ドラマ・健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)第3話のネタバレと感想まとめ

健康で文化的な最低限度の生活文化
スポンサーリンク

原作マンガが大人気でドラマ化になった「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」がいよいよ放送開始です。

「生活保護」をテーマにしたドラマということで非常に注目されているようですね。

そして、「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」の見逃し動画を探している人が多いようです。

もしかしたらあなたもそのうちの一人かもしれませんね。

そこで今回はドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」の第3話のネタバレと感想をご紹介します。

《ドラマ第1話のネタバレはこちら》
《ドラマ第2話のネタバレはこちら》

2018年7月スタートの新ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」

不正受給者のニュースがテレビで取り上げられるなど、社会問題にもなっている「生活保護」。

2018年7月から始まるフジテレビスタートする新ドラマはこの生活保護受給者と向き合うケースワーカーが主人公です。

ちょっと暗そうなテーマですが、この「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」では、人生のどん底に立たされた人達が、真剣に向き合ったケースワーカーに救われ、絶望から再生していく姿を描いています。

プロデューサー・米田孝さんのコメント

目の前にいる人が、人生に行き詰まり、困っていたとしたら、手を差し伸べてあげられるでしょうか?

自分が生きることに精一杯で、他人の「人生」に深く関わっていくなんて、何だか怖いし面倒くさい。それが当たり前の感覚なのかもしれません。

でも、人が人と関わることで、誰かの人生に、明日を生きる希望の光が差すとしたら…。

生活保護の現場を舞台にした、この新人ケースワーカーの奮闘記を通じて、そんな“人と人との関わりの難しさと尊さ”を、お届けできたらと思っています。

僕も、吉岡里帆さん、そしてキャスト・スタッフとともに“誰かのために汗をかく夏”にしたいと思います!

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」出演キャスト一覧

現状で発表されている出演キャストは以下の通りです。

出演者(キャスト)一覧
  • 義経えみる(吉岡里帆)
  • 半田明伸(井浦新)
  • 京極大輝(田中圭)
  • 阿久沢正男(遠藤憲一)
  • 栗橋千奈(川栄李奈)
  • 七條竜一(山田裕貴)
  • 桃浜都(水上京香)
  • 後藤大門(小園凌央)
  • 石橋五郎(内場勝則)
  • 青柳円(徳永えり)

義経えみる役:吉岡里帆

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)

吉岡里帆さんが演じるのは主人公の義経えみる。

新社会人となった義経えみるは、不器用ながらも真っ直ぐな性格。

高校教師の父と専業主婦の母の下で育った。

小さい頃から映画が好きで、映画監督を夢見たことも。

そんな義経えみるが生活保護受給者を支援する新人ケアワーカーとして奮闘します。

吉岡里帆コメント

夏にお届けするドラマなので、暑さに負けないようにパワフルな主人公を作っていけたらなと思います。

えみるは、いい意味で普通の子ですが、その普通さが魅力的だなと思っています。

普通に育って、普通に就職した女の子がケースワーカーの仕事を通して、人と真剣に向き合うこと、己のやるべきことに気がついて、少しずつ心をたぐり寄せながら成長していきます。

優しさや人を思いやる気持ちというのは絶対誰しも持っている感情だと思うので、その気持ちを呼び起こされ、成長していくえみるの姿は、きっと見ている方にも伝わってくれるのではないかと思っています。

今まで気づけていなかった事に気づいていく、そういう普遍的な主人公になったらいいなと思います。

また、人のために一生懸命になる、ということは私自身の人生においても、テーマとしていることなので、素敵な役を頂けて感謝しています。

スポンサードリンク


半田明伸役:井浦新

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)

井浦新さんはえみるを支える指導係の半田明伸を演じます。

心優しいけれど信念は強い先輩ケースワーカーです。

京極大輝係長役:田中圭

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)

田中圭さんが演じるのは、「金を出せるか、出せないか」を、常に冷静に厳しく判断するえみるの上司・京極大輝係長。

「相談者を最初から信用しないように」とえみるたちを指導します。

阿久沢正男役:遠藤憲一

健康で文化的な最低限度の生活

強面俳優の遠藤憲一が演じるのは、第1話でえみるがケースワーカーとして初めて深く関わることになる生活保護受給者・阿久沢正男。

求職中で、面接を受けるも53歳という年齢がネックとなり、なかなか採用されない。

体調不良だけ、病院の検査では異常なし。

栗橋千奈役:川栄李奈

健康で文化的な最低限度の生活

元AKBメンバーの川栄李奈さんが演じるのは頭脳明晰で優等生タイプのケースワーカー・栗橋千奈。

知識だけを詰め込んで発言するタイプで、主人公のえみる(吉岡里帆)みたいな純粋で素直に物事に向き合えるタイプが羨ましいなって、実は思っている。

川栄李奈コメント

最初、マネージャーさんから「面白いドラマなんだけど…川栄、まじめな役なんだよ…」って、なんかバカにされた感じで言われたんで(笑)。

逆に「よし!まじめな役やってやろう!」って思いました。

このドラマを通して、自分自身も成長出来たらなと思います。

悩んでいる方や、まだ仕事に就いていない方でも、人とのつながりとか、温かさとか、えみるの素直さとかにすごく共感できると思うので、色んな方に見て頂きたいですね。

七條竜一役:山田裕貴

健康で文化的な最低限度の生活

山田裕貴さんが演じるのはマザコンで熱血漢な七条竜一。

母子家庭で育ったことが影響し、最初は生活保護受給者に対して厳しく向き合う部分もあるんですけど、最終的には、生活保護を受けられている方の身になって、気持ちを考えられるケースワーカーへと成長していく。

山田裕貴コメント

普段見られない、あまり知られていない部分に焦点をあてていく作品だと思うので、こういうドラマに参加できてうれしく思います。

ケースワーカーとして働いている方は、『本当に大変だよ…』って思っていると思いますし、僕らが簡単に表現するとは言えないですけど、大変さとか、喜びを描くことによって、少しでもケースワーカーという仕事の良い面が伝わればいいなと素直に思いますね。

このドラマは、お金、命、親子関係、色んな悩みを抱える人が出てきます。

それを支えるこの職業の方だけじゃなくて、誰しも皆がもっと周りの人のことを考えられて、もっと人に興味を持つことができれば、変わることってたくさんあると思います。

今の時代、人とのつながりが希薄になってきてしまっている気がします。

だからこそ、大事なことだと伝わればいいなと。

またドラマを見た方が、もっと人に踏み込んでみようと、そういうきっかけや原動力になればいいなと思います。

スポンサードリンク


桃浜都(水上京香)

健康で文化的な最低限度の生活

えみると同じ一般職の新人ケースワーカー。

えみると同じように特別な意識なく公務員になったため、生活課の仕事に戸惑いや不安でいっぱい。優しい性格で、同期の中で最も”女子力”高め。同じ悩みを共有できる仲間として、えみると仲良くなっていく。

後藤大門(小園凌央)

健康で文化的な最低限度の生活

えみると同じ一般職の新人ケースワーカー。

メガネがトレードマークのマジメ系男子。

人と話すのは好きで、訪問などはあまり苦にならない。

が、人をよく観察していて、メガネの奥で何を考えているのかは分からない。

石橋五郎(内場勝則)

健康で文化的な最低限度の生活

先輩ケースワーカー。

無理はしない主義のベテランで、一人一人の受給者にいちいち感情移入して全力投球していたら身がもたないという考えの持ち主。

関西弁の“一言多い”おじさんで、同僚たちの会話にいちいち茶々を入れる。

青柳円(徳永えり)

健康で文化的な最低限度の生活
えみる達の通う定食屋の女店主。

体調を崩している父から受け継いだ店を一人で切り盛りする。

口が悪く、思ったことをズケズケ言うが、下町育ちの人情深さが裏にあるので憎めない。

思わぬ縁で、えみる達とより親しくなっていく。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」の人物相関図

発表になっている相関図がこちら!

健康で文化的な最低限度の生活

実力派俳優が揃う中、主人公のえみるの同期で、優等生キャラの栗橋千奈を元AKBのメンバー川栄李奈さんがどのように演じるのかが楽しみですね!

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」は原作漫画のストーリーとは?

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」はもともと漫画が原作です。

原作漫画のは「生活保護」の実態に切り込み、高い評価を受ける柏木ハルコ原作のコミック既刊6巻ですでに累計50万部を超えるヒットを記録するほどの人気ぶりです(電子版を含む)。

徹底した取材とリアリティを追求した描写で、「生活保護」というテーマに潜む奥深い問題点を様々な角度から描き出す。

また、著者自らが「問いかけを投げるような作品にしたい」と語る通り、生活保護受給者側も、彼らを支えるケースワーカー側も価値観が多様であり、それゆえに非常にキャラクター性に富み、群像劇としても楽しめる秀作なストーリとなっています。

実際に原作漫画を読んだ方は「ストーリーが面白かった」という割合が多そうです!

ちなみに、フジテレビのサービス「FODプレミアム」で原作漫画を無料読むことができます。

すぐに原作漫画を読む場合はこちら↓↓

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第3話のあらすじ

えみる(吉岡里帆)が担当する日下部家で、生活保護費の不正受給が発覚。

高校生の欣也(吉村界人)が、母・聡美(江口のりこ)に何も言わずにアルバイトをしていたのだ。

生活保護受給世帯では、役所に申告せずに稼いだバイト代は不正受給となり、全額返還が鉄則。

何とかしたいと思ったえみるは、生活保護法第63条を適用すれば、返還額の一部が免除されるかもしれないと口にする。

しかし結局、その考えはえみるの早とちりで、ぬか喜びさせられた聡美は再び失意の底へ。

さらに、欣也が今もアルバイトを続けていることが分かり、返還額は60万円にも膨れ上がってしまっていた。

聡美は、欣也がギターやCDに大金をつぎこんだことに怒り心頭。

純粋に音楽の夢を持ち、母を気遣ってバイトしていた欣也も返還に納得がいかないと激しく怒り、ギターをたたき壊す。

日下部家は崩壊の危機を迎えてしまう。

数日後、話を聞いた京極(田中圭)が、欣也のために使わなくなった古いギターを持ってくる。

えみるはいつも厳しい上司の思わぬ優しさに感激。

京極からは、それとこれとは話が別だと、改めて全額返還を命じられるが、えみるはこのギターが日下部家の問題に向き合う突破口にならないかと考える。

欣也は、ギターをたたき壊した日以来、家に帰っていなかった。

半田(井浦新)から、まずは欣也との信頼関係を築くことが先決だと言われたえみるは、早速、ギター片手に日下部家を訪ねるが、聡美は「音楽とかやってる場合じゃない」と厳しい口調になり、話し合いは険悪なムードに。

その晩、落ち込む同期を励まそうとした七条(山田裕貴)に誘われ、栗橋(川栄李奈)らと食事をしたえみるは、帰り道、欣也が路上ライブをしていたことを思い出して駅へと向かうが、欣也の姿は見当たらない。

そのころ、欣也の妹のリナ(瑞城さくら)は、聡美と再び言い争いになり、家を飛び出した兄を探していた。そして、欣也がかつての不良仲間のバイクに乗っているところを目撃してしまう。

不正受給発覚をきっかけに複雑化した日下部家の問題に、どう対応したらいいのか…。

思い悩むえみるのもとに、リナが訪ねてくる。リナは「ごめんなさい…」とお金を差し出し、これまで隠していた苦しい胸の内を打ち明けて……。

スポンサードリンク


ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第3話ネタバレと感想(7月31日放送分)

えみる(吉岡里帆)が担当する日下部家で、生活保護費の不正受給が発覚。

高校生の欣也(吉村界人)が、母・聡美(江口のりこ)に何も言わずにアルバイトをしていたのだ。

生活保護受給世帯では、役所に申告せずに稼いだバイト代は不正受給となり、全額返還が鉄則。

何とかしたいと思ったえみるは、生活保護法第63条を適用すれば、返還額の一部が免除されるかもしれないと口にする。

しかし結局、その考えはえみるの早とちりで、ぬか喜びさせられた聡美は再び失意の底へ。

さらに、欣也が今もアルバイトを続けていることが分かり、返還額は60万円にも膨れ上がってしまっていた。

聡美は、欣也がギターやCDに大金をつぎこんだことに怒り心頭。

純粋に音楽の夢を持ち、母を気遣ってバイトしていた欣也も返還に納得がいかないと激しく怒り、ギターをたたき壊す。

そのことを京極大輝(田中圭)に相談する義経えみる(吉岡里帆)。

バイト代を全額変換しなくてもいいのではないかと再度主張するも、京極大輝(田中圭)に断られる。

かつて非行に走っていた日下部欣也(吉村界人)は、夜中にコンビニに寄る。

そこでおにぎりを買おうとすると生活保護を受けていた阿久沢正男(遠藤憲一)に出会う。

一緒におにぎりを食べながら話をすることに。

有名なミュージシャンの話をすると、そのことに少し嬉しそうに返答して立ち去る日下部欣也(吉村界人)。

次の日市役所に行くと、京極大輝(田中圭)が古いギターを義経えみる(吉岡里帆)に手渡す。

徴収することは前提だが、日下部欣也(吉村界人)に渡しても良いと言ってくれた。

さっそく日下部家に行こうと電話でアポをとる義経えみる(吉岡里帆)。

そこで、日下部欣也(吉村界人)が家に帰ってないことを知る。

日下部欣也(吉村界人)を探しに行こうとする義経えみる(吉岡里帆)に対して、しっかりと話しをできるように関係を築くことが大切だと伝える半田明伸(井浦新)。

さっそく日下部家を訪れ日下部聡美(江口のりこ)にギターを渡すが、音楽どころではないと喜んでもらえない。

後日に親子で一緒に市役所に来て欲しいと伝える。

日下部聡美(江口のりこ)は60万円の支払いをどうするかで頭がいっぱい。

関係を作ることは難しそうだ。

市役所の同期に相談し、一緒に御飯を食べに行くことになった。

義経えみる(吉岡里帆)が同期を連れてきたのは阿久沢正男(遠藤憲一)が働く、行きつけの定食屋。

生活保護を利用していた阿久沢正男(遠藤憲一)が努めている店はどうなのかと口を出す同期たち。

しかし、「利用者が自立して働いている姿を見れていい」という義経えみる(吉岡里帆)に賛同する栗橋千奈(川栄李奈)。

初めて栗橋千奈(川栄李奈)に認めてもらえた。

空腹で日下部家に帰ってくる日下部欣也(吉村界人)

つまらないものにお金を使うなと言ってしまう日下部聡美(江口のりこ)。

また出ていく日下部欣也(吉村界人)。

妹の日下部リナ(瑞城さくら)に対しても、「無駄遣いをやめなさい、立場をわきまえなさいと」と伝え出てってしまう。

毎週やっていた路上ライブの場所に現れ、バンドメンバーに「もう辞める」と言って立ち去る日下部欣也(吉村界人)

義経えみる(吉岡里帆)もその場所を訪れるもすれ違いで会えなかった。

日下部欣也(吉村界人)は以前一緒だった不良グループと合流し、バイクで走り出す。

義経えみる(吉岡里帆)は日下部欣也(吉村界人)に会えないまま時間だけが経っていく。

そんなときに日下部リナ(瑞城さくら)が市役所を訪ねてきた。

5000円を差し出す日下部リナ(瑞城さくら)。

日下部欣也(吉村界人)がお小遣いを来れていたことで友達とお店に行っていたこと正直に話す。

自分のせいで家族がバラバラになってしまうと落ち込む日下部リナ(瑞城さくら)を励ます義経えみる(吉岡里帆)。

日下部欣也(吉村界人)に会うために、ギターを担いで自転車を漕ぎ出す義経えみる(吉岡里帆)。

日下部欣也(吉村界人)がいそうな場所を手当たり次第に探すも見つからない。

日下部欣也(吉村界人)は不良グループと一緒にバイクに乗ろうとしていることを発見する。

しかし、自転車では追いつけない。

必死に追いかけてくる義経えみる(吉岡里帆)の姿を見て、止まる日下部欣也(吉村界人)。

ギターを手渡すも「もう音楽はやめた、今回のことで夢見ることは意味がない」という日下部欣也(吉村界人)。

なんとか話を聞いて欲しいと頭を下げる義経えみる(吉岡里帆)。

市役所に来ほしいと日時を書いたメモを渡して分かれる。

しかし、あっさりとそのメモをすててしまう日下部欣也(吉村界人)。

約束の日になって、日下部家が来るのを待つ義経えみる(吉岡里帆)。

時間どおり姿を見せる日下部聡美(江口のりこ)。

そして日下部欣也(吉村界人)の姿も。

義経えみる(吉岡里帆)、半田明伸(井浦新)、日下部聡美(江口のりこ)、日下部欣也(吉村界人)の4人の面談が始まる。

冒頭で二人に謝罪し、来てくれたことに感謝する義経えみる(吉岡里帆)。

日下部欣也(吉村界人)の路上ライブを内緒で見に行っていたこと、そして音楽を続けたほうが良いと思っていることを伝える。

そのことで日下部欣也(吉村界人)との距離が少し縮まる。

改めて半田明伸(井浦新)から生活保護について丁寧に説明する。

また、高校生の日下部欣也(吉村界人)を支援する制度は他にもあることを伝える。

そして、夢を諦めずに生活をしていくことが可能なことが日下部欣也(吉村界人)に伝わり、面談は一応成功。

最後に改めてギターを渡す義経えみる(吉岡里帆)。

音楽をやることに反対していた日下部聡美(江口のりこ)の許可がおりて、新たに一歩を踏み出した日下部家。

今後はちゃんと申告してバイトを続けることに。

定食屋を1日休みにすることにした青柳円(徳永えり)。

体調がわるくなった父親の面倒をみるために1日休みするのだ。

市役所の職員で居酒屋に飲みに行く義経えみる(吉岡里帆)たち。

義経えみる(吉岡里帆)の今回の件での頑張りを認める桃浜都(水上京香)。

路上ライブを再開した日下部欣也(吉村界人)。

その姿を偶然見て感動する阿久沢正男(遠藤憲一)。

日下部リナ(瑞城さくら)は無理をして友達に併せて遊ぶのをやめた。

日下部聡美(江口のりこ)も地道に生活をスタートさせた。

市役所の義経えみる(吉岡里帆)宛に「またラビを見に来て欲しい」との手紙が日下部欣也(吉村界人)から届いた。

阿久沢正男(遠藤憲一)は離れ離れの娘に手紙を書こうとすると、ちょうど郵便が届く。

それはその娘からの手紙だった。

内容は、妻が病気の末に亡くなったというものだった。

次回に続く!

以下感想です。

いやーきっとうまくいくとはわかっていながらも、義経えみる(吉岡里帆)の熱心な姿に感動しました!

そして吉岡里帆さんが可愛すぎ!

半田明伸(井浦新)も落ち着いた良い上司だし、同期との絆も深まってきていい感じですね!

第1話で生活保護から抜け出した阿久沢正男(遠藤憲一)もちょいちょいストーリーに絡んできて面白いですし、これからも楽しみです。

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」次回第3話のあらすじ

健康で文化的な最低限度の生活

一年前に夫のDVが原因で離婚し、以来、生活保護を受けている岩佐朋美(安達祐実)が、七条(山田裕貴)を訪ねて窓口へやって来る。

朋美は6歳になる娘の育児をしながら求職活動にも積極的で、七条は朋美に、同じく女手一つで自分を育ててくれた母の姿を重ね、熱心に求職活動を勧める。

一方、朋美の面談中に娘の咲(吉澤梨里花)と遊んでいたえみる(吉岡里帆)は、咲の異変に気付き、朋美が咲をストレスのはけ口にしているのではないかと疑う。

すぐに七条に相談するが、朋美びいきの七条は、「あの人なら大丈夫」とまともに取り合おうとしない。

健康で文化的な最低限度の生活

しばらくして、求職活動の状況を確認しようと七条が連絡すると、朋美から「面接を受けた会社に採用された」とうれしい報告が。

まるで自分のことのように大喜びする七条だったが、なぜかその日を境に、朋美と連絡がつかなくなってしまう。

さらに、街中で七条が声をかけると朋美は慌てて逃げ出し、その真意が分からない七条は頭を抱える。

健康で文化的な最低限度の生活

七条の上司・京極(田中圭)は、これ以上連絡が取れないなら、朋美の生活保護打ち切りを検討するよう指示する。

するとそこへ朋美の妹がやってきて、就労が決まったという朋美の話がうそだったことが判明。

仕事でのつまずき、夫のDV、生活保護を受けている負い目…同年代の生き生きした女性たちと自分の人生を比べ、追い詰められていた朋美は、とっさにうそをついてしまったのだ。

七条は、そんな朋美の精神状態を心配しつつも、今まで通り「負けないでほしい」「頑張ってほしい」と励ましの言葉をかける。

朋美もやる気を見せるが、その表情から、えみるは、このままでは朋美が壊れてしまうのではと心配する。

そして、就労に向けて再び話を進めようとする七条と言い争いになり……。

一方、娘からの手紙で、別れた妻が亡くなったことを知った阿久沢(遠藤憲一)は仕事に身が入らない。

ようやく借金を返し終わり、人生を再スタートさせた矢先の悲しい知らせ……、阿久沢にさらなる人生の転機が訪れようとしていた。

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか。

原作マンガが大人気でドラマ化となった「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第3話のあらすじやネタバレをまとめました。

「生活保護」という普段馴染みのない題材をテーマにしたドラマですので、注目度も高いようです。

ドラマの放送を見逃してしまった方はぜひ、FODプレミアムでフル動画もご覧になってみたくださいね。

今なら1ヶ月無料のキャンペーンもやっていてかなりお得ですから、お見逃し無いように!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

文化
スポンサーリンク
リバティ