ドラマ【リーガルV】第1話ネタバレと第2話あらすじ(10月11日放送分)

リーガルV 見逃し配信文化
スポンサーリンク

2018年10月11日スタートのドラマ「リーガルV」が話題になっています。

ドラマ「ドクターX」が大ヒットした米倉涼子さん主演ということですからね!

今回はそんな「リーガルV」の第1話ネタバレと第2話のあらすじをまとめます。

また、「文字じゃわからない!」という方のために、「リーガルV」の見逃し動画を無料視聴する方法もご紹介しますので、ぜひ最後まで御覧ください!

ドラマ「リーガルV」第1話あらすじ

リーガルV

敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり、失意の表情で断崖絶壁にたたずむ若手弁護士・青島圭太の腕を、喪服姿の女が突如つかんだ。

「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」――。女の名は小鳥遊翔子(米倉涼子)。

青島をスカウトしに来たという翔子は「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう」と熱く語りかけ、翌朝訪ねてくるよう言い残して去っていく。

 一方、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦は退官の日を迎えていた。

実は京極、翔子から「一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?」と誘われ、新たな人生を踏み出そうとしていたのだ。

ところが、肝心の翔子とは連絡がつかない状態…。

そればかりか、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix & Temma法律事務所」をクビになっていた事実も判明する! 

恩師である京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・大鷹高志は詐欺だとにらみ、翔子の居場所を徹底調査。

しかし、ようやく突き止めた住所を訪ねると、そこには「京極法律事務所」と記された表札と看板が! 大鷹はやけに調子のいい翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がり…。

その頃、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわす。

一流企業「君島化学」の社員・安田勉が、若い女性・三島麻央に「お尻を触られた」と糾弾され、必死で無実を主張していたのだ。

見過ごすことができない青島は、安田の弁護を引き受けるのだが…。

その安田が後日、送検された! しかし、痴漢事件は圧倒的に被害者が有利…。

弱者救済を高らかに謳っていたはずの翔子も、青島から話を聞くや「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」とバッサリ切り捨てる。

ところが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変え…!?

ドラマ「リーガルV」第1話ネタバレ

敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり、失意の表情で断崖絶壁にたたずむ若手弁護士・青島圭太(林遣都)の腕を、喪服姿の小鳥遊翔子(米倉涼子)が突如つかんだ。

「死んじゃだめ、勝つまで戦うの」と小鳥遊翔子(米倉涼子)

崖から落ちそうになりヒールを落としてしまう小鳥遊翔子(米倉涼子)

新しい靴を買い、青島圭太(林遣都)とともに電車で移動する。

帝国大学の教授を辞める京極雅彦(高橋英樹)

過去に講義を聞きに来た小鳥遊翔子(米倉涼子)から弁護士事務所で一緒に働かないかと依頼され、事務所開設費用として500万円を支払っていた。

騙されたという大鷹高志(勝村政信)

なぜなら小鳥遊翔子(米倉涼子)は弁護士免許を剥奪されていたからだ。

ご飯を食べに行く小鳥遊翔子(米倉涼子)青島圭太(林遣都)

青島圭太(林遣都)をスカウトしに来たとのこと。

コースターの裏に事務所の住所を書いて渡し、明日来て欲しいと伝える。

次の日、指定の場所に向かおうと駅を降りると安田勉(児嶋一哉)と言う男性が痴漢の疑いをかけられていた。

名刺を渡し、なにかあれば連絡してほしいと伝えその場を立ち去る。

京極雅彦(高橋英樹)大鷹高志(勝村政信)と一緒に指定の場所に到着。

そこに小鳥遊翔子(米倉涼子)もパラリーガルの茅野明(三浦翔平)と一緒にやってくる。

新しい弁護士事務所の名前は「京極弁護士事務所」。

小鳥遊翔子(米倉涼子)京極雅彦(高橋英樹)が代表の法律事務所を設立していたのだ。

遅れてやってくる青島圭太(林遣都)

茅野明(三浦翔平)は業者とともに小鳥遊翔子(米倉涼子)の荷物を事務所に運び込む。

青島圭太(林遣都)小鳥遊翔子(米倉涼子)に対して、弁護士資格を剥奪された事実を知らされていないままスカウトされたことに怒る。

しかし、「大手法律事務所の下っ端として大手企業の利益のために働くのがあなたのやりたいことなの?」といなす。

そこに新しいパラリーガル志願者である馬場雄一(荒川良々)伊藤理恵(安達祐実)が面接にやってくる。

伊藤理恵(安達祐実)は元銀行員のエリートだが、好きな人のために1億円を着服した前科がある。

馬場雄一(荒川良々)は警備会社につとめていたが、ストーカーとして前科がある。

その場で採用を決める小鳥遊翔子(米倉涼子)

一方、警察署では安田勉(児嶋一哉)が刑事から取り調べを受けている。

その頃、大手弁護士事務「Felix&Temma法律事務所」では、代表を務める天馬壮一郎(小日向文世)が所属するspan class=”bold”>海崎勇人(向井理)や白鳥美奈子(菜々緒)と一緒に、安田勉(児嶋一哉)の上司と面会している。

安田勉(児嶋一哉)は一流企業「君島化学」の社員で、重要なプロジェクトに関わっているため、そんな人物のスキャンダルはどうしても避けたいとその上司は考えていた。

そこで、天馬壮一郎(小日向文世)に賄賂を渡し安田勉(児嶋一哉)を無罪にして欲しいと依頼しに来たのだ。

次の日、京極法律事務所の管理人室で目覚める小鳥遊翔子(米倉涼子)

事務所には京極雅彦(高橋英樹)を始め、大鷹高志(勝村政信)馬場雄一(荒川良々)伊藤理恵(安達祐実)が集まっている。

この日も遅れてやってくる青島圭太(林遣都)

京極法律事務所のはじめての案件として安田勉(児嶋一哉)の痴漢冤罪事件を持ってきたが、みんなの反応は冷ややか。

儲けが少ない上に、勝訴獲得が難しい案件だからだ。

青島圭太(林遣都)は弱者を救いたいという気持ちから、小鳥遊翔子(米倉涼子)と一緒に示談に持ち込むように説得しに行く。

裁判に持ち込んでも勝ち目が無いと伝えるが、安田勉(児嶋一哉)は今まで頑張ってきた自分を否定するようなことだからぜったいに諦めたくないという。

そして、同じ「君島化学」の同僚を呼んで欲しいと頼んできた。

一部上場企業である「君島化学」の社員だと知った小鳥遊翔子(米倉涼子)は、儲かるかもしれないとやる気を出し始める。

その同僚が到着。

そして関わってきたプロジェクトは無事特許出願されたことを知り、安心する安田勉(児嶋一哉)

その帰り、小鳥遊翔子(米倉涼子)は欲しかった限定のブランド品を買うために店に立ち寄るも売り切れていた。

ショックを引きずったまま事務所に戻る。

青島圭太(林遣都)は君島科学の特許した技術について調査。

革新的なアイディアで経済効果は約300億円。

それを聞いてさらにやる気を出す小鳥遊翔子(米倉涼子)達。

安田勉(児嶋一哉)に面会に行く、上司と海崎勇人(向井理)

どうしても裁判で争うなら会社を辞めるように伝える。

海崎勇人(向井理)の帰り際に鉢合わせになる小鳥遊翔子(米倉涼子)青島圭太(林遣都)

安田勉(児嶋一哉)の裁判の弁護を努めようとしている青島圭太(林遣都)に対して、依頼人の家族を苦しめるだけだと非難する。

「プライドを捨てた弁護士に言われたくない」と言い返す小鳥遊翔子(米倉涼子)

小鳥遊翔子(米倉涼子)青島圭太(林遣都)が再度安田勉(児嶋一哉)の面会に行くと安田勉(児嶋一哉)は示談に応じると言い出した。

諦めてはいけないと諭す小鳥遊翔子(米倉涼子)

そして、小鳥遊翔子(米倉涼子)達は安田勉(児嶋一哉)が痴漢冤罪をかけられた西神田駅で聞き込み調査を始めた。

馬場雄一(荒川良々)は被害を訴えている三島麻央(山谷花純)を尾行。

すると三島麻央(山谷花純)は優等生の大学生でありながらも、キャバクラで働いていることがわかった。

そして、事務所では小鳥遊翔子(米倉涼子)以外のメンバーで、三島麻央(山谷花純)が訴えた痴漢の供述を見直していた。

その供述によると、10分間に渡って尻を触られていたとのことだが、安田勉(児嶋一哉)は同僚にメールを打っていたため、尻を触ることは不自然だとわかった。

小鳥遊翔子(米倉涼子)三島麻央(山谷花純)が働くキャバクラの面接を受けに行っていた。

するとそこに三島麻央(山谷花純)が出勤してきた。

三島麻央(山谷花純)小鳥遊翔子(米倉涼子)が買えなかったブランド品のバッグを持っていた。

そして、裁判が始まった。

小鳥遊翔子(米倉涼子)は痴漢がきっかけとなり、外出することが怖くなったと証言。

青島圭太(林遣都)が弁護を担当するも状況は劣勢。

どうやら検事と裁判官はグルで検事が有利になるように図っているようだ。

小鳥遊翔子(米倉涼子)青島圭太(林遣都)に代わって大鷹高志(勝村政信)が担当するように伝える。

そして、裁判に勝つために最高の証人を連れてくると残し、ホストクラブに行く小鳥遊翔子(米倉涼子)

大鷹高志(勝村政信)が裁判所に向かっていると、相手の検事と裁判官が話しかけてきた。

検事と裁判官は大鷹高志(勝村政信)の大学の先輩だったのだ。

勝ち目がないと大鷹高志(勝村政信)は裁判から降りてしまった。

そして再び青島圭太(林遣都)が担当することに。

小鳥遊翔子(米倉涼子)三島麻央(山谷花純)に会いに行き、事件直後にブランド品のバッグを買いに行ったことは分かっている、法定で嘘の証言をすると罪に問われると揺さぶる。

そして、二回目の公判が始まった。

なんと青島圭太(林遣都)が証人として呼んだのは小鳥遊翔子(米倉涼子)

鉄道研究科として呼んだのだ。

実際に小鳥遊翔子(米倉涼子)は鉄道検定1級を持つ専門家なのだ。

小鳥遊翔子(米倉涼子)三島麻央(山谷花純)が事件当日、乗り換えには不向きな車両に乗っていたことを主張するも裁判官からは却下される。

さらに、通勤ラッシュの時間帯なので、直前の駅に到着した際、一度ホームに降りる必要があったことを主張。

つまり、痴漢を受けたあと一度電車から降りたのに再び電車に乗り込んだのだ。

これについても憶測だと却下される。

そして、窓ガラスに安田勉(児嶋一哉)の顔が写ったという供述に対して、事件当日には顔の位置に広告のシールが貼られており、反射することはありえないと追求した。

それに対して検事は反論しようとするも傍聴席にいた三島麻央(山谷花純)は自らの虚偽を涙ながらに認めた。

次の日、安田勉(児嶋一哉)の無罪が確定した。

喜ぶ京極法律事務所のメンバー。

しかし、「これからが本番だ」という小鳥遊翔子(米倉涼子)

君島科学では安田勉(児嶋一哉)の同僚の富樫と上司が海崎勇人(向井理)と面談している。

そこに安田勉(児嶋一哉)が無罪になったとの電話が入った。

そして、青島圭太(林遣都)から損害賠償請求の通知が届いた。

同僚の富樫が安田勉(児嶋一哉)の自宅を訪れる。

そこで三島麻央(山谷花純)が富樫に金をもらって安田勉(児嶋一哉)を痴漢に追い込むよう頼まれたと供述する動画を見せる小鳥遊翔子(米倉涼子)青島圭太(林遣都)

同僚に裏切られたが、家族の幸せは守られたと一安心する。

そして、君島科学に対して、不当解雇を理由に100億円の損害賠償請求をすることに。

損害賠償通知書を受け取った安田勉(児嶋一哉)の上司と海崎勇人(向井理)に会いに来る京極雅彦(高橋英樹)

君島科学に対する損害賠償に関して告発会見を開くと伝えに来たのだ。

特許出願した新技術発表を前に会見を起こされると困る君島科学は、仕方なく和解交渉に応じることに。

小鳥遊翔子(米倉涼子)は100億円は無理だとしても3億で着地することを狙っている。

京極法律事務所はその2割として6000万円の手数料をもらえると大喜び。

そのことを天馬壮一郎(小日向文世)に伝える海崎勇人(向井理)

小鳥遊翔子(米倉涼子)が裏で手を引いていたことに同様を隠しきれない様子。

その頃、京極法律事務所では祝杯をあげることに。

弁護士資格が無いが、小鳥遊翔子(米倉涼子)を中心とした京極法律事務所の戦いが始まった。

次回へ続く。

ドラマ「リーガルV」第2話あらすじ

リーガルV ネタバレ

「京極法律事務所」に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきた。

女性初の役員として活躍していた美鈴だが、立て続けに3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、不当解任の憂き目に…。

納得がいかず、会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたものの、口頭弁論直前に担当弁護士が辞任してしまったのだという。

知的で奥ゆかしく、とてもパワハラをするようには見えない美鈴だが、管理人として事務所を裏で仕切る元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は懐疑的。

そもそも弁護士が降りたということは勝ち目のない案件だとにらみ、弁護を断ろうとする。

ところが…美鈴が要求している損害賠償額が3億円を上回ると知った翔子は、多額の成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受けることに。

美鈴の指名で担当弁護士になった青島圭太(林遣都)と、事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は、さっそく「太陽製紙」を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」を訪れる。

ところが、被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)が2人に手渡した音声データを聴いた「京極法律事務所」の面々は、早くも敗訴を確信してしまうことに…。

そこにはほかでもない、美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていたからだ!

 しかし、ただひとり、どうにも釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示。

やがて、美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を、証人として確保する。

ところが、美鈴はなぜか城野の出廷を拒み…!?

ドラマ「リーガルV」見逃し動画を安全に無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合

ティーバーテレ朝キャッチアップ

もし「リーガルV」の放送から1週間経過していなければ、民放公式テレビポータル「TVer」か「テレ朝キャッチアップ」というサイトで無料で視聴することができます。

ですので、直前であればどちらかでご覧になることをおすすめします!

どちらも広告は入りますが、登録無しですぐに見ることができますよ。

民放公式テレビポータル「TVer」無料視聴はこちら
テレ朝キャッチアップ無料視聴はこちら

放送から1週間以上経過しているならauビデオパスがおすすめ!

ドラマ「リーガルV」を視聴できるサービスは以下の通りです。

その中でおすすめなのは断然「auビデオパス」!

というのも、「U-NEXT」といったサービスでは、最新作は見放題プランであっても追加で課金が必要になるからです。

「auビデオパス」であれば、30日間の無料期間内に解約すれば追加料金は一切かかりません。

あなたにぴったりなサービスを選んで楽しんでくださいね!

FODプレミアム×
U-NEXT
Hulu×
ビデオマーケット×
auビデオパス

auビデオパス

ビデオパス

auビデオパスは月額562円(税抜)で映画やドラマ・アニメを好きな時に好きなだけみることができる動画配信サービスです。

今は「見放題プラン」へ初回ご加入の場合に限り、30日間無料で楽しめます。

もちろんスマートフォン・タブレット・パソコンなどマルチデバイスで視聴可能!

つまり、スマートフォンで見ていた映画の続きを、パソコンやタブレットで楽しむことも可能ということです。

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、12万本以上配信しているサービスです。

もちろん、スマホ・パソコン・タブレット・テレビあらゆるデバイスで楽しめます。

通常はすべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能なのですが、最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

したがって、「リーガルV」の見逃し動画も課金が必要です。

しかし、現在はサービス登録時に600円分のポイントがプレゼントされますので、そのポイントを利用すれば「リーガルV」第1話を無料視聴することができます。

無料の動画共有サイトは危険

危険

あなたも一度はPandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、miomio(ミオミオ)などの動画共有サイトを覗いたことはあるのではないでしょうか?

しかし、これらのサイトには危険やデメリットが多くあります。

無料動画共有サイトで見逃し動画を見るデメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性

デメリットが多い動画共有サイトではなく、月額費用のかかるサービスをかしこく利用し、無料視聴することがおすすめなんです!

まとめ

話題のドラマ「リーガルV」の第1話ネタバレをまとめてみましたが、いかがでしだでしょうか?

文字じゃわからない!」という方は、「U-NEXT」で見逃し動画を無料視聴してみてください。

危険やデメリットが多い動画共有サイトではなく、かしこく安全に視聴してくださいね!

ドラマ「リーガルV」第1話を無料視聴する方法まとめ
  1. 「auビデオパス」見放題プランに登録
  2. 30日間の無料期間内に解約
スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

文化
スポンサーリンク
リバティ