー・森本龍太郎の不祥事、そして岡本圭人の留学。

中島裕翔さんが脱退したら、グループとしてのイメージも悪くなってしまいますよね。

そして中島裕翔さんは、新月9ドラマ「SUITS/スーツ」の出演が決まっています!

演技に磨きをかけたいという本人の希望もあり、そしてグループ脱退を避けるため、ドラマの出演が決まったかどうかはわかりませんが、ドラマのお仕事がある今は、脱退するということはないでしょう。

ですが、再び脱退説は浮上すると思います。

Hey!Say!JUMPメンバー不仲説の真相とは?

中島裕翔 不仲

今だから言える話だと、山田涼介さんが「メレンゲの気持ち」に出演した際、中島裕翔さんと「めちゃくちゃ仲悪かった」と発言しています。

元々、Hey!Say!JUMPのセンターは中島裕翔さん。

ですが、山田涼介さんがセンターになり、それがきっかけでギクシャクし、話さなくなったようです。

20歳までこの関係は続いたとのこと。

どこのグループもデビュー当時は喧嘩が付き物だったり、仲が悪かったなんて話、よく聞きますよね!

今は仲良く、しっかりと絆で結ばれているようです!

ファンはどう考えている?

中島裕翔さんのHey!Say!JUMP脱退説や不仲説についてファンの方はどのように考えているのでしょうか?

Twitterでの投稿をまとめてみました。

やはりファンの皆さんは中島裕翔さんが脱退することはありえないと考えているようですね。

まとめ

今回はHey!Say!JUMP中島裕翔さんの脱退説についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

脱退したいという本人の気持ちは、本当なのか嘘なのかはわかりませんが、ファンの気持ち、そしてメンバーの気持ちを考えると脱退してほしくないですよね。

今後もこのような脱退説が浮上することなく、メンバーとも仲良く平和に活動していってほしいと思いました!

それがファンの願いなのでは?

今後も、中島裕翔さん活躍を期待しています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。