【東海オンエア】虫眼鏡が結婚するのはいつ?彼女とのラブラブエピソードもまとめ

東海オンエア 虫眼鏡 彼女 結婚 ラブラブ エピソード 弁当 いつYouTube
スポンサーリンク

チャンネル登録者数400万人を突破した大人気YouTuber「東海オンエア」。

そのメンバーである虫眼鏡さんがついに結婚するのでは?という噂が出ています。

今回はその真相について調べてみました。

また、これまでに動画で紹介された虫眼鏡さんと彼女のラブラブエピソードも併せてご紹介します。

ぜひ最後までご覧いただければと思います。

東海オンエア・虫眼鏡が結婚するのはいつ?

東海オンエア 虫眼鏡 彼女 結婚 ラブラブ エピソード 弁当 いつ

以前から彼女がいることを明言している東海オンエアの虫眼鏡さん。

ファンの間では、「そろそろ結婚するのでは?」と噂になっているようです。

そんな虫眼鏡さんですが、2019年3月5日に公開されたサブチャンネル「東海オンエアの控え室」の概要欄で、結婚を匂わせる文章を載せていました。

↓↓

東海オンエア 虫眼鏡 結婚 いつ 彼女

 僕も今話し合いをしています。彼女と。
何を話し合ってるのかは察しろください。
とにかく今日の概要欄はおやすみだ!こんちくしょう!

「彼女との話し合い」でイメージするのは結婚ですよね。

でももしかしたら、その逆で別れ話をしている可能性もあります。

「こんちくしょう!」というのがどういう意味なのでしょうか・・

視聴者さんもこのコメントが気になっている人が多いようです。

個人的には現在26歳の虫眼鏡さんですから、いよいよ結婚を考えているのではないかと思います。

もしかしたら子供ができたのかもしれません。

東海オンエア6人としての活動もありますが、マネーの亀【MANEKAME】というチャンネルだったり、ラジオをやっていたりとかなり忙しく働いています。

・マネーの亀【MANEKAME】

・虫眼鏡の放送部

虫眼鏡さんとしては自分のやりたい仕事が増えてきた中で、仮に子供ができて結婚となると今まで通りの活動ができなくなる可能性はありますよね。

もし、彼女の親御さんがYouTuberを辞めて会社に勤めて欲しいと言ったら東海オンエアを辞める可能性もありえるのでしょうか?

そうなったら最悪ですよね。

個人的に東海オンエアは誰一人かけてはいけないと思いますし、虫眼鏡さんがいるから他のメンバーがのびのびと動けますよね。

虫眼鏡さんがこれまで通りに東海オンエアとして活動できて、幸せになることを祈っています!!

東海オンエア・虫眼鏡の彼女とのラブラブエピソードまとめ

続いては虫眼鏡さんが無事に結婚することを願って、これまでに動画で出ていた彼女とのラブラブエピソードをまとめてみました。

彼女がいきなり抱きついてくる

サブチャンネル「東海オンエアの控え室」で2019年1月29日に公開された動画で、りょうさんとしばゆーさんが虫眼鏡さんの家を訪ねています。

そこで二人はいつものように虫眼鏡さんに抱きつこうとした彼女を見ました。

しかも二人が言うには「めっちゃかわいい」らしいですね。

その動画はこちら
↓↓

お風呂に一緒に入る

現在彼女と同棲している様子の虫眼鏡さん。

りょうさんが暴露しましたが、彼女と一緒にお風呂に入っているようです。

虫眼鏡さん自身が小さいですから湯船に一緒にはいるのも余裕なんでしょうね。

手作りのお弁当

ラブラブの極みといえば手作りのお弁当ですよね。

虫眼鏡さんも実は彼女さんに手作りのお弁当を作ってもらっているんです。

しかも!女の子らしく、彩りも考えられています。

東海オンエア 虫眼鏡 彼女 結婚 ラブラブ エピソード 弁当 いつ

さらに!ごはんの上にはハートにカットされた海苔が!

東海オンエア 虫眼鏡 彼女 結婚 ラブラブ エピソード 弁当 いつ

これは他のメンバーもツッコまずにはいられませんね

手作りお弁当が紹介されている動画はこちら
↓↓

東海オンエア・虫眼鏡プロフィールまとめ

東海オンエア 虫眼鏡 プロフィール

《名前》
虫眼鏡

《本名》
金澤 太紀(かなざわ だいき)

《出身》
愛知県岡崎市

《生年月日》
1992年9月29日

《年齢》
26歳

《血液型》
A型

《身長》
157cm

《メンバーカラー》

《出身高校》
愛知県立岡崎北高等学校

《出身大学》
愛知教育大学

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は人気YouTuber「東海オンエア」の虫眼鏡さんが結婚するのでは?ということについて調べてみました。

彼女とはあれだけラブラブで同棲生活を送っているわけですから、きっと結婚の話し合いをしていることでしょう!

近い内に虫眼鏡さんから幸せな報告があることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。