ドラマ【サバイバルウェディング】吉沢亮ら豪華キャスト一覧!あらすじやネタバレも

サバイバルウェディング文化
スポンサーリンク

2018年7月放送開始のドラマ「サバイバルウェディング」。

人気小説が原作のドラマであり、波瑠さん、伊勢谷友介さん、吉沢亮さんなどの豪華キャストが出演していて、かなり注目されています。

ということで、今回はドラマ「サバイバルウェディング」のあらすじ、キャスト一覧、キャストのプロフィール、最終回の結末のネタバレ、主題歌、ロケ地についてご紹介します。

ドラマを見る前にこの記事を見ていただいて、予習してもらたら嬉しいです!!

スポンサードリンク


2018年7月新ドラマ「サバイバルウェディング」

2018年7月放送開始となるドラマ「サバイバルウェディング」。

小説が原作の人気作品のドラマかということで、かなり注目が集まっています。

それに、波瑠さん、伊勢谷友介さん、吉沢亮さんなどの人気キャストが出演しているのも注目ポイントですね!

「サバイバルウェディング」は大橋弘祐原作の小説
ドラマ「サバイバルウェディング」は大橋弘祐さんの小説「SURVIVALWEDDING サバイバルウェディング」が原作です。

この「サバイバル・ウェディング」という作品は、女性誌の編集長が部下に、結婚する方法を教えるという内容の小説ですが、実は作者の大橋弘祐さん自身が結婚しないまま40歳を迎えています。

 この作品「サバイバルウェディング」は、僕が一生独身になるかもしれないという現実と引き換えに生まれた作品といっても過言ではありません。

ですから、日本テレビさんで連続ドラマ化、しかも波瑠さん、伊勢谷友介さんが出演されるというお話を聞いて、救われるような気持ちになりました。

ぜひとも、少しでも多くの人にご覧いただき「サバイバル・ウェディング」する人が増えて、日本の少子化に歯止めをかけていただけると信じております!

そして僕もできることなら「サバイバル・ウェディング」したいです!
大橋弘祐さんコメント

ご自身も「サバイバルウェディングしたい!」と言っちゃうあたりが面白いですよね。

ぜひ大橋弘祐さんにも幸せになってほしいですね。

ドラマ「サバイバルウェディング」の吉沢亮ら豪華キャスト一覧

ドラマ「サバイバルウェディング」キャスト一覧
黒木さやか役:波瑠
宇佐美博人役:伊勢谷友介
柏木祐一役:吉沢亮
三浦多香子役:高橋メアリージュン
奥園千絵梨役:ブルゾンちえみ
石橋和也役:風間俊介
中島鉄男役:前野朋哉
高橋涼太役:小越勇輝
栗原美里役:奈緒
藤井カオリ役:石田ニコル
?:ついひじ杏奈
谷原貴弘役:山根和馬
杉優子役:須藤理彩
永瀬義徳役:野間口徹
柏木惣一役:生瀬勝久
黒木美恵子役:財前直見
バー「クリフ」のマスター役:荒川良々

黒木さやか役:波瑠

波留

波瑠さんが演じるのは主役の黒木さやか。

頑張り屋さんで一生懸命で、だけど不器用なところがあり、編集長やダメな元彼など、周りの人に振り回されることが多い役柄です。

波瑠コメント

この作品には個性豊かなキャラクターがたくさん出てくるのですが、その時に対峙している人をちゃんと見つめて、その度にどんな空気を出せるか、どんな表情になれるか、瞬間、瞬間を大事にしていきたいと思います。

さやかという人物に対して観て下さる方が共感し、「応援したい!」と思ってもらえるよう、一生懸命演じたいと思います。また作品を通して、さやかも成長していくと思うので、見守って頂けたら嬉しいです。

波瑠プロフィール

《名前》
波瑠(はる)

《生年月日》
1991年6月17日

《出身》
東京都

《血液型》
O型

《職業》
女優・ファッションモデル

《身長》
164cm

《所属事務所》
ホリエージェンシー

2004年、中学1年生の時にプロモーションビデオのオーディションに応募し、その時にスカウトされ芸能界入りした波瑠さん。

2007年5月よりファッション雑誌『セブンティーン』の専属モデルとして活動を開始。

最初の数年は全く仕事がなく、2008年の映画『リアル鬼ごっこ』の冒頭で電車に跳ね飛ばされて亡くなるだけの役のような、台詞も何もない役がほとんどでした。

2010年、『マリア様がみてる』に小笠原祥子役で長編映画初主演を努めたり、2013年4月から2014年3月まで『A-Studio』のアシスタントを担当した他、2015年にはNHK連続テレビ小説『あさが来た』のヒロイン・白岡あさ役を演じ、名前が知られるようになりました。

それ以降も「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」、「お母さん、娘をやめていいですか?」、「あなたのことはそれほど」、「未解決の女 警視庁文書捜査官」など数々の連続ドラマで主演を努めています。

2018年で27歳になり、ますます演技に磨きがかかった波瑠さんの演技に期待です!

宇佐美博人役:伊勢谷友介

伊勢谷友介

波瑠さん演じる黒木さやかに「付加価値」をつけようとするイヤミな上司・宇佐美博人を演じるのは伊勢谷友介さん。

カリスマ雑誌編集長で、黒木さやかに無理難題を与える、一見嫌な役柄ですが、宇佐美のおかげで黒木さやかが少しずつ成長していきます。

伊勢谷友介コメント

宇佐美役がぴったりと言われるのは、本当は嫌なんです。だって、宇佐美はかなり“やなヤツ”ですから。でも、この前演じたのも嫌われ社長役でしたし、僕は“やなヤツ”の役が合っていると40歳を過ぎて身に染みて分かったので、この路線で頑張っていきたいなと思います(笑)。

“やなヤツ”ではありますが宇佐美は雑誌の編集長ですから、真ん中にある部下に対する愛情も垣間見えるキャラクターになれれば少しは救いがあるかなと思うので、そういう人物を目指して頑張ります。

たぶん気持ち悪い芝居もするかもしれないけど、波瑠さんには引かないで頑張ってほしいです(笑)。

伊勢谷友介プロフィール

《本名》
伊勢谷 友介(いせや ゆうすけ)

《生年月日》
1976年5月29日

《出身》
東京都

《血液型》
A型

《身長》
179cm

《職業》
俳優・映画監督・美術家・実業家

《所属事務所》
リバースプロジェクト

《学歴》
東京藝術大学美術学部デザイン科卒業
東京藝術大学院美術研究科修士課程修了

伊勢谷友介さんはファッションモデルとしてデビューし、その後は主に俳優として活動しています。

12歳から英語教室に通っていたほか、大学4年生時にはニューヨーク大学に短期留学して映像を学んだこともあり、英語での演技も評価されています。

映画やNHKの大河ドラマには数多く出演している伊勢谷友介さんですが、実は民放の連続ドラマにはあまり出演していません。

それも、伊勢谷さん自身が連続ドラマに出演したくないと考えているからだそうです。

その理由として、「(連続ドラマは)監督が一人ではない場合が多いため演出の統一性がなく、また、視聴率に左右されて脚本が変わることが(映像に関わる人間として)飲み込めない」と語っていました。

そんな伊勢谷友介さんが出演する「サバイバルウェディング」は間違いなく要チェックですね!!

柏木祐一役:吉沢亮

吉沢亮

黒木さやかが仕事で出会う年下のさわやかイケメン王子・柏木祐一を演じるのはイケメン俳優吉沢亮さん。

広告代理店の営業マンで、さやかが編集する雑誌rizの広告を担当しているという役どころです。

吉沢亮コメント

連ドラに出演させて頂くのは個人的に久々なので緊張してます。

波瑠さん演じる主人公が憧れる年下の男ということで、爽やかに、見てくださる皆様にも愛していただけるように頑張ります。

吉沢亮プロフィール

吉沢亮

《本名》
吉沢 亮

《生年月日》
1994年2月1日(24歳)

《出身》
東京都

《身長》
171cm

《血液型》
B型

《特技》
剣道、ダンス、ジャグリング、バスケットボール

《趣味》
ギター、音楽、マンガ鑑賞、喫茶店巡り

《所属事務所》
アミューズ

吉沢亮さんは男4人兄弟の次男として1994年に東京で生まれました。

母親に薦められて受けた「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン ~あなたの周りのイケてる子募集~」をきっかけで芸能界に入っています。

これまでに数多くのドラマや映画に出演していて、2018年も映画『リバーズ・エッジ』で二階堂ふみの相手役に抜擢。

この作品は第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に出品され二階堂さんと行定勲監督とともにレッドカーペットに登場し、国際映画批評家連盟賞を受賞しています。

また、映画「ママレード・ボーイ」や「あのコの、トリコ。」でも主演を務め、現在5社からCM起用されるなど大活躍中の俳優さんです。

三浦多香子役:高橋メアリージュン

高橋メアリージュン

riz編集部で働くさやかの同期・三浦多香子役は高橋メアリージュンさんが演じます。

きれい・・・

個人的にめっちゃタイプです!!

高橋メアリージュンコメント

脚本を読んで主人公と同世代の自分にグサグサ刺さる台詞がたくさんありました(笑)

女としての価値を上げるHow toやハイブランドの歴史を知れたり、改めて【価値】について考えさせられました。

編集者という役柄という事で、モデル時代に肌で感じていたライターさん達の空気感をリアルに表現できればなと思っています。

高橋メアリージュンプロフィール

《名前》
高橋メアリージュン

《生年月日》
1987年11月8日

《出身》
滋賀県大津市

《血液型》
A型

《身長》
169cm

《体重》
49kg

《職業》
ファッションモデル
女優

《所属事務所》
エイジアプロモーション

高橋メアリージュンさんは日本人の父とスペイン系フィリピン人の母のもと京都府で生まれ、滋賀県大津市で育ちました。

2003年の8月に『横浜・湘南オーディション2003』でグランプリを獲得し、翌2004年の4月から『CanCam』の専属モデルになりました。

2012年の6月号をもって『CanCam』の専属モデルを卒業し、その後『CLASSY.』や『Oggi』、『GINA』などの雑誌に姿を見せています。

2007年から歌番組やバラエティ番組などを含む様々なテレビ番組や、セシルマクビー、京セラ、森永製菓、グーグルなどの各種企業・商品のテレビコマーシャルに出演。

さらに女優活動を活発化させてもおり、同年にもNHK連続テレビ小説『純と愛』にてマリヤを演じるなどしています。

奥園千絵梨役:ブルゾンちえみ

ブルゾンちえみ

rizのSNS担当編集部員・奥園千絵梨はブルゾンちえみが演じます。

一発屋で終わるかと思ってましたが、バラエティやドラマにかなり出続けていますよね。

実際、ブルゾンの代わりって思い浮かびませんもんね。

ブルゾンちえみコメント

今回、奥園千絵梨という役をやらせて頂くことになりました、ブルゾンちえみです。

千絵梨さんは、雑誌のSNS担当編集部員で年齢不詳、神出鬼没、口癖は「映え~!」、、、少しクセのある、パクチーのような女性ですが、主人公とは又違ったアラサー女性の幸福を追求していきたいと思います。

ブルゾンちえみプロフィール

《名前》
ブルゾンちえみ

《生年月日》
1990年8月3日

《出身》
岡山県岡山市

《血液型》

《職業》
お笑い芸人

《トリオ名》
ブルゾンちえみ with B

《学歴》
岡山県立岡山大安寺高等学校卒業
島根大学教育学部中退

《所属事務所》
ワタナベエンターテインメント

あなたもご存知のブルゾンちえみさん。

父は地元・岡山県の小学校教員、祖父は地元農協の幹部、祖母は幼稚園教員です。

小学生・中学生時代は常にクラスの盛り上げ役で、小学生の頃から同級生とお笑いコンビを組んでクラスなどの場を盛り上げていたんだとか。

ワタナベエンターテインメントに入り、芸人として活動を開始し、2017年1月1日に日本テレビ『ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP』に「ブルゾンちえみ with B」として出演し優勝。

これをきっかきに大ブレイクしました。

女優としては、2017年4月、放送されたフジテレビの連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』において主要キャストのひとりとして女優デビュー。

いきなりの抜擢でしたが、器用な一面を発揮していたと思います。

石橋和也役:風間俊介

風間俊介

風間俊介さんは、浮気がバレたことからさやかに婚約破棄を言い渡す身勝手な恋人・石橋和也役で出演します。

一方的に婚約を破棄したものの、その後も再三さやかの前に現れます。

風間俊介コメント

この作品は、登場人物が個性的なのに身近に感じられ、ドラマとして面白く、自分とも重なる。

そんな、観てくださる全ての人に共感して貰える作品になると思います。

波瑠さん演じる、主人公のさやかが奮闘し、時には間違える姿を、応援したり、説教したくなったり、自分の姿と重ねたり、まるで自分の友人、いや、もう一人の自分自身のように感じるドラマになると思います。

そんな物語の中で『あぁ、私の周りにもこういう人、いる』と感じて貰えるキャラクターを演じられるように、全身全霊で挑もうと思います。

風間俊介プロフィール

《本名》
風間俊介(かざましゅんすけ)

《生年月日》
1983年6月17日

《出身》
東京都墨田区

《血液型》
A型

《身長》
164cm

《妻》
一般女性

《所属事務所》
ジャニーズ事務所

風間俊介さんはオーディションに合格し、1997年、中学2年生の時にジャニーズ事務所に入所。

同年、少年隊の舞台でデビューし、以降ジャニーズJr.として活動。

当時は生田斗真と共にセンターポジションで踊るなどしていました。

1999年、TBS系テレビドラマ『3年B組金八先生 第5シリーズ』に出演して兼末健次郎役を演じ、第3回日刊スポーツドラマ・グランプリ新人賞を受賞。

これを境にテレビドラマへの出演が増えていきました。

2011年、ドラマ『それでも、生きてゆく』に出演し、日本放送映画芸術大賞助演男優賞やザテレビジョン第70回ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞すると再び脚光をあび、翌年の連続テレビ小説『純と愛』で一躍知名度があがりました。

2013年5月上旬には一般女性と結婚。

2015年10月15日、ジャニーズ事務所公式ホームページで単独ページができ、事実上のジャニーズJr.卒業となりました。

杉優子役:須藤理彩

須藤理彩

riz編集部の先輩編集部員としてしっかり者の姉御肌・杉優子役を演じるのは須藤理彩さん。

須藤理彩プロフィール

《名前》
須藤 理彩(すどう りさ)

《生年月日》
1976年7月24日

《出身》
神奈川県横浜市

《血液型》
O型

《身長》
165 cm

《夫》
川島道行(BOOM BOOM SATELLITES、2016年死別)

《所属事務所》
アミューズ

横浜市出身の須藤理彩さんは、高校時代には陸上部に所属し、200M走でインターハイ(全国高校総体)にも出場して準決勝にまで進出、全国ベスト16の実績をもっています。

将来を嘱望されていたものの、練習中の怪我により選手生命を絶たれ断念。

福山雅治の大ファンである2歳年上の姉が「福山雅治に逢えるかも」という理由で応募したアミューズの「100時間オーディション」に見事合格し活動を始める。

1998年度上半期放送のNHK朝の連続テレビ小説『天うらら』でドラマ初主演し、大工棟梁を目指す少女を演じました。

その後も順調に活躍を続け、現在は時代劇から現代劇まで幅広く活躍する女優として知られています。

2006年11月6日にBOOM BOOM SATELLITESの川島道行との結婚を発表し、2007年1月30日に第一子(長女)を出産、2011年10月20日に第二子(次女)を出産しましたが、2016年10月9日、夫の川島道行が脳腫瘍で亡くなりました。

最近では、主役では無いものの、「コウノドリ 第2シリーズ」、「重要参考人探偵」、「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」などのドラマに出演しています。

中島鉄男役:前野朋哉

前野朋哉

riz編集部員役で意識高い系独身男子・中島鉄男役は前野朋哉さんが演じます。

前野朋哉プロフィール

《名前》
前野 朋哉(まえの ともや)

《生年月日》
1986年1月14日

《出身》
岡山県倉敷市

《血液型》
B型

《職業》
俳優、映画監督

《所属事務所》
ブレス・チャベス

大学一回生の時に石井裕也監督作品の『剥き出しにっぽん』に照明助手、役者で参加した経験を持つ前野朋哉さん。

初の長編『ショッキングピンク』では主演、監督を務め、同じく監督した「GOGO まりこ」はハンブルク日本映画祭に正式招待され、京都国際学生映画祭で入選。

監督、脚本、主演した『脚の生えたおたまじゃくし』は、2009年に第4回福井映画祭にて 観客賞と田中光敏監督賞を受賞し、2010年にはゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアター・コンペティション部門で審査員特別賞とシネガーアワードを受賞。

2011年3月大阪で行われた映画祭のトークショーでジョニー・トーから「彼は将来有望な監督だ。」と評価されました。

2016年に出演した映画『エミアビのはじまりとはじまり』で演じた漫才コンビ「エミアビ」のコンビ名で、森岡龍とともにM-1グランプリ2016に出場し、予選の1回戦を突破。

2017年には連続テレビ小説『わろてんか』の劇中でも大野拓朗とともにお笑いコンビ役を演じ、M-1グランプリ2017に「潮干狩」のコンビ名で出場し、予選の1回戦を突破しています。

高橋涼太役:小越勇輝

小越勇輝

小越勇輝さんは編集部のバイト役で登場。

小越勇輝プロフィール

《本名》
小越 勇輝(おごえ ゆうき)

《生年月日》
1994年4月8日

《出身》
東京都

《血液型》
O型

《身長》
168cm

《職業》
俳優、モデル

《所属事務所》
ATプロダクション

小越勇輝さんは2010年よりミュージカル『テニスの王子様2ndシーズン』にて主役の越前リョーマ役を務め、2014年9月21日の18:00公演の回で、通算500回公演出演を達成しています。

2017年12月から自身の公式サイト「小越勇輝 公式インターネットテレビ CHAPTER2」を開設しています。

テレビドラマでは漫画を実写化した「弱虫ペダル」で主演を努めています。

ついひじ杏奈

ついひじ杏奈

ついひじ杏奈さんも編集部のバイトの一人として出演しています。

役名はまだ発表されていません。

ついひじ杏奈プロフィール

《名前》
ついひじ杏奈

《生年月日》
2000年9月21日

《出身》
群馬県

《血液型》
O型

《身長》
162cm

《趣味》
読書

《所属事務所》
ホリ・エージェンシー

若手女優として期待されているついひじ杏奈さん。

テレビドラマでは、「お母さん、娘をやめていいですか?」、「仰げば尊し」、「科捜研の女」などに出演してきました。

今回のサバイバルウェディングではどのようなキャラクターを演じるのか楽しみですね。

栗原美里役:奈緒

奈緒

吉沢亮さん演じる・祐一を狙う製薬会社広報部・栗原美里役を演じるのは奈緒さん。

奈緒プロフィール

《名前》
奈緒(なお)

《旧芸名》
本田 なお

《生年月日》
1995年2月10日

《出身》
福岡県

《血液型》
A型

《職業》
女優

《身長》
160cm

《所属事務所》
アービング

奈緒さんは「早く働きたかったから」と高校1年生の時に地元・福岡の天神にてスカウトされたの機にモデル事務所カバーガールエンターテインメント(CGE)に所属し芸能活動を開始しました。

当初はモデルやレポーターの仕事を行っていたそうです。

演技のワークショップに参加したことを契機に演じることの楽しさを知って女優へ転身し、2013年の『めんたいぴりり』(テレビ西日本)でテレビドラマに初出演。

東京での活動を目指して芸能事務所を探すものの所属先はなかなか見つからず、19歳のころは福岡の事務所と社員として契約して所属タレントのマネージャーのような仕事も行っていたんだとか。

2016年6月公開の『雨女』で映画に初出演し、同年10月期のドラマ『Chef〜三ツ星の給食〜』への出演を皮切りに6本の連続ドラマに出演し、野島オリジナル脚本による配信ドラマ『雨が降ると君は優しい』(Hulu)では下着姿も厭わぬ体当たりの演技を見せました。

2017年8月には、福岡時代に受けた『まれ』、最終審査で落ちた『わろてんか』に続いて3度目の挑戦となったNHK連続テレビ小説『半分、青い。』のオーディションで、ヒロイン役には落選したものの後に呼ばれた親友役のオーディションにて自身と名前が同じ木田原菜生(なお)役に選出選ばれました。

「ブレークの登竜門」と目されるヒロインの親友役への抜擢により注目を集めています。

藤井カオリ役:石田ニコル

石田ニコル

風間俊介さん演じる和也の浮気相手・藤井カオリ役で出演するのは石田ニコルさん。

この藤井カオリが自分のパンツを忘れたことで和也の浮気がバレてしまいます。

それにしてもパンツ忘れるって・・・w

わざととしか思えないですよね。

石田ニコルプロフィール

《名前》
石田 ニコル(いしだ にこる)

《生年月日》
1990年5月29日

《出身》
山口県岩国市

《血液型》
A型

《職業》
タレント、女優

《所属事務所》
アミューズ

石田ニコルさんは長崎県佐世保市で生まれ、山口県岩国市で育ちました。

中学生のとき福岡で従妹と買い物をしている時にスカウトされ、地方で活動した後、アミューズにスカウトされました。

山口県立岩国高等学校を卒業の後、大学進学のため上京し、医療系の大学の診療放射線学科で診療放射線技師を目指して勉強をしていたそう。

2010年3月、『神コレモデルオーディション2010』で応募総数3,621人の中からグランプリを受賞。

それを機に中途半端は嫌だからと、大学1年の単位を全部取り大学を辞め、本格的にモデルデビューした。

以降、国内外のさまざまなファッションイベントに出演し、また『sweet』、『Gina』、『25ans』、『BAILA』などの人気ファッション雑誌でレギュラーモデルを務めるなど、モデルとして第一線で活躍中。

一方で、2011年公開の映画『パラダイス・キス』で女優としてもデビューし、2012年にはミュージカル『RENT』で初の舞台に立って歌にも挑戦。

テレビドラマ初出演となった2014年のフジテレビ系『ファースト・クラス』で悪女役を演じて注目を集めました。

谷原貴弘役:山根和馬

山根和馬

吉沢亮さん演じる祐一の先輩・谷原貴弘役で山根和馬が参加。

山根和馬プロフィール

《名前》
山根 和馬(やまね かずま)

《生年月日》
1984年3月6日

《出身》
神奈川県横浜市

《血液型》
A型

《職業》
俳優、ダンサー

《身長》
170cm

《所属事務所》
カクト エンタテインメント

中学2年生の頃、ダンスに出会い興味を持った山根和馬さん。

高校に入り生活のすべてがダンスになりダンサーを志すことに。

そして19歳の頃、ダンススタジオで踊っていたところを映画監督に見出され、『ハーケンクロイツの翼』(2004年)のGAS役にて俳優デビュー。

そこからダンサー・俳優の両立生活が始まりました。

実は2008年12月18日、新生DA PUMPに加入したしたが、2014年1月27日、DA PUMPを卒業しています。

永瀬義徳役:野間口徹

野間口徹

栗原美里(奈緒)が務める製薬会社広報部の課長・永瀬義徳役で野間口徹さんが出演。

野間口徹プロフィール

《名前》
野間口 徹(のまぐち とおる)

《生年月日》
1973年10月11日

《出身》
福岡県北九州市

《血液型》
AB型

《職業》
俳優

《身長》
172 cm

《所属事務所》
ダックスープ

将来は教師になろうかと漠然と考えていた野間口徹ですが、信州大学農学部在学中に演劇サークルで芝居も会話も上手い先輩に出会ったことで演劇活動を開始。

1999年、嶋村太一、竹井亮介とともにコントユニット「親族代表」を結成し、年に1〜2回の公演を行っていました。

舞台での活動を続けながらも30歳までにメディアの仕事が入らなければ辞めようと考えていたそうですが、29歳でCMの仕事が入り始め、2007年の34歳の時、フジテレビ系のテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』で主演の岡田准一をストーカーのように監視する公安の田中一郎役でレギュラー出演してからは次々と仕事が入るようになりました。

バー「クリフ」のマスター役:荒川良々

荒川良々

riz編集部員が行きつけのバー・クリフのマスターで荒川良々さんが登場。

かなり独特な雰囲気を持っている荒川良々さんですから、バーのマスターはハマり役ですよね。

荒川良々プロフィール

《名前》
荒川 良々(あらかわ よしよし)

《本名》
荒川 良友(あらかわ よしとも)

《生年月日》
1974年1月18日

《出身》
佐賀県小城市

《血液型》
O型

《職業》
俳優

《身長》
183 cm

《所属事務所》
大人計画

荒川良々さんはぽっちゃりの体型・丸刈りという容姿で活躍する個性派俳優で、かつては荒川 上手(あらかわ じょうず)の芸名で活動していましたが、名前の読み間違いが多かったことなどの事情により、本名から一字をとって、現在の芸名に改名(どちらの芸名も大人計画の主宰・松尾スズキが命名)。

映画・ドラマ・CMに多数出演中。

2008年公開の映画『全然大丈夫』で初の主役を演じました。

黒木美恵子役:財前直見

財前直見

波瑠さんが演じるさやかのパワフルな母・黒木美恵子役には財前直見さん。

財前直見プロフィール

《名前》
財前 直見(ざいぜん なおみ)

《生年月日》
1966年1月10日

《出身》
大分県大分市

《血液型》
AB型

《職業》
女優

《夫》
本間欧彦(2003年〜2012年)

《所属事務所》
研音

1984年(昭和59年)、東亜国内航空(現・日本航空)の沖縄キャンペーンガールに選ばれて芸能界デビュー。

同年には初出演したドラマ、『六本木天使』で主演を務めました。

2003年(平成15年)7月11日、自身の主演作『スチュワーデス刑事』のプロデュース・演出も手がけた本間欧彦と結婚し1男を授かったが、2012年(平成24年)8月7日に離婚したことを明らかにしました。

2006年(平成18年)12月7日、午後0時18分、都内の病院で第1子となる男児を出産。

財前さんは所属事務所を通し「ずっと待ちわびておりましたので、喜びもひとしおでございます」とコメントした。その後4年あまりは単発作品などへ限定的に出演していたが、2011年冬季に連続ドラマ2本への同時レギュラー出演で本格復帰を果たしました。

柏木惣一役:生瀬勝久

生瀬勝久

頑固で一本気な祐一(吉沢亮)の父・柏木惣一役は生瀬勝久さんが演じます。

生瀬勝久プロフィール

《名前》
生瀬 勝久(なませ かつひさ)

《生年月日》
1960年10月13日

《出身》
兵庫県西宮市

《血液型》
O型

《職業》
俳優

《身長》
178 cm

《所属事務所》
リコモーション

1986年に大学を卒業後、企業から内定を得ていたにもかかわらず、それを蹴って演劇界に進んだ生瀬さん。

1988年には「そとばこまち」の4代目座長に就任し、劇作家、演出家も務めました。

1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家のひさうちみちおらとともにレギュラー出演、当時からコメディアンとしての才能をいかんなく発揮して人気を呼び、『探偵!ナイトスクープ』では槍魔栗 三助として探偵の初期メンバーの1人となりました。

以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太や羽野晶紀、「売名行為」の立原啓裕、升毅、牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映されました。

1990年代半ばより全国区のテレビドラマに本格的に進出し、役者としての活動の場を関西から全国に広げるため2001年に劇団「そとばこまち」を退団。

シリアスからコミカルまで様々な役柄を変幻自在に演じて主役を引き立て、時にクセのあるキャラクターを演じて作品のアクセントとなるなど、名脇役の一人としてテレビドラマ、映画、舞台など多くの作品で引っ張りだことなりました。一方で、『トリック』(テレビ朝日)のスピンオフ作品となる2010年4月期の連続ドラマ『警部補 矢部謙三』で連続ドラマ初主演、2012年公開の『スープ〜生まれ変わりの物語〜』で映画単独初主演も果たしています。

ドラマ「サバイバルウェディング」スタッフ一覧

2018年7月公開のドラマ「サバイバルウェディング」のスタッフはこちらです。

ドラマ「サバイバルウェディング」スタッフ一覧
脚 本:衛藤凛
音 楽:木村秀彬
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:鈴間広枝、大倉寛子
演 出:佐藤東弥、小室直子、水野格
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ

ドラマ「サバイバル・ウェディング」のあらすじ

黒木さやか29歳。出版社勤務。

30歳の誕生日に大好きな彼と結婚式を挙げる。

3ヶ月後に挙式を控え、す合わせいっぱいで寿退社をした夜にフィアンセの浮気が発覚。

しかも逆ギレされてまさかの結婚破棄。

結婚もなくなり、仕事もやめてしまった。。。

一夜にしてただのプータローになってしまった彼女を拾ってくれたのは人気雑誌のカリスマ編集長。

しかし、この編集長は毒舌ナルシストの超変人だった。。。

「なぜ、お前が男に捨てれれたか教えてやろうか?それはな、お前の市場価値が相対的に低いからだ」

くせ者編集長がつきつけた前代未聞の再就職の条件は「半年以内に結婚しないとクビ」

さらに、「編集長の言うとおりにして婚活して半年以内に結婚すること」、「結婚に至るまでの婚活記録を雑誌で連載すること」という条件も。

断れば無職、拒否権なしのスパルタ婚活がスタートした。

「女としての価値なんて売り方次第でいくらでも上がる。お前がハイブランドくらい価値を高めれば、男なんて余裕ってことだ」という編集長の言葉の通り、海外有名ブランドのマーケティング戦略を恋愛に応用するしていく。

型破りな変人編集長直伝のとんでもない恋愛テクニックでさやかは自分の価値を高め、見事結婚することができるのか?

半年後に結婚するのは、

元彼と復縁?新しい男?それとも・・・?

ドラマ「サバイバルウェディング」の最終回の結末ネタバレ

それでは早速、ドラマ「サバイバルウェディング」の最終回の結末のネタバレ(主に主人公・さやかの恋愛について)をしていきたいと思います。

結論としては、「主人公のさやかが誰と結婚するのか」がこのドラマ「サバイバルウェディング」の結末になりますね。

この点について、原作小説をもとにネタバレを書いていきます。

まず、この物語の主な登場人物をご紹介します。(ドラマではこの他にも登場人物はいますが、さやかの恋愛にはそれほど関わってこないので省略)

  • ・黒木さやか(波瑠)・・・主人公
  • ・宇佐美博人(伊勢谷友介)・・・さやかの上司
  • ・石橋和也(風間俊介)・・・さやかの元彼
  • ・柏木祐一(吉沢亮)・・・宇佐美のもとで働くイケメン社員
  • ・藤井カオリ(石田ニコル)・・・和也の浮気相手

主人公の黒木さやか(波瑠)が自分のではない女性モノの下着を自宅で見つけ、婚約相手である石橋和也(風間俊介)の浮気が発覚します。

言い逃れしようとする和也(風間俊介)でしたが、「結婚なんて重い、さやか(波瑠)といるとつらくなる」と逆ギレし、結局結婚破棄に。

結婚するので仕事も辞めてしまったさやか(波瑠)は絶望してしまいます。

退職した会社へ電話をかけ、再び雇ってほしいとお願いするものの同じ部署には新人が入っていたため、断られてしまいます。

しかし、上司が他の編集部に話をつないでくれ、宇佐美(伊勢谷友介)が編集長を務める「riz」という雑誌の編集部への入社のチャンスを掴みます。

ですが、宇佐美(伊勢谷友介)からは「半年以内に結婚できたら再就職をさせてやる」と条件が。

もう行くところがないさやか(波瑠)は宇佐美(伊勢谷友介)のもとでスパルタ婚活を始めることになるのでした。

そんな中元彼の和也(風間俊介)は別れた後もさやか(波瑠)に連絡をしてきたり、さやか(波瑠)も和也(風間俊介)を忘れられない気持ちがあったりして都合のいい女になってしまいます。

しかし、和也(風間俊介)は浮気相手だった藤井カオリ(石田ニコル)との関係も続いていることに気づき、さやか(波瑠)は元彼に頼ってしまった自分に対して、悔しさと怒りの気持ちがこみ上げます。

そこに祐一(吉沢亮)からメールが届き、励まされます。

そして、仕事に打ち込む日々がしばらく続き、徐々に祐一(吉沢亮)のことが好きになっていき、デートをするような関係に。

そのように次のステップに進んでいくさやか(波瑠)ですが、そこにまた元彼の和也(風間俊介)が表れたりします。

そこで、和也(風間俊介)なりに悩んでいたことをシリますが、さやか(波瑠)は和也(風間俊介)に「和也ならなんとかなる、大丈夫」と声をかけ、2人の関係は本当に終わりを迎えます。

徐々に祐一(吉沢亮)との距離が近づき、ついに祐一(吉沢亮)からプロポーズされますが、祐一(吉沢亮)は仕事でインドに行くことが決まっていて、一緒についてきてほしいと伝えられます。

結婚はしたいけど、インドに行くのはちょっと・・・と気持ちが揺れるさやか(波瑠)。

悩んだ末にさやか(波瑠)はインドについていくことを決断します。

そして、結婚式当日を迎えるさやかと祐一(吉沢亮)。

父親がいないさやかはバージンロードを宇佐美(伊勢谷友介)に歩いてもらうことに。

宇佐美(伊勢谷友介)からキツイことも言われたけど、自分が成長できたし、今となってみればいい思い出。

バージンロードを歩き始めた宇佐美(伊勢谷友介)が「お前、また太ったんじゃない?」とつぶやき、物語は終わります。

このように原作では、さやかは祐一(吉沢亮)と結婚することになります。

おそらく今回のドラマ「サバイバルウェディング」も同じ結末になると思われますが、もしかしたら、オリジナルストーリーとして、宇佐美(伊勢谷友介)と結婚する可能性もあるのかと思いますね。

予告動画でも完全にさやかが祐一(吉沢亮)を狙っていると言っちゃってるだけに、あえて原作とは違う結末になることもあるかな?

ドラマ「サバイバルウェディング」の前評判は?

2018年7月スタートのドラマ「サバイバルウェディング」の前評判について調べてみました。

みなさんのツイートがこちら!

Twitterを見る限り、世間の皆さんはドラマ「サバイバルウェディング」を楽しみにしてる!!

もちろんストーリー自体が面白いので、注目されているのですが、キャストが豪華です!

男性は女優の波留さんが、女性は俳優の吉沢亮さんが目当てのようですね。

私も楽しみです!!!

ドラマ「サバイバルウェディング」の視聴率はどうなる?

原作小説が大人気だけに、ドラマ「サバイバルウェディング」の視聴率も期待されていますが、実際のところどうなるのでしょうか。

これまで波瑠さんが主演を努めたドラマの平均視聴率から予想してみました。

「波留」主演ドラマ視聴率ランキング
1位:未解決の女 警視庁文書捜査官(2018年)12.9 %
2位:あなたのことはそれほど(2017年)11.2 %
3位:ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(2016年)8.0 %

これをみると一番最近の「未解決の女 警視庁文書捜査官」での活躍がすごいですよね。

過去にNHKの朝ドラ「あさがきた」で主演を努めていたこともある波瑠さんですから、幅広い層から人気があると思われます。

きっと今回のドラマ「サバイバルウェディング」も10%以上は行ってくれるのではないでしょうか。

「サバイバルウェディング」の主題歌は?

ドラマ「サバイバルウェディング」の主題歌は現在まだ発表になっていないので、情報が入り次第更新させていただきます。

ドラマ「サバイバルウェディング」のロケ地はどこ?

ロケ地についても今の所、わかっていないので、目撃情報などがありましたら追記させていただきます。

まとめ

今回は、2018年7月スタートのドラマ「サバイバルウェディング」のあらすじ、キャスト、最終回の結末ネタバレ、ロケ地、主題歌などについてご紹介しました。

まだ、明らかになっていない情報もありますので、そちらは随時更新させていただきますね。

この記事をドラマ「サバイバルウェディング」を楽しむための参考にしていただけたら嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

文化
スポンサーリンク
リバティ