SAOオルタナティブのアニメはつまらない?キリトが出ない理由は?序盤の感想まとめ

SAOオルタナティブ文化
スポンサーリンク

2018年春アニメの中で最も期待されている作品の一つ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』(略称:SAOAGGO)の実際に放送が始まりました。

SAOファンの私としては、面白いと思うのですが(キリトが出ないのは寂しいですけど…)、ネット上ではSAOオルタナティブをつまらない、面白くないと言っている人がいるようなので、なぜそういった声が多いのか、その理由を調べてみました。

また、併せてSAOシリーズの人気キャラクターキリトが何故出ないのか、その理由についても調べてみました。

スポンサードリンク


そもそもソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)とは?

予備知識!ソードアート・オンライン(SAO)とは?

まず初めに、ソードアート・オンライン(SAO)とはどんなアニメなのかご説明させていただきますね。

『ソードアート・オンライン』は、川原礫(かわはられき)による2009年の発売から、全世界で2000万部読まれた大人気ライトノベル作品。

SAOオルタナティブ

2022年、主人公キリトは発売されたばかりのVRMMORPG「ソードアート・オンライン(通称SAO)」というゲームにログインします。

しかしその世界は、開発者である茅場晶彦(かやばあきひこ)により「ゲームオーバー=現実の死」という、過酷なデスゲームへと変貌します。

脱出する為には、1層~100層までの全てのエリアを攻略する事…

果たしてキリトは、この過酷なデスゲームをクリアする事は出来るのか!?というお話で今回は、そんなSAOシリーズの中から「ファントム・バレット編」に登場する「ガンゲイル・オンライン(通称GGO)」を舞台にした派生作品のお話です。

作者は【キノの旅】を書かれた時雨沢恵一(しぐさわけいいち)。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のストーリー

身長183cm、長身コンプレックスを抱えてきた女子大生・小比類巻香蓮(こひるいまきれん)は、友人の薦めでVRゲームを始めました。

ゲーム内で使用する自分の分身(アバター)を作る際、長身のアバターを嫌う香蓮が、念願の低身長アバターに行き着いた先が「ガンゲイル・オンライン(GGO)」でした。

香蓮はプレーヤー・レンとして、今まで縁のなかった銃器の世界へと足を踏み入れ、根が真面目な香蓮は元々人付き合いが苦手なこともあり独りで淡々とゲームを進めていくうちに、正体不明の凄腕プレーヤーとなっていきました。

SAOオルタナティブ

趣味で銃や迷彩服を全身ピンク色に染めていて現実の彼女とは正反対で、身長145cmと小柄でとても可愛らしい女の子なのです。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のアニメはつまらない?

2018年4月からアニメ放送が開始していますがつまらないと言う反応があるようなので面白くないと言われている理由を、私なりに調べてみました。

タイトルが『ソードアート・オンライン』になっているので、SAOシリーズで人気キャラのキリトとアスナが出てくると思いきや、このシリーズは出てこなくて残念がっているSAOファンが多数いてるのではないかと思います。

私もその内の1人でしたから。。。

けれど主人公レンが、とても可愛らしいアバターで銃を舞台としたアニメにしてはリアリティのある設定も多く意外に楽しめて面白いと、私はそう感じました。

世間的にはどんどんおもしろくなっていると話題

通常のSAOシリーズとは違うスピンオフ作品でありながら、ファンからの熱い支持を受けている様子。

これはチェックしておかないとヤバそうです!

人気キャラクターキリトが出ない理由とは?

ここで気になるポイント!

キリトは人気キャラクターなのにこのシリーズでは何故出ていないのでしょうか?

それは・・・

ズバリ!

キリトや他のキャラクターが出てくるお話ではないから!

SAOの世界観、世界設定やゲーム設定を使わせていただき、時雨沢オリジナルのキャラクターとストーリーで構築されているということです。

アニメ序盤の感想まとめ

私自身「キリトが出ないSAOなんてつまらない!」って、アニメが始まる前はそう思っていたにですが、いざ始まって見てみると銃を舞台としたアニメとしてはリアリティのある設定も多く面白いしハラハラ・ドキドキする緊張感も味わえますし、なんと言っても主人公レンのキャラクターが可愛くて愛くるしい(笑)

マイナスな意見を持っている人も多いのですが、SAO本編を知らない人、原作を読んでない人、そして女性の方も面白いので、是非見て下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

文化
スポンサーリンク
リバティ