ミムラが美村里江に改名した本当の理由は前の旦那?由来がムーミンてマジ?

ミムラ芸能
スポンサーリンク

今年2018年でデビュー15周年を迎える女優のミムラさんが突然芸名を改名することを発表しました。

今後は大河ドラマへの出演も決まっており、女優として心機一転し、再スタートを切るようです。

公式サイトでは、改名の理由を3つ挙げていますが、私としては語られていない”本当の理由“があると考えています。

それは、芸能人にとって芸名を変えるということはよっぽどの理由があることは明らかで、実際に綴った改名理由は取ってつけたような理由に感じたからです。

その上で、今回はミムラさんが美村里江に改名した本当の理由を探っていました。

スポンサードリンク


女優ミムラプロフィール

まずはミムラさんのプロフィールをご紹介します。

ミムラ

《本名》
小暮里江(こぐれりえ)

《生年月日》
1984年6月15日

《出身》
埼玉県深谷市

《血液型》
B型

《身長》
167cm

《所属事務所》
スターダストプロモーション

モデルとして芸能事務所のスターダストプロモーションへ所属したミムラさん。

所属時に事務所と交わした契約ではテレビには出演しない約束だったのですが、卒業後の進路に迷う中で流れで受けることとなった演技のレッスンが意外に楽しく、女優としての道を志します。

2003年8月、フジテレビの月9ドラマ史上初のヒロイン公募オーディションにおいて1万人以上の応募者の中からヒロインに選ばれ、同年10月より放送の『ビギナー』で女優としてデビューを飾りました。

それ以降数々の作品に出演し、みるみるうちにトップ女優の仲間入りを果たしました。

個人的にはデビュー作の「ビギナー」が一番印象に残っていますねー。

急に主演に選ばれたこともありましたし、きれいなビジュアルと自然な演技が素敵でした。

女優ミムラが美村里江に改名

女優のミムラさんが、芸名を「美村里江(みむらりえ)」に改名すると公式サイトで発表しました。

これまでの芸名「ミムラ」に漢字を当てた「美村」と、既に公表していた本名の名前「里江」を組み合わせた名前となり、4月1日放送の「西郷どん」特番から「美村里江」のクレジットが使われる予定です。

改名した理由として、ブログにて以下の3つの理由を上げていますが、私としては表向きの理由なのではないかと考えています。

一応紹介しますね。

表向きの改名理由その1

1つ目は、芸名の元となった童話「ムーミンシリーズ」の登場人物「ミムラ姉さん」の知名度が近年日本でもあがってきたこと。

熱狂的なムーミンファンだったというミムラさんは、「ムーミンはブームでなく一つのジャンルとして日本に定着、この先も人気は続いていくとみて、本家の”ミムラ姉さん”へ名前をお返しします」と思いを綴っています。

TwitterなどのSNSで「ミムラさんの芸名の由来がムーミンに登場するキャラクターなのでは?」との噂が広まっていましたが、本当だったようです。

表向きの改名理由その2

2つ目の改名理由は、「大河ドラマ台本の役名・出演者一覧を見て本来の日本名の大切さ」を挙げています。

4月から放送になる大河ドラマ「西郷どん」に出演が決定しているミムラさんは、日本の歴史を描くドラマにカタカナの芸名で挑むことに違和感を覚えたそうです。

それであれば、漢字表記にしたほうが馴染むし作品を邪魔しないと考えたのでしょうね。

かつてこれと同じような理由で俳優の井浦新さんが、芸名をそれまでの”ARATA”から本名に戻しています。

若松孝二監督の映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」で主演を演じた際にエンドロールを考えるとアルファベット表記に違和感を感じたとのことです。

デキる“俳優さんはそういうことまで考えるんですね〜。

表向きの改名理由その3

最後の理由は、「公私の自分がニアリーイコールになった」ということ。

ミムラさんは、「以前はプライベートの時間に『ミムラさんですか』と声をかけられると、『はて、今の私はミムラなのだろうか。本名の小暮里江(こぐれりえ)ではないのかな』と、仕事を離れると湧いてくる少し不思議な気持ちがあった気がします。それが現在、『お声がけありがとうございます』と何の曇りもなく嬉しい気持ちで笑顔を返すことができます。」とコメント。

つまり、プライベートの”小暮理恵”と女優の”ミムラ”の距離感が以前に比べて近くなっているということですよね。

そこで、本名の「里江」を入れたようです。

これはまっとうな理由の感もありますし、芸能人としても前向きな考えで高感度上がりそうですね。

美村里江に改名した本当の理由が意外すぎた!

しかしながら、芸名を変えるということは芸能人にとってはかなり大きな転機です。

公式サイトで変更理由をすべて明かすことができるでしょうか?

一応、今回の改名は数年に渡って検討を続けてきたとのことで、「”所属事務所と揉めて”や”プライベートで何かあって”という理由からではないのでどうぞご安心ください」ともブログで語っていますが、果たして真実なのでしょうか?

私の予測では、公表されていない本当の理由があると踏んでいます。

そして、その理由はやはり芸能活動を一時的に休止するきっかけにもなった前の夫が関係していると思います。

ミムラさんは現在自営業を営む一般男性と結婚し、幸せに暮らしているようですが、実はバツイチ。

一人目の夫は、国際的なオーケストラ指揮者で在日韓国人3世の金聖響(きむせいきょう)です。

ミムラさん出演の映画「この胸いっぱいの愛を」で共演した後に2006年に結婚。

しかし、わずか2年で別居、その後2年の時を経て2010年、離婚に至っています。

離婚の理由は、女優として忙しいミムラと、世界中を飛び回る元夫とのすれ違いだといわれており、慰謝料なしの円満離婚であるという報道がされていました。

しかし、「慰謝料なしで円満離婚」だったという部分について疑わしいと思われる噂が流れていました。

金聖響は多額の借金を抱えていたとのことで、その総額は2億円以上とも言われています。

金聖響さんにお金を貸した人の中には、織田裕二や大泉洋、乙武洋匡やピアニストの山下洋輔などの大物芸能人も被害にあっており、総勢200人近くに借金をしているとのこと。

また、ミムラさんの貯金にも手を出していたと言われていて、どうやら離婚の慰謝料は「払わなかった」のではなく、「払えなかった」というのが正解のようです。

そもそも、自分の演技力のなさなどに悩んで芸能活動を休止したのが2006年、間もなく金聖響さんとの結婚が報じられました。

つまり、悩んでいた時期を支えていたのが、金聖響さんだと思われます。

ですが、すぐにすれ違いが生じ、借金問題も浮上。

ミムラさんからしてみれば、弱っている自分を支えてくれると思っていた、最愛の人に裏切られた気持ちだと思います。

言うなれば”トラウマ“にもなりうる出来事だったことでしょう。

そんな出来事が引き金となって、金聖響さんに支えてもらおうと思っていた「女優・ミムラ」という芸名との別れを考えたのではないでしょうか?

カタカナ表記に違和感を覚えたということも確かに改名の理由の一つかもしれませんが、本当の理由は金聖響さんとの関係を改めてすっきりさせ、女優として再スタートするためだと私は予想します。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は、突如改名を発表した女優のミムラさんについてまとめてみました。

あくまで個人的な妄想ですので、間違っていたら申し訳ありません。

ただ、美村里江さんとしてドラマや映画にがんがん出演してくれることを期待しています。

まだまだお若いですし、きれいで演技力もある女優さんですから活躍している姿がみたいですよね!

みなさんもこれからの美村里江さんに注目してみてください!