マンハント公開!キャストや口コミ、あらすじをいち早くチェック!

マンハント 映画
スポンサーリンク

スポンサーリンク


映画「マンハント」公開

中国で1979年に「追捕」というタイトルで8億人以上を動員した大ヒット映画「君よ憤怒の河を渉れ」の原作小説を、世界的に有名なあのジョン・ウー監督が映画化した「マンハント」が2月9日から全国公開されています。

ジョン・ウー監督曰く、「原作の筋書きは残しつつ、人物の設定をアレンジし、舞台を現代に移した」とのこと。

「君よ憤怒の河を渉れ」では、北海道の山や川がロケ地として使われましたが、今作では大阪の市街地などを中心にオール日本ロケで撮影が行われました。

この「マンハント」が注目されているのは、「君よ憤怒の河を渉れ」であの高倉健さんが主演を務めていたということ。

当時も大ヒットした作品となりましたが、そんな作品を「レッドクリフ」や「ミッションインポッシブル2」などで有名なジョンウー監督が手がけるということで、2018年の大注目作品と言われているわけです。

今回はそんな「マンハント」の豪華なキャストやあらすじ、実際に見た方の口コミをまとめてみました。




福山雅治をはじめとした豪華キャスト

  • チャン・ハンユー(役名:ドゥ・チウ)
  • 福山雅治(役名:矢村聡)
  • チー・ウェイ(役名:遠波真由美)
  • ハ・ジウォン(役名:レイン)
  • 國村隼(役名:酒井義廣)
  • 竹中直人(役名:伊藤)
  • 倉田保昭(役名:坂口秀夫)
  • 斎藤工(役名:犯人A)
  • アンジェルス・ウー(役名:ドーン)
  • 桜庭ななみ(役名:百田里香)
  • 池内博之(役名:酒井宏)
  • TAO(役名:田中希子)
  • トクナガクニハル(役名:浅野雄二)
  • 矢島健一(役名:堂塔)
  • 田中圭(役名:北川正樹)
  • ジョーナカムラ(役名:青木)
  • 吉沢悠(役名:犯人B)

何と言っても福山雅治ですよね〜
どんな演技を見せてくれるのでしょうか!

それと個人的に気になるのは、犯人役の斎藤工さんと田中圭さんですね!

これまでも映画やドラマで活躍されて来た俳優さんですから、ジョンウー監督のメガホンでどのような化学反応が起きるか非常に楽しみです。

スポンサーリンク


映画「マンハント」のあらすじ

次に簡単ではありますが、マンハントのあらすじをまとめてみました。

まずは予告ムービーから!

 酒井社長(國村隼)率いる天神製薬の顧問弁護士であるドゥ・チウ(チャン・ハンユー)がパーティの翌朝、ベッドで目を覚ますと、社長秘書・希子の死体が横たわっていた。現場には自身の指紋が付いたナイフが置かれるなど、突如として殺人事件の被疑者となった彼は、何者かにハメられたことに気づき、その場から逃走。そんなドゥ・チウを大阪府警の敏腕刑事・矢村(福山雅治)は、新人の部下・里香とともに独自の捜査で追っていく。
カギとなるのは、天神製薬研究員だった婚約者を3年前に失った謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。次々と警察の包囲網を潜り抜けていく被疑者に近づくほどに、この事件に違和感を覚え始め、次第に見解を変えていく矢村だったが、ついに真由美の実家である牧場にいるドゥ・チウを捕らえることに成功。だが、手錠をかけた彼とともに、女殺し屋・レイン(ハ・ジウォン)たちからの襲撃に立ち向かった矢村は、彼の無実を確信する。何者かによって捜査が妨害されるなか、身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人はともに手を組み、事件の真相に立ち向かうことを決意する。だが、そこには恐ろしくも、巨大な陰謀が待ち受けていた――。
出典:マンハント公式サイトより

映画「マンハント」を観た人の口コミ

最後にネット上での皆さんの口コミをまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

映画館に行きたくなった方も多いのではないでしょうか?

私も早速見て来ようと思います!