奥野康俊(被害者の父親)が市議を辞める理由は国政進出?【日大アメフト事件】

奥野 康俊スポーツ
スポンサーリンク

連日テレビでも報道されている日大アメフト部の悪質タックル事件ですが、加害者である宮川泰介選手や内田正人監督と井上奨コーチが会見を開きました。

それぞれの意見が食い違う結果となり、世間ではなんともスッキリしない状況となっています。

この日大側の会見を受けて、被害者の父親であり、大阪市議会議員の奥野康俊(おくのやすとし)が、自身のFacebookで新たにコメントを発表しました。

「次の選挙には立候補せずに、この事件に息子と、アメフト、アメフトを愛する両大学の子どもたちの為、日本のスポーツ界の信頼回復の為全てを捧げる」とのこと。

このコメントを受けて、ネット上では大阪市議会議員を辞めた本当の理由が国政進出にあるのではないかという声があがっているので、真相を調べてみました。

スポンサードリンク


日大アメフト部悪質タックル事件でようやく日大が会見

5月に入ってから、毎日のようにテレビで放送されている、日大アメフト部の悪質タックル問題。

加害者である日大アメフト部の宮川泰介選手が5月22日に会見を開いて、被害者への謝罪、内田正人監督や井上奨コーチからの指示などについて、誠実に答えました。

「アメフトが好きだったが、大学に入ってから好きではなくなった」
「アメフトを続ける権利が無いし、続ける気もない」

このような発言に、全国から宮川泰介選手がかわいそうだという声が上がりました。

そして宮川泰介選手が会見を行った翌日23日に、日大が緊急会見を開きました。

かなり急な会見だったようで、記者もかけるけることも難しいぐらいだったそうです。

ついに、開かれた日大アメフト部の内田正人監督と井上奨コーチの会見でしたが、結論から言うと”全ての責任を宮川泰介選手に追わせる”というものだったというのが私の感想でした。

以前行われた関西学院大学の会見で明らかにされましたが、日大からの回答書は24日に届く予定です。

今回の内田正人監督と井上奨コーチの会見を見ると回答書の内容も全く期待できませんね。

この会見を受けて動き出したのが、今回の悪質タックルの被害者の父親である奥野康俊さんです。

続いて奥野康俊さんのプロフィールをご紹介します。

被害者の父親・奥野康俊プロフィール・経歴まとめ!

奥野 康俊

《本名》
奥野康俊(おくのやすとし)

《生年月日》
1965年12月1日

《出身》
大阪府池田市

《血液型》
O型

《職業》
大阪市議会議員

《子供》
4女1男

学歴

  • 北豊島小学校卒業
  • 北豊島中学校卒業
  • 府立池田高等学校卒業
  • 立命館大学理工学部卒業

経歴

  • リクルートグループに就職
  • 1995年に池田市議会議員に初当選
  • 2010年池田市議会議長
  • 2011年に大阪市議会議員として当選
  • 2015年大阪市議会議員トップ当選

実は日大アメフト部悪質タックル事件の被害者の父親は大阪市議会議員の奥野康俊(おくのやすとし)さん。

大阪維新の会としても知られています。

息子が被害を受けたことで、刑事告訴も検討しているとコメントしています。

市議会議員ということもあって、発信力はありますし、コメントも上手いですよね。

大阪市議会議員・奥野康俊の評判とは?

被害者家族として、全国から「かわいそう」という目でみられている奥野康俊さんですが、実は大阪市議会議員としては、過去に問題視されていたことがあるんです。

それは大阪維新の会の奥野康俊大阪府議が、平成23年度から3年間、閉鎖されているホームページ(HP)の運営費用として、親族の男性に対し計約262万円を政務活動費から支払っていたことが分かったという問題。

奥野康俊さんは妥当な金額と認識していたようですが、閉鎖中のホームページというのはいただけませんね。

それに親族にそのお金を渡していたいうのもかなり怪しいですね。

結局このお金のやり取りに関してはお咎めなしという形になりました。

奥野康俊が大阪市議会議員をやめる本当の理由は国政進出のため?

そんな奥野康俊さんですが、今回の日大アメフト部の悪質タックル事件の被害者家族といてかなり知名度が上がりました。

そして、23日の日大アメフト部の内田正人監督と井上奨コーチの会見を踏まえて、Facebookで大阪市議会議員を辞める旨のコメントを発表。

拡散のお願い
昨日の内田前監督、井上コーチの会見を受け
5/6の試合以来初めてアップします。

お願いがあります。

前監督は一切の関与を否定。これでは宮川君が、可哀想でなりません。酷すぎます。
親の立場で我が息子と重ねると宮川君は、加害者…

奥野 康俊さんの投稿 2018年5月23日(水)

「指導者2人に対して、体の震えが止まりません。」

という言葉が印象的ですね。

また、「日本のスポーツ界の信頼回復の為全てを捧げる所存です。任期満了を持って大阪市議会議員にピリオドをうち、次の選挙では立候補いたしません。」という言葉からは、思いっきり日大とやり合おうという姿勢が垣間見えますね。

ですが、実はネット上では「奥野康俊さんが大阪市議会議員を辞めるのは国政進出するためじゃないの?」という声も上がっているんです。



また2ちゃんねるでも

 これ国会議員ルートだな。これだけ騒がれた事件被害者の親ともなれば知名度抜群だし出馬すれば当選確実だろう

 日大への補助金停止、日大廃校のためにもぜひとも国会議員を目指して欲しい

 来年の参院選に特定野党から出馬に一票

といったコメントが投稿されています。

確かに今の流れで行くと、奥野康俊さんを応援してくれる人は大勢いますからね。

実際のところはどうなんでしょうか。

個人的には悪い人には見えないので、ありかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は日大アメフト部の悪質タックル事件の被害者の父親である奥野康俊さんのプロフィールや大阪市議会議員を辞める理由についてまとめました。

奥野康俊さんが国政進出し、国会議員として活躍する姿も見たい気もしますが、まずは、今回の事件の真相を明らかにしてほしいですね。

今後の日大の関西学院大学への回答書にも注目です。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

スポーツ
スポンサーリンク
リバティ