プロ囲碁棋士・一力遼の実家は仙台のお金持ち!父親の後を継ぐ?師匠の宋光復九段とは

河北新報社文化
スポンサーリンク

皆さんはプロ囲碁棋士・一力遼(いちりきりょう)八段をご存知ですか?

中学1年生でプロデビューを果たし、20歳になった今も早稲田大学に通いながら、活躍しています。

情熱大陸への出演も決まっている一力遼八段ですが、ちょっと調べてみると実家がえらいお金持ちということや優秀な師匠についての情報が出てきたので、ご紹介しますね。

囲碁棋士といえば、国民栄誉賞を獲得した井山裕太九段が有名ですが、これからの活躍に期待が集まる一力遼八段を知るきっかけにしてもらえたらうれしいです。

スポンサードリンク


プロ囲碁棋士・一力遼

一力遼

《本名》
一力遼(いちりきりょう)

《生年月日》
1997年6月10日

《出身》
宮城県

《血液型》

《段位》
八段

《タイトル数》
5

《称号》
若鯉

《所属》
日本棋院東京本院

父親に教えられ、5歳で囲碁を覚えたという一力遼さん。

小学生の頃から囲碁の全国大会に出場するほどの実力で、5年生の時には「もっと囲碁を勉強したい」という気持ちから、母親とともに上京。

見事中学1年生でプロ棋士になりました。

その後、都立白鴎高校の囲碁将棋部でさらに実力を磨き、現在は早稲田大学に通っています。

実はプロになってから大学に進学するケースはかなり珍しいそうです。

そもそも大学行く前にプロテストに合格するぐらいの天才だったら、大学に行かずに囲碁に専念するようですね!

一力遼八段は早見え早打ちの天才肌で、優れた大局観と柔軟な発想を持ち、序盤から意欲的に勝負を仕かけていく力戦型として知られています。

一力遼の実家は宮城県仙台市のお金持ち家系!まさに御曹司!

現役大学生でありながらプロ囲碁棋士として活躍する一力遼八段。

なんと実家は宮城県仙台市に本社を構える新聞社「河北新報社(かほくしんぽうしゃ)」を経営している有名な”一力家”。

一力(いちりき)という名字からして歴史が財閥っぽいですよね。

河北新報社

株式会社河北新報社は、東北地方のブロック紙である”河北新報”を発行していて、新聞事業以外にも、スポーツ・文化事業や出版事業も行っています。

明治30年1月17日、一力健治郎氏によって創刊されて以来、120年以上も続いている新聞社です。

売上高は209億円(2016年12月期)、従業員数は486人(2017年10月現在)という規模。

宮城県内ではもちろんですが、東北地方ではかなり有名な会社として知られています!

2011年には東日本大震災で被災し、多くの支局も販売網も津波で壊滅。

しかし、そんな中でも「地元新聞社としての役割と責務を果たした」として、2011年に第59回菊池寛賞を受賞しました。

そして、その模様を綴った書籍『河北新報のいちばん長い日』が2011年10月30日に文藝春秋より刊行されています。

河北新報社を経営するのは一力遼八段の父親である一力雅彦氏。

その他にも東北放送、河北仙販、河北アドセンター、河北ビル、河北新報普及センターなど20社以上の企業を一力一族で経営しています。

実家がこれだけのグループ企業を経営しているということであれば、御曹司である一力遼八段もさぞかし良い暮らしをしながら育ったのでしょうね!

ですが、一力遼八段が通っていた小学校は仙台市立片平丁小学校、中学校が東京都立白鴎高等学校附属中学ということで、どちらも公立校です。

お金持ちであれば、偏差値の高い私立に入っているかと思いましたが、それほどでもないようです。

スポンサードリンク


河北新報を経営する父親・一力雅彦の後を継ぐのはいつ?

宮城県仙台市の有名一族である一力一家。

河北新報の社長も↓のように代々引き継いできました。

一力健治郎(河北新報創業者)

一力次郎

一力一夫

一力雅彦(河北新報現社長)

一力遼

一力遼八段は一人っ子ということで、プロ囲碁棋士だけではなく、いずれは会社経営にも携わることも考えているようです。

早稲田大学に進学した理由も将来を考えてのことでした。

直近のインタビューでは「早稲田大学を卒業しても囲碁中心の生活はまだしばらく変わらない」とコメントしてるので、30歳ぐらいを目処にグループ会社で社会人経験を積んで本社に移るといった流れでしょうか?

もしかしたら、きっぱりプロ囲碁棋士を辞めて河北新報社の5代目社長になるかもしれませんね。

師匠の宋光復九段とはどんな人?プロフィールと指導法まとめ

中学生にプロデビューして以来、勝利を重ねてきた一力遼八段。

囲碁ファンからも期待される若手の一人です。

そんな一力遼八段を育て上げた師匠は宋光復(そうこうふく)というプロ囲碁棋士。

宋光復

《生年月日》
1964年3月21日

《出身》
東京都

《段位》
九段

《弟子》
一力遼、安斎伸彰、平田智也、風間隼

《所属》
日本棋院東京本院所属

2018年で54歳の宋光復九段。

弟子には一力遼八段の他にも安斎伸彰七段、平田智也七段、風間隼三段の三人がいます。

過去の取材で、宋光復九段は弟子の育て方について聞かれて、「私はこれからもマイペースで碁に向き合っていきたいですね。弟子たちとの勉強は楽しく、その時間も生かして少しでも成長していきたいと思っています」とコメントしています。

宋光復 一力遼

さらに、「囲碁は精神状態が大きく作用しますので、一緒に食事をする時間をしっかり取るようにして、いろいろ話し合っています。」とも話していて、弟子としっかりと向き合う指導法を実践しているようです。

北海道日本ハムファイターズの栗山監督に顔が似ているようにも見えますが、優しそうな雰囲気ですよね。

一力遼八段は2018年に入ってから格下の相手に負けたり、らしくないミスをしたりする場面が目立っているので、何かアドバイスをしているのでしょうか?

まとめ

今回は情熱大陸に出演するプロ囲碁棋士・一力遼八段のお金持ちな実家や師匠である宋光復九段についてまとめました。

現在はスランプ中の一力遼八段ですが、これからの挽回に期待したいですね!

そして、いつの日か実家の河北新報社を継ぐのも楽しみです!

また新しい情報が入ってきましたら追記させていただきます。

それでは!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

文化
スポンサーリンク
リバティ