【2018W杯】ドイツ代表はイケメンばかり!注目選手と画像とプロフィールまとめ

ドイツスポーツ
スポンサーリンク

いよいよサッカーワールドカップが始まりましたね!

どのチームが優勝するのか、日本代表は予選を突破できるのか、得点王は?

などなど、注目ポイントはいろいろとありますが、女性ファンのあなたが気になっているのはイケメン選手ではありませんか?

毎回ワールドカップには世界各国のイケメンが集まりますから、イケメン好きであればぜひともチェックしたいところ!

そこで今回はサッカー・ドイツ代表のイケメン選手とそのプロフィールをまとめてみました。

スポンサードリンク


2018年W杯のドイツ代表はどんなチーム?

前回のサッカーブラジルワールドカップでは見事優勝に輝いたドイツ代表。

そして、FIFAランキングでも1位のドイツ代表ですから、チャレンジャーとして臨んだ前回大会とは全く違う立場で迎えたことでしょう。

しかし、今回のドイツ代表はそんなプレッシャーを軽々と跳ね返してきました。

というのも、2017年の夏に開催されたコンフェデレーションズカップでは、フルメンバーではないチームで優勝。

また、ワールドカップ予選では10連勝し、得失点差の世界記録を塗り替えました。

司令塔のクロースを中心としたボール回しは観客のため息を誘うほど素晴らしく、相手を翻弄します。

さらに、セットプレーではドイツ伝統のパワーと高さで敵を圧倒。

1962年のブラジル以来となるワールドカップ連覇も決して夢ではなさそうですね。

2018年W杯のドイツ代表のイケメン選手まとめ

それでは、早速今回の2018年ワールドカップのドイツ代表のイケメン選手をご紹介します。

マッツ・フンメルス

マッツ・フンメルス

《名前》
マッツ・フンメルス

《生年月日》
1988年12月16日

《年齢》
29歳

《ポジション》
DF

《背番号》
5

《所属クラブチーム》
バイエルン

《身長》
191cm

《体重》
92kg

鉄壁のドイツディフェンスの要、マッツ・フンメルス選手。

今、日本最高峰のセンターバックと言われているほどの実力の持ち主です。

身長が高いので、多少スピードに欠けるところはありますが、空中戦の強さは抜群。

まさにヨーロッパの王道イケメンと言う感じのお顔ですね。

スタメンでの起用が濃厚ですので、必ずチェックしてみてください!

スポンサードリンク


レオン・ゴレツカ

レオン・ゴレツカ

《名前》
レオン・ゴレツカ

《生年月日》
1995年2月6日

《年齢》
23歳

《ポジション》
MF

《背番号》
14

《所属クラブチーム》
シャルケ

《身長》
189cm

《体重》
79kg

フィジカルの強さとテクニックを兼ね備えた万能型MF・レオン・ゴレツカ選手。

中盤からパスの供給だけでなく、右サイドを駆け上がるドリブルも魅力。

来シーズンからバイエルン・ミュンヘンでプレーすることも決まっています。

レオン・ゴレツカ選手も189cmという高身長イケメン。

今回のワールドカップではスタメンではなさそうですが、途中から出てくる可能性は十分ありますので、出てきたらぜひチェックしてくださいね!

ユリアン・ブラント

ユリアン・ブラント

《名前》
ユリアン・ブラント

《生年月日》
1996年5月2日

《年齢》
22歳

《ポジション》
MF

《背番号》
20

《所属クラブチーム》
レバークーゼン

《身長》
183cm

《体重》
82kg

トップスピードでもブレないボールテクニックの持ち味である、ユリアン・ブラント選手。

相手のディフェンスを切り裂くドリブルが今回のワールドカップでも見れるかが注目です。

あどけなさが残る甘い系のイケメンですね!

きっとグループリーグから登場するはずです!

スポンサードリンク


マルコ・ロイス

マルコ・ロイス

《名前》
マルコ・ロイス

《生年月日》
1989年5月31日

《年齢》
29歳

《ポジション》
MF

《背番号》
11

《所属クラブチーム》
ドルトムント

《身長》
180cm

《体重》
71kg

シュート、ドリブル、パス、すべてが世界トップクラスのマルコ・ロイス選手。

前回のブラジル・ワールドカップでは、開幕直前にケガに見舞われ、出場できなかったこともあり、その雪辱に燃えています。

まだ20代ですが、渋さが出ているイケメン!

短髪のヘアースタイルが似合いすぎ!

トニ・クロース

トニ・クロース

《名前》
トニ・クロース

《生年月日》
1990年1月4日

《年齢》
28歳

《ポジション》
MF

《背番号》
8

《所属クラブチーム》
R・マドリー

《身長》
182cm

《体重》
78kg

フィールドの中央を支配するゲームメーカー、トニ・クロース選手。

なんと言っても魅力は前線への正確なパス。

精密機械か!とツッコみたくなるほどの正確さで、フォワードをアシストします。

もちろん、自分でも強烈なミドルシュートやフリーキックをもっているので、スキがあればガンガン点を取りに来ます。

今大会最も注目されている選手の一人ですね。

そんなトニ・クロース選手のプレーもいいですが、顔も要チェック!

ちょっと強面ではありますが、ブルーの瞳とスッキリとした短髪が、日本人にも大人気です!

スポンサードリンク


マービン・プラッテンハルト

マービン・プラッテンハルト

《名前》
マービン・プラッテンハルト

《生年月日》
1992年1月26日

《年齢》
26歳

《ポジション》
DF

《背番号》
2

《所属クラブチーム》
ヘルタ・ベルリン

《身長》
181cm

《体重》
76kg

高身長でありながら、左サイドを駆け上がり正確なアーリークロスをどんどん上げてくるマービン・プラッテンハルト選手。

また、フリーキックの名手としても知られています。

ワイルドなヒゲをたくわえていますが、清潔感があり、爽やかなイケメンですね。

マヌエル・ノイアー

マヌエル・ノイアー

《名前》
マヌエル・ノイアー

《生年月日》
1986年3月27日

《年齢》
32歳

《ポジション》
GK

《背番号》
1

《所属クラブチーム》
バイエルン

《身長》
193cm

《体重》
92kg

前回のブラジル・ワールドカップではMVP級の活躍を見せた、守護神マヌエル・ノイアー選手。

2016年からキャプテンを務めていますが、2度に渡る骨折でワールドカップ予選は3試合しか出場できていません。

可愛らしい顔立ちですが、ベテランゴールキーパーならではの包み込むような優しい雰囲気を持っていますよね。

スポンサードリンク


マリオ・ゴメス

マリオ・ゴメス

《名前》
マリオ・ゴメス

《生年月日》
1985年7月10日

《年齢》
32歳

《ポジション》
FW

《背番号》
23

《所属クラブチーム》
シュツットガルト

《身長》
189cm

《体重》
88kg

ドイツ代表の中でも経験豊富なマリオ・ゴメス選手。

どんな体制からもシュートを放つFWで、敵からも脅威になるはず。

代表通算73試合に出場し、31得点を挙げています。

ベテランならではの大人の魅力が漂うイケメンですね。

ヨナス・ヘクター

ヨナス・ヘクター

《名前》
ヨナス・ヘクター

《生年月日》
1990年5月27日

《年齢》
28歳

《ポジション》
DF

《背番号》
3

《所属クラブチーム》
ケルン

《身長》
185cm

《体重》
75kg

アマチュアクラブからドイツ代表にまで上り詰めた叩き上げのヨナス・ヘクター選手。

ブレない安定したプレーに定評があります。

キリッとした目とワイルドなヒゲが特徴的なイケメンですね!

優勝候補のアルゼンチン代表のイケメン・ディバラもチェック!

パウロ・ディバラ

今大会では、同じく優勝候補のアルゼンチン代表のイケメン選手にもぜひご注目ください。

その中でもディバラ選手はかなりの人気です!

《アルゼンチン代表のディバラ選手の画像やプロフィールはこちら》

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は2018年サッカーワールドカップに出場する、ドイツ代表メンバーの中から、特にイケメンの選手をご紹介しました。

もちろん、サッカーの技術に注目するのも面白いですが、ワールドカップの楽しみ方はひとそれぞれ。

世界各国から様々なタイプのイケメン選手が集まりますから、選手の顔に注目するのもありだと思います!

あなたのお気に入りは見つかりましたか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

スポーツ
スポンサーリンク
リバティ