サカイ引越センターがひどい!営業が強引で口コミ評価も悪い?【エアコン横流し事件】

サカイ引越センター 生活
スポンサーリンク

パンダのマークで知られている、業界最大手のサカイ引越センターが顧客から引き取った使用済みのエアコン957台をリサイクルせずに横流していたということが6月12日明らかになりました。

今回はこの事件の詳細についてまとめました。

また、いろいろと調べてみると、「サカイ引越センターがひどい」などの悪い口コミ評価が多く見つかったのであわせてご紹介します。

スポンサードリンク


サカイ引越センターがひどい!リサイクルせずエアコン横流ししていた

大阪の堺市に本社を置く、引越し業者の最大手、サカイ引越センターが、顧客から引き取った使用済みのエアコン957台をリサイクルせずに横流していました。

6月12日、環境省と経済産業省は、サカイ引越センターに対し、家電リサイクル法に基づき適正処理を勧告。

環境省によると、奈良県内にある二つの支社で2013年4月から今年4月にかけて、家電リサイクル法に違反し、リサイクルが義務付けられているエアコンを顧客から引き取る際、リサイクル料金を徴収せず、金属スクラップ工場に1台当たり3000~5000円で売り渡したとのこと。

サカイ引越センターの内部調査の結果、従業員37人が横流しに関与したのだそうです。

経済産業省の公式サイトでは、詳しい経緯が書かれていました。

 特定家庭用機器再商品化法(以下「家電リサイクル法」という。)上の小売業者に該当する株式会社サカイ引越センターの奈良支社及び奈良南支社(いずれも奈良県大和郡山市)に対して、経済産業省本省及び環境省本省並びに近畿経済産業局及び近畿地方環境事務所が家電リサイクル法第53条第1項に基づく立入検査を実施したところ、排出者から引き取った特定家庭用機器廃棄物(以下「廃家電」という。)である廃エアコンの一部が、製造業者等以外の者(いわゆるスクラップヤード業者)に有償で引き渡されていた事実が確認されました。
これを受け、平成30年5月16日、経済産業省及び環境省において、株式会社サカイ引越センターに対し、家電リサイクル法第52条に基づき報告を求めたところ、同月31日、以下のとおり、奈良支社及び奈良南支社で、複数の従業員の関与により、製造業者等以外の者への引渡しが行われたとの報告を受けました。

サカイ引越センター
出典:経済産業省

全部で900台ほどを違法に売りさばいて、横流ししていたということですな。

1台あたり5000円だとしたら、5000円×900台=450万円ですね。

それを37人で割ると、平均して約12万円ほどになります。

こう考えると、サラリーマンにとっては良いおこづかいになりそうです。

ですが、個人的にはたかだか12万円程度をポケットに入れるために違法に横流しする社員て。。。

切ない!!!

経済産業省からの注意喚起内容

サカイ引越センターが違法にエアコンを横流ししていた今回の事件を受けて、経済産業省は以下のような注意喚起を行いました。

経済産業省からの注意喚起内容
・株式会社サカイ引越センターは引越業者であるところ、他の引越業者についても、家電リサイクル法上の小売業者に該当して廃家電の引取り及び引渡しを行っている場合があることから、本件のような不適正な引渡しを防止し、家電リサイクル法の遵守を図るため、引越業者の団体を通じ、引越業者向けリーフレット(平成30年2月作成)等も活用しつつ、適正な引渡しについての周知徹底を行う。
・また、他の小売業者についても、小売業者の団体を通じ、適正な引渡しについての周知を行います。

改善されることを願っています。

スポンサードリンク


エアコン横流しだけじゃない?サカイ引越センターは口コミ評価も悪いw

今回の事件を聞いて、サカイ引越センターについて調べてみたら、実はかなり悪い評判がでてきたのでご紹介しますね。

営業が強引すぎる

まず、かなりお客さんから評判が悪い点が「営業が強引」だということ。

実際に口コミサイトを見ると、

  • 「自宅まで見積を持ってきて、結構粘られて、強引に営業してきたので、仕方なく決めた」
  • 「見積を取って、他社と比べて決めようとしたが、『今日すぐに決めてほしい、なぜ今日決められないのか』と詰め寄られた」
  • 「契約を取りたいという気持ちが全面に出ていて、強引でキツイ営業だと感じた」

以上のような口コミがありました。

もちろん、営業という仕事は「契約を取ってナンボ」の世界だと思いますが、あくまでお客さんを満足させる提案が必要ですよね。

実際に積極的に営業することが会社としての良さでもありますが、行き過ぎるとちょっと嫌ですよね。

作業が雑で対応も悪い

サカイ引越センターの引越し業務に関してもちょっとひどい口コミがありましたので取り上げてみました。

  • 「家具を破損させられた上に、その後の対応がひどすぎた。『修理します。何日かかるかは修理業者でないとわかりません。これ以上どうしろって言うんですか?』と逆ギレされた。」
  • 「問い合わせの電話をしたら、『担当者が不在なので、折返しお電話します』と言われたがいっこうに電話が来ない。」
  • 「事前に荷物の量を伝えておいたのに、引越し当日トラックに乗り切らずに置いていかれ、自分で運んだ。」

こちらもなかなかひどいですね。

大事な荷物を傷つけられら最悪ですし、対応も悪いと、もう絶対頼みませんよね。

おそらく引越しのタイミングって3月とかのシーズンに偏りますから、忙しくてイライラしてしまいがちですが、対応も含めてサービスだと思うので、しっかりと台頭としてほしいですね。

とはいえ、優秀な社員も多い

これまでいろいろと、サカイ引越センターへの悪い評判をまとめてきましたが、もちろんこれがすべての意見ではありません。

もちろん、「サカイ引越センターに頼んで良かった」というようなプラスの口コミもありましたので、担当する社員によって代わるのでしょうね。

誰でも経験する可能性がある引っ越しですから、価格だけでなくサービスも魅力的なものにしてほしいものです。

まとめ

今回は6月12日に明らかになった、サカイ引越センターのエアコン横流し事件の詳細や、サカイ引越センターのひどい口コミの評判などをまとめました。

業界最大手のサカイ引越センターが起こしてしまったこの事件を受けて世間では、「せこい!」「こんなの氷山の一角」などという意見もあります。

この事件をきっかけに新しい事実が明るみに出たらまた更新させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。