【2018年】アベンジャーズの時系列まとめ!最新映画の前に見るべきタイトルとは?

アベンジャーズインフィニティーウォー 映画
スポンサーリンク

いよいよ2018年4月27日(金)公開となった「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」。

今までの映画シリーズの集大成とも言える作品で、前売り券の売り上げ1位、予告動画公開後24時間再生数1位と人気の程が伺えます。

もちろんマーベルの作品は、1つ1つ見てもちゃんと楽しめるように作られていますが、今までのシリーズを見るとより楽しめるようになっています(今までのマーベル映画に比べ、今回の映画はいかにシリーズを見ているかがより楽しめる鍵となると予想します)。

今回は「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」が公開されるにあたって、「マーベル映画初めて」「今まで見たけどおさらいしたい」という人のために、これまで公開されてきた映画の時系列をまとめてみました。

スポンサードリンク


そもそもアベンジャーズってどういう映画?

マーブル映画

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の人気作品

前段で「マーベル映画」と何度か書きましたが、厳密には「マーベル映画」と「マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)」は異なります。

MCUは、「アイアンマン」(1、2、3)や「アベンジャーズ」等の作品群を指す、いわば大きなシリーズ映画です。

それに対して、「X-MEN」等は、別の世界、登場人物で構成されており、単純に同じマーベルという会社が出しているだけ。

もちろん面白いのですが、「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」を楽しむ上では全く関係ありません。

MCUの世界には、たくさんのヒーローが登場します。

天才発明家で億万長者のトニー・スターク(アイアンマン)。

肉体を強化する血清を打たれ、超人的な戦闘力と破壊不可能な盾を持つスティーブ・ロジャーズ(キャプテン・アメリカ)。

アスガルドという神々の国(地球外)の王子で雷を操る雷神、ソー。

その他にブルース・バナー(ハルク)、ナターシャ・ロマノフ(ブラックウィドウ)、クリント・バートン(ホークアイ)の6人で構成されたチーム「アベンジャーズ」が地球外からの脅威に立ち向かうのが映画「アベンジャーズ」で、その「アベンジャーズシリーズ」の3作目に当たるのが今回公開される「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」なのです。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は作品それぞれが関連している

そもそもMCUとは何でしょうか?

MCU内でのすべての出来事は、同じ世界の中で起こっています。(世界観の共有、という言い方をしたりします)

「アベンジャーズ」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」のように、明らかにシリーズなものや、逆に「アベンジャーズ」と「アイアンマン」の様に一見別々の映画に見えるものもありますが、単純に「どこにスポットライトを当ててるか」(=誰を描いてるか)の違いに過ぎません。

つまり、MCUは「大きな映画シリーズ」ということができます。

時系列まとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は映画が公開されると度々、「時系列ってどうなってたっけ?」という状態になる人が多いので、これまで公開された映画を時系列を追ってご紹介します。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)は下記のように公開となった時期に応じてフェイズを区切って語られることが多いので、それに基づいてご紹介しますね。

  • フェイズ1(2008年〜)
  • フェイズ2(2013年〜)
  • フェイズ3(2016年〜)

フェイズ1(2008年〜)

アイアンマン

アイアンマン

MCUの記念すべき1作目の映画です。

天才発明家で巨大軍事企業社長として多くの兵器を創り出し、巨額の富を得ているトニー・スタークがとある一件から自分の作った兵器が悪の手に渡っていることに気づき、改心して、自らの科学力の結晶である「アイアンマン」というスーツに身を包み、悪と戦う、というストーリーです。

フィル・コールソンやニック・フューリーが所属する秘密組織「S.H.I.E.L.D」が初登場する作品でもあります。

映画「アベンジャーズ」への伏線が含まれています。

インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルク

MCUの2作目。
キャプテンアメリカ(後述)のような超人兵士を作ろうと自らが実験台になり失敗して、怒りとともに緑の怪物「ハルク」になり、周りを破壊してしまうという体になったブルース・バナー博士の話です。
興行収入こそMCU最下位でしたが、(それでも2億ドル超え)後々アベンジャーズに深く関わってくるロス将軍(後の国務長官)が登場したりする、地味に重要な作品。
アイアンマンことトニー・スタークもラストにちょこっと登場します。

アイアンマン2

アイアンマン2

MCUの3作目で、「アイアンマン」の続編にあたります。

主人公、トニーがアークリアクターから発生するパラジウムという毒素に蝕まれながら、トニーのスーツを模倣し彼の前に立ちはだかる敵に対し親友のジェームズ・ローズ大佐とのコンビで挑みます。

アベンジャーズメンバーでS.H.I.E.L.Dの一員でもあるナターシャ・ロマノフが初登場する作品でもあります。

かっこいいと評判のスーツ装着シーン、国会議員にスーツの引き渡しを求められ、その主張を退けるトニーの話術、ナターシャの戦闘シーンなど、特に見所が多い作品。

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を理解する上でたいして関係はありませんが、単純に面白いのでお勧めできる作品です。

マイティ・ソー

マイティ・ソー

MCU4作目。

神々の国、「アスガルド」の王子で、国の中でもトップクラスの戦闘力を持つソーの映画です。

ある一件でアスガルドの王であり、ソーの父でもあるオーディンの命令に背いたソーは、罰として力を奪われ、地球に追放されます。

とにかく好戦的なだけだったソーが、地球での生活を経て「戦うだけが王の役目ではない。忍耐も必要だ」とのオーディンの言葉に耳を傾け、王子として一回り成長する様が描かれています。

今回のメイン・ヴィラン(悪役)はソーの弟、ロキ。アベンジャーズのメイン・ヴィランともなる重要人物です。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ

MCU5作目。

舞台は前作までと違い、1940年代となっています。

つまり、公開順では5番目ですが、MCU世界内での出来事の順番としては映画内で1番となっています。

主人公はスティーブ・ロジャーズ。

国のために戦いたい、と身分を偽り兵士に何度も志願しますが、彼はとてもひ弱で、町のチンピラにも負けるほど。

当然、そんな彼は何度もなんども兵士として戦うことを拒否されます。

そんな彼に、SSRー戦略科学予備軍という組織の科学者、アースキン博士が目をつけ、彼をSSRの「スーパーソルジャー計画」の実験台に選びます。

こうして並の兵士とは比べ物にならない戦闘能力や身体能力を手に入れた彼は、国のために悪の組織ーヒドラとの決戦に挑みます。

この作品は、後のアベンジャーズのリーダー的存在、スティーブが主人公というだけでなく、トニー・スタークの父パワードや、後のS.H.I.E.L.DとなるSSR、さらにそのSSRのエージェントで、のちにMCUドラマで大活躍するペギー・カーターなど重要人物が数多く登場。

さらに、「アベンジャーズ」で重要な役割を果たす「四次元キューブ」が出てくるなど、MCU内で重要な立ち位置にあります。

アベンジャーズ

アベンジャーズ

MCU6作目にして興行収入15億ドル突破の名作中の名作、「アベンジャーズ」。

数多くの記録を塗り替え、興行収入もMCU映画内で1位。歴代すべての映画の興行収入でも5位と、素晴らしい記録を残しました。

地球外からの侵略に対して、アベンジャーズというヒーローたちのチームが団結して挑みます。

ハワードスタークが海から拾い上げた「四次元キューブ」。現代で、S.H.I.E.L.Dに管理されていました。

しかしそのキューブが突然暴走。

キューブは世界の2点をつなぐドアのようなもの。そのドアが開き、ソーの弟ーロキが現れます。

単純な戦闘力でキャプテンを凌駕し、宇宙に存在する軍隊「チタウリ」を引き連れ、さらに人を洗脳できる杖を持つ、最強の敵に対しS.H.I.E.L.D長官ニック・フューリーはヒーローたちを集結させ、立ち向かう「アベンジャーズ計画」の実施を決めます。

しかし集められたヒーロー達は仲間割れを始めます。

その後S.H.I.E.L.Dのエージェント、フィル・コールソンが死んだことによりまとまったアベンジャーズは、ロキとチタウリとの決戦に挑みます。

フェイズ2(2013年〜)

アイアンマン3

アイアンマン3

MCU7作目にして「アイアンマン」シリーズ第3作目。

主人公トニー・スタークは1年前のアベンジャーズの戦いで自分の無力さに気付き、スーツを作り続ける日々。

不眠症やPTSDを患い、どこに行くにもスーツを持ち歩き、恋人のペッパーに「スーツに依存している」とまで言われます。

そんな彼が全米を騒がし、政府の捜査をもかいくぐった巨大テロ組織、マンダリンに戦いを挑むストーリーです。

最後の戦いで今まで作ったトニーのスーツが集まるシーンは圧巻。「アイアンマン」シリーズ集大成にふさわしい作品です。

マイティ・ソー ダーク・ワールド

マイティ・ソー ダーク・ワールド

MCU8作目で、「マイティ・ソー」の2作目。

5000年に一度の惑星直列。

それが起こると、闇から生まれたダークエルフの中でも最も邪悪なマレキスが、真の力に目覚めてしまいます。

それを阻止するべく、ソーが仲間の反対を押し切り助っ人に選んだのは彼の弟で、「アベンジャーズ」でチタウリを引き連れ、地球を襲ったロキでした。

仲間とロキの助けによりアスガルドを抜け出したソーは、ロキとのコンビでマレキスたちとの決戦に挑みます。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

MCU9作目で、「キャプテン・アメリカ」2作目。

S.H.I.E.L.Dのニック・フューリーが進めていた「インサイト計画」。

それは、改良されたヘリキャリアがテロリストのDNAを読み取り、テロを起こされる前に抹殺するというものでした。

しかし、そのインサイト計画にはニックでさえも知らなかった裏が。

それは、そのインサイト計画を利用し、ヒドラがヒドラの脅威となりそうな人間を抹殺する、というものでした。

さらにS.H.I.E.L.D内にはスパイとして潜んでいたヒドラメンバーが数多くいることも判明。

インサイト計画が実行されれば無実の人間が70万人犠牲となります。

そのことを知ったキャプテンは、計画を阻止し、S.H.I.E.L.D諸共ヒドラを葬るべく仲間のナターシャ、ニック、マリア・ヒルとともに立ち上がります。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

MCU10作目。

今までと違い、舞台は宇宙となっています。

サノスの仲間、ロナンがインフィニティ・ストーンの一つで、星を破壊する力を持つ「オーブ」を使い、サンダー星に住む人々を殺そうとします。

それに対し、宇宙のお尋ね者ピーター・クイル、改造されたアライグマロケット、その相棒の木の形をした生き物グルート、暗殺者でロナンの元手下でサノスの義理の娘ガ

モーラ、ロナンに家族を殺され、その関係でガモーラに恨みを持つドラッグスの五人が、サンダー星に住む人々の命を救うべく立ち上がります。

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」のメインヴィラン(と予想される)サノスや、重要な役割を担う「インフィニティ・ストーン」について詳しく書かれた、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を理解する上で外せない一作です。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

MCU11作目で、「アベンジャーズシリーズ」第2作。

ヒドラの残党、ストラッカーがロキの杖を使い、特殊能力者を作っていることを突き止めたアベンジャーズは、ストラッカーの基地を襲撃。圧倒的な攻撃力で敵を蹴散らし、基地に入ったトニー(アイアンマン)はロキの杖を発見。ソーに許しを得て、アベンジャーズの施設にある自分の研究所に運び込みます。

その杖の先にある石が人工知能であることを突き止めたトニーはそれを元に平和維持プログラム「ウルトロン」を作成。

しかし、そのウルトロンが自我を持ち、平和を守るために人類を滅ぼすという結論を下します。

ヴィブラニウムという最強の金属でできた体を持ち、トニーが作っていたアイアン軍団を操れるウルトロンに、アベンジャーズメンバー、元々ウルトロンについていたが離反したワンダ・マキシモフ、インフィニティ・ストーンのひとつ、マインド・ストーンを額に持つヴィジョン、トニーの親友、ジェームズ・ローズのチームが立ち向かいます。

ワンダ、ヴィジョンという2人が登場する、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を理解するのに重要な一作です。

アントマン

アントマン

MCU12作目。

刑務所に服役した前科者、スコット・ラングが主人公です。

出所し、仕事もなかったスコットは、ある一件から発明家で金持ちのハンク・ピム博士と出会います。

ピム博士は昔、自分の体の大きさを変えられる自作スーツを着てアントマンとして活躍していた、学者でした。

ピム博士の弟子だったダレン・クロスは、ピム博士の発明品であるアントマンスーツを真似た「イエロージャケット」を作り、それの軍事利用を企んでいました。

さらにその軍事利用の取引相手には、あの悪の組織「ヒドラ」の名前も。

そのことを突き止めたスコットは、その陰謀を阻止するべく戦います。

フェイズ3(2016年〜)

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

MCU13作目で、「キャプテン・アメリカ」3作目。

今までなんども世界の危機を救ってきたアベンジャーズ。

しかし、彼らが街で戦うたびにまた大きな被害が出ています。

さらに、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」の一件ではアベンジャーズが作り出した人工知能が数多くの命を奪いました。

こうした現状に各国政府が用意した対応策が、「ソコヴィア協定」。

その内容は、人を超えた力を持つヒーロー達を国連の委員会が管理し、委員会が認めた場合に限り彼らが出動できる、というもの。

ウルトロンの一件のような事故は起きにくくなる反面、行くべき場所に行くのを禁じられる一長一短なこの案に対し、アベンジャーズの意見は真っ二つに。

この協定に賛成したトニー達と、反対したスティーブ達が争います。

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ

MCU14作目。

スティーブン・ストレンジが主人公です。

元々天才外科医だったスティーブン。しかし、自動車事故で両手がうまく動かせなくなり、たくさんの治療法を試したもののうまくいかなかった彼は、藁にもすがる思いで修行場カマー・タージを訪ね、エンシェント・ワンという女性と出会います。

そこで魔術に出会い、それを習得した彼は闇の魔術で世界を滅亡に導くカエシリウスを阻止するべく、戦いを挑みます。

MCUでは異色の「魔術」。

ビルを曲げたり、人を瞬間移動させるなど今までの常識では考えられないようなことが次々と起こります。

しかし、今までとは違うものの映画単体で面白く、また、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」にも彼や魔術の要素が出てくるようなので、重要な一作です。>

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

MCU15作目で、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」第2作となります。

宇宙を旅しているピーター達「ガーディアンズ」の前に突如として現れた宇宙船。

そこに乗っていた男性はエゴと名乗ります。彼は実はピーターの父親でした。

しかし、その温和そうな顔には裏があったことが彼自身の発言により明らかになります。

彼は自分の目指すゴールのために多くの種族との間に子供を作り、自分と同じ特徴を持たない「失敗」を殺していたのでした。

そして、彼の星の洞窟には大量の人骨が。

エゴの本性に気づいたメンバーは力を合わせて、天界人であるエゴとの戦いに挑みます。

スパイダーマン ホームカミング

スパイダーマン ホームカミング

MCU16作目。

MCU13作目の「シビルウォー キャプテンアメリカ」の戦いでトニーに誘われ、トニー側(協定賛成側)として戦った高校生のピーター・パーカー。

彼はスパイダーマンとして日々街を守る活動をしていました。

そんなある日、「アベンジャーズ」の戦いでチタウリが残した残骸を集め、兵器を作ろうとしている人がいることを突き止めたピーターは、トニーの制止を聞かず出動。

多くの人々が巻き込まれましたが、トニーが駆けつけ、事なきを得ます。

そしてトニーは、自分の指示を聞かず勝手に動いた罰として、トニーが作った彼のスパイダーマンスーツを没収。

その後、兵器を作ろうとしていた人を特定し、彼がアベンジャーズの輸送機を襲おうとしている事を突き止めたピーターは、親友のネッドのサポートのもと、アベンジャーズの輸送機を守るべく戦います。

これも「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」にはあまり関係ないのですが、アイアンマンが数回登場するなど単体でも楽しめる作品となっています。

マイティ・ソー バトル・ロイヤル

マイティ・ソー バトル・ロイヤル

MCU17作目で、「マイティ・ソー」第3作目。

アスガルドの王子・ソーがアスガルドに帰還するとアスガルドの様子が前と違っていました。

それらの様子や、オーディンの態度から実はアスガルドにいるオーディンはロキが化けた姿である事を見破り、本物のオーディンを連れ戻すべく地球に降ります。

オーディンには会えたものの、そのオーディンは、「ソーの姉、ヘラが来る。」と言い残し、息を引き取ります。

直後、ヘラの襲撃を受けたソー。

ロキと2人で戦いますが、その圧倒的なパワー、戦闘力の前に惨敗してしまいます。

ソーはソー、義弟ロキ、アベンジャーズの一員ハルク、元アスガルド精鋭部隊のヴァルキリーの4人で「リベンジャーズ」を結成。最強の女神に挑みます。

ブラックパンサー

ブラックパンサー

MCU18作目。

主人公は、存在そのものが長い間秘密にされてきた超文明国ワカンダ国の王、ティ・チャラ。

彼は自分の父を亡くし、ワカンダ国を守るためヴィブラニウム製のスーツに身を包み、活躍していました。

そんなある日、ワカンダ国の王座をかけ、決闘に臨んだティ・チャラは挑戦者に敗れ、王座を失ってしまいます。

しかし、その挑戦者は今までワカンダ国が守ってきた最強の鉱石、ヴィブラニウムを売りさばく計画を立てていた事を突き止めたティ・チャラは、天才発明家の妹が作ったスーツとともに彼に再挑戦するのでした。

最新映画「アベンジャーズ・インフィニティーウォー」を見る前にチェックしておきたい作品まとめ

2018年4月27日(金)公開の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」。

今までの作品を見てきた方もいれば、見た事がない人もいると思います。

ここでは、今まで見た事ない、という人でも「これだけ見れば楽しめるはず」という映画をまとめました。

「アベンジャーズ」

MCU興行収入トップを誇る名作中の名作。

今回公開される映画、MCUとしてみると19作目で、1作目は「アイアンマン」ですが、「アベンジャーズシリーズ」としてみると3作目で、1作目は「アベンジャーズ」となります。

アベンジャーズが結成された過程がわかる映画です。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

アベンジャーズとは今の所接点のない彼らですが、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」に置いて登場します。

さらに、メインヴィランサノスについて最も詳しく書かれており、今回鍵を握るであろう「インフィニティ・ストーン」の説明まであります。

「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」

アベンジャーズが分裂してしまう映画で、今回につながる「知識」はないですが、シビルウォーにてアベンジャーズが分裂した続きから今作は始まるので、見てないと少し戸惑うかもしれません。

また、ティ・チャラ、ピーター・パーカーというキャラが初登場する作品でもあります。

「ドクター・ストレンジ」

今作でスティーブンがどのように登場し、どう活躍するかは当然不明です。
ただし彼が登場する以上「魔術」要素は出るはずで、そう考えるとMCUで唯一魔術を扱う今作は見ておくべきだと思います。

以上4作は是非みる事をおすすめします。

またその他にも、ワンダ・マキシモフ ヴィジョンが初登場する「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」 予告にワカンダ兵が出てくる事からワカンダ国が関わってくる事が予想されますので、「ブラックパンサー」などの視聴をおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

時系列の紹介、おすすめ映画の紹介は以上になります。

おすすめ映画は今なら「ドクター・ストレンジ」を除きhuluで見れるので是非見てみてくださいね。

単独でも面白い映画だと思いますが、シリーズ全体における背景などの知識を持っていると2倍楽しめますよ!