ドラマ【グッドドクター日本版】あらすじ(ネタバレ)とキャスト!ロケ地や主題歌は?

文化
スポンサーリンク

山崎賢人さん主演で、日本にたった0.3%しかいない小児外科医の世界を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ『グッド・ドクター』をお送りすることが決定しました。山崎さんは、本作がフジテレビ系ドラマ初主演、初の医師役に挑むこととなります。

原作は韓国のドラマですが、アメリカでも放送され大ヒット。

満を辞して日本でドラマ化となりました。

今回はそんな『グッド・ドクター』のあらすじ(ネタバレ)やキャスト、人物相関図、ロケ地、主題歌、原作韓国ドラマとのストーリーの違いをまとめました。

また、フジテレビの木曜10時枠が苦戦しているようなので、視聴率がどうなるのかについても考察しました。

放送が始まる前の予習としてこの記事を読んでいただいて、ドラマをより楽しんでいただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク



2018年7月スタートの新ドラマ「グッド・ドクター日本版」

山崎賢人さんが演じるのは驚異的な暗記力を持つ一方、コミュニケーション能力に障害があるサヴァン症候群の青年・新堂湊(しんどう・みなと)。

幼い頃から小児外科医になることが夢だった湊が、ある日、研修医として小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を、あふれるほど情感豊かに描いていきます。

同時に、ただ子どもを救いたいだけという、子どものように純粋な湊は病院の慣例や都合と衝突し、さまざまなトラブルを起こしてしまいます。

そんな時に発せられる湊や周囲の言動は“本当に良い医者とは?”ひいては“人としてどう生きるべきか?”という命題を、視聴者のみなさまの胸に深々と突き刺します。

ドラマ「グッドドクター」の放送日はいつ?

山崎賢人さんが主演を務めるフジテレビ2018年7月期の新ドラマ「グッドドクター日本版」は毎週木曜日夜10時からの放送になります。

第1話は7月12日で、15分拡大版です。

とりあえず、1話を見てみて様子をみましょうかね。

ドラマ「グッドドクター日本版」出演者一覧

出演者(キャスト)一覧
新堂 湊:山崎賢人
瀬戸夏美:上野樹里
高山誠司:藤木直人
間宮啓介:戸次重幸
東郷美智:中村ゆり
橋口太郎:浜野謙太
猪口隆之介:板尾創路
司賀明:柄本明

新堂湊役:山崎賢人

山崎賢人

ドラマ「グッドドクター日本版」で主役を務める山崎賢人さんが演じるのは驚異的な暗記力を持つ一方、コミュニケーション能力に障害があるサヴァン症候群の青年・新堂湊(しんどう・みなと)。

幼い頃から小児外科医になることが夢だった湊が、ある日、研修医として小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を、あふれるほど情感豊かに描いていきます。

そして、ただ子どもを救いたいだけという、子どものように純粋な湊は病院の慣例や都合と衝突し、さまざまなトラブルを起こしてしまいます。

そんな時に発せられる湊や周囲の言動は“本当に良い医者とは?”ひいては“人としてどう生きるべきか?”という命題を、視聴者のみなさまの胸に深々と突き刺します。

サヴァン症候群

サヴァン症候群とは一瞬で本の内容を記憶したり、少し見ただけの写真を鮮明に書き起こすことができるなどの能力を持つ人のこと。

知的障害や発達障害などのある人のうち、ごく特定の分野に限って優れた能力を発揮する人の症状です。

自閉症を持つ人の10人に1人はサヴァン症候群だといわれています。

日本のドラマではでは2012年放送の「ATARU(アタル)」で元SMAPの中居正広さんがサヴァン症候群の主人公を演じていました。

山崎賢人プロフィール

山崎賢人

《名前》
山崎 賢人(やまざき けんと)

《生年月日》
1994年9月7日

《出身》
東京都

《血液型》
A型

《身長》
178cm

《所属事務所》
スターダストプロモーション 制作2部

中学3年生のときに原宿竹下通りのサッカーショップでスカウトされ芸能活動を開始した山崎賢人さん。

雑誌『ピチレモン』でメンズモデルとして活動。

誌上で行われた女装企画で投票結果1位を獲得したこともあります。

2010年にはドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビュー。

2011年には『管制塔』で映画初主演し、2016年には『ヒロイン失格』、『orange』等の話題作に次々と出演し、第39回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞しました。

2017年、アメリカの映画サイト TC Candler の『最もハンサムな顔100人』2017年版に、81位で初ランクイン。

2018年、『トドメの接吻』で連続ドラマ初主演。

今回のドラマ「グッドドクター(日本版)」でドラマ2作目の主演になります。

瀬戸夏美役:上野樹里

上野樹里

上野樹里さんが演じるのは瀬戸夏美。

一人前の医師を目指し奮闘する小児外科医で、山崎賢人さん演じる新堂湊を何かと気にかけ、面倒を見て支えるという重要な役柄になります。

また、正義感が強く、子どもたちから太陽のように慕われる医師を演じることに。“女優・上野樹里”の、これまで見たことのない新たな魅力がいかんなく発揮されるようです。

上野樹里プロフィール

上野樹里

《本名》
和田 樹里(旧姓:上野)

《芸名》
上野 樹里(うえの じゅり)

《生年月日》
1986年5月25日

《出身》
兵庫県加古川市

《血液型》
A型

《身長》
167cm

《夫》
和田唱(TRICERATOPS)

《家族》
DJ SAORI(長姉)
上野まな(次姉)
和田誠(義父)
平野レミ(義母)
和田明日香(義妹)

《所属事務所》
アミューズ

「初めはモデルか歌手に憧れていたが、母親の『芝居もできたらええのになあ』という言葉で女優を目指し始めた」という上野樹里さん。

映画『スウィングガールズ』やドラマ『のだめカンタービレ』での演技が評価されていますよね。

また、ドラマ『ラスト・フレンズ』では性同一性障害を抱えた男勝りなモトクロス選手を演じるため、役作りで髪を切りベリーショートにして話題になりました。

2016年5月25日、ロックバンド・TRICERATOPSのボーカリスト・和田唱と結婚したことを所属事務所を通して発表。

今回のドラマ「グッドドクター(日本版)」が2年半ぶり、結婚後初の連続ドラマ出演となります。

さらにフジテレビ系ドラマへの出演は『素直になれなくて』(2010年)以来、実に8年ぶり。

医師役は『アリスの棘』(2014年TBS系)で演じた消化器外科医以来2度目となります。

名女優「上野樹里」の演技にぜひご注目ください。

高山誠司役:藤木直人

藤木直人

藤木直人さんが演じるのは、新堂湊と瀬戸夏美たちが勤める小児外科を束ね、抜群に優秀な医師・高山誠司。

子どもたちの命を守る最後の砦(とりで)という責務から来る厳しさのみならず、子どもたちを思う温かさを併せ持つ役どころで見せる“医師・藤木”の新境地にご注目ください。

藤木直人プロフィール

藤木直人

《本名》
藤木 直人(ふじきな おひと)

《生年月日》
1972年7月19日

《出身》
岡山県倉敷市

《血液型》
A型

《身長》
180cm

《妻》
一般女性(2005年に結婚)

《所属事務所》
キューブ

《最終学歴》
早稲田大学理工学部情報学科

高校2年の時に「ミスター佐倉高校」全校1位に思いがけず選ばれたこと、また同2年の17歳でギターに出会ったことが、俳優・音楽業を目指す広い意味でのきっかけなった藤木直人さん。

大学2年に在学中の1993年(平成5年)、ファッション雑誌『メンズノンノ』(集英社)のモデルに自薦応募。

最終審査で落選したものの、芸能事務所の目に留まり、同4年在学中の1995年(平成7年)、映画 『花より男子』(東映版)の花沢類役で俳優デビュー。

1999年7月7日にシングル「世界の果て〜the end of the world〜」でCDデビューを果たしました。

今まで数々の作品で医師役を演じ、日本で最も医師役がハマり、白衣が似合う俳優の1人です。

今回のドラマ「グッドドクター(日本版)」で医師役でのTVドラマ出演は10作品目となり、これまで神経内科医、脳外科医など、さまざまな分野の医師をこれまで演じてきた藤木さんですが、小児外科医は本作が初となります。

間宮啓介役:戸次重幸

戸次重幸

チームナックスの戸次重幸さんが演じるのは病院の小児科長の間宮啓介。

小児外科医としての実力は高山誠司の方が上ですが、名目上のトップは間宮啓介です。

出世と保身が第一で、院内の政治にばかり関心を持ち、そのため現場からは信頼も人望も希薄。

突如、湊を小児外科に迎えることとなり、悩まされることになります。

戸次重幸プロフィール

戸次重幸

《本名》
佐藤 重幸(さとう しげゆき)

《芸名》
戸次 重幸(とつぎ しげゆき)

《生年月日》
1973年11月7日

《出身》
北海道札幌市手稲区

《血液型》
O型

《職業》
俳優・脚本家・演出家・タレント

《妻》
市川由衣(2015年に結婚)

《身長》
173cm

《所属事務所》
CREATIVE OFFICE CUE

手稲高校卒業後の大学浪人時代にテレビで放送されていたブルーリボン賞授賞式にて、イッセー尾形の一人芝居『タクシーを待つ人』に魅せられ、受験をやめて役者になることを決意し、その日のうちに親に宣言するも、「泣いて止められた」ため大学へ進学。

進学先の北海学園大学では演劇研究会に入り舞台活動を始める。

そこで大泉洋・安田顕らと出会い、1回限りのユニットTEAM NACSを結成。

大学卒業後は東京に出て劇団の研究生として役者を続けるつもりだったが、留年中にTEAM NACSが再結成されどんどん大きくなってしまった。

「東京からオファーを受ける」という森崎博之の夢に感化され、ローカルタレントをしながらNACSのメンバーとして活動を続ける道を選ぶ。

2000年に音尾琢真とともに、当時の所属事務所から移籍する形でCREATIVE OFFICE CUEに加入し、タレント活動も並行して行う。

1994-2002年には大泉・音尾・森崎らが所属している劇団イナダ組にも在籍。

2006年12月に大分県出身の母親が死去。

亡き母への思いを込め、2008年1月1日より、母親の旧姓を取った現在の芸名で活動している。

母親の旧姓の戸次は本来「べっき」と読むが、覚えやすく「とつぎ」と読ませている。

亡母の誕生日にあたる2015年9月8日に、2014年のドラマ『おわこんTV』(NHK BSプレミアム)での共演をきっかけに交際をしていた女優の市川由衣と結婚。

2016年4月7日に妻・市川が第1子を妊娠していることを発表、同年9月26日に第1子となる男児が誕生した事を公表。

戸次重幸さんは2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演が決まるなど活躍著しい中、本作は『嫌われる勇気』(2017年)以来のフジテレビ系ドラマ出演。

『嫌われる~』では出世第一の刑事を演じ好演した戸次重幸さんが、今回は医師として、存分に長いものに巻かれるようです。

東郷美智役:中村ゆり

中村ゆり

中村ゆりさんが演じるのは、前理事長の娘。

父の死をきっかけに病院の赤字経営を建て直すために理事長に就任。

実は高山と交際しており、病院のためには不採算な小児外科を廃止するべきだという考えがある一方、恋人の高山を思うと二の足を踏んでしまうジレンマも。

中村ゆりプロフィール

中村ゆり

《名前》
中村 ゆり

《生年月日》
1982年3月15日

《出身》
大阪府寝屋川市

《血液型》
AB型

《身長》
164cm

《国籍》
韓国

《所属事務所》
アルファエージェンシー

中村ゆりさんは、テレビ東京の『ASAYAN』で1996年に開催された歌手オーディションに合格して、友人の伊澤真理とデュオYURIMARIを結成、1998年に歌手としてデビュー。

6枚のシングルと1枚のアルバムを発表[4]。翌1999年にYURIMARIを解散した。

3年間の活動休止期間を経て、映画プロデューサーの勧めでオーディションを受け合格したのをきっかけに、2003年より女優として活動を開始。

以後、映画やテレビドラマ、音楽PVなどで、女優として活動中。

今回の「グッドドクター(日本版)」は『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(2016年)以来のフジテレビ系ドラマ出演。

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』でキャリアウーマンを爽やかに演じた中村さんが、今回はさらに理知的で美しく、そしてトゲを併せ持つ、そんな女性に挑みます。

橋口太郎役:浜野謙太

浜野謙太

浜野謙太さんが演じるのは、医師とともに子どもたちを陰に陽に見守る看護師で、子どもたちからは大の人気者である小児外科のムードメーカー・橋口太郎。

柔和な人柄で、何より子どもを大切にする姿勢は湊と共通するところ。

子どもたちのためなら勇気を振り絞って大胆な行動にうつることもあり、それゆえ湊を陰ながら支える存在になっていきます。

浜野謙太プロフィール

浜野謙太

《本名》
浜野 謙太(はまの けんた)

《ニックネーム》
ハマケン

《生年月日》
1981年8月5日

《出身》
神奈川県

《血液型》
O型

《身長》
157cm

《職業》
ミュージシャン・俳優

《妻》
Agatha(モデル)

《所属事務所》
カクバリズム

浜野謙太さんは高校卒業後、同じ高校の先輩であったSAKEROCKに加入。

当初は正式メンバーではなかったが、メンバーであったキーボードの野村卓史(グッドラックヘイワ)脱退後、新たなメロディ担当としてフロントマンとなる。

そのキャラクターを買われ、2005年に出演した映画『ハチミツとクローバー』を皮切りに、俳優としても様々なドラマ、CMなどに出演中。

浜野謙太さんは今回の「グッドドクター(日本版)」が初の医療ドラマ出演、そして初の看護師役となります。

これまでさまざまな作品で強烈な印象を残してきた浜野さんが本作で、まったく新しい看護師像が楽しめそうです。

猪口隆之介:板尾創路

板尾創路

板尾創路さんが演じるのは病院の副院長。

非常に優秀で頭の回転が速く、人当たりも謙虚ながら、本当は何を考えているか分からない時があり、周りから畏怖の念を抱かれています。

そして胸の内に秘める、とある企てのために、物語をゆるがしていくことになる重要な役どころです。

板尾創路プロフィール

板尾創路

《本名》
板尾 創路(いたお いつじ)

《生年月日》
1963年7月18日

《出身》
大阪府富田林市

《血液型》
A型

《身長》
177cm

《職業》
芸人

《最終学歴》
東大阪大学柏原高等学校卒業

《コンビ》
130R

《相方》
ほんこん

《所属事務所》
よしもとクリエイティブ・エージェンシー

10代の頃にケーキを持って島田紳助の家にいきなり押しかけ、弟子入りを志願したことがある。紳助には当時すでに弟子が1人いたため断られるが、吉本興業のタレント養成所であるNSCへの入学を勧められ、のちに同校の第4期生として入学した。

「Dear ウーマン」(1996年)でドラマデビューを果たし、これまで数々の作品に出演してきました。

医療ドラマ出演は『救命病棟24時~2010年スペシャル~』(2010年)以来8年ぶり、役どころと相まって圧倒的な異彩を画面から放つと期待されています。

司賀明:柄本明

柄本明

柄本明さんが演じるのは、実直かつ温厚な人柄で、湊にとっては父親のような存在、高山にとっては敬愛する恩師。

前理事長の誘いで町の診療所から現在の病院に移り、医師としてのキャリアを積んで院長に就任。

利益よりも子どもたちに有益な医療を目指すことから、院内では批判も渦巻いています。

柄本明プロフィール

柄本明

《本名》
柄本 明(えもと あきら)

《生年月日》
1948年11月3日

《出身》
東京都中央区銀座(旧・木挽町)

《血液型》
B型

《職業》
俳優、コメディアン

《妻》
角替和枝

《家族》
長男:柄本佑
次男:柄本時生
義娘:安藤サクラ

《所属事務所》
ノックアウト

実家が歌舞伎座の裏手にあったこと、映画や演劇好きの両親・家族に囲まれて幼少期を過ごしたことが、俳優を志すきっかけとなった柄本明さん。

工業高校卒業後、商社に就職したが、俳優にあこがれ、金子信雄が主宰する劇団「マールイ」の演劇教室の生徒となり、同じ教室にいた松田優作と知り合う。

1976年、ベンガルさん・綾田俊樹さんと共に劇団東京乾電池を結成。

それ以降、特異な容貌と、独特の存在感で、テレビ、映画等にも出演するようになりました。

『Shall we ダンス?』、『カンゾー先生』、『座頭市』、『悪人』などの映画、『A LIFE〜愛しき人〜』、『妖怪人間ベム』、『とんび』などのドラマに出演。

中でも、1998年公開の映画『カンゾ-先生』で肝臓炎のために町中を奔走する医師役を演じ、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝きました。

あれから20年、今回は湊のため、小児外科のため、そして子どもたちのために奔走する司賀を希代の名優が熱演します。

ドラマ「グッド・ドクター」人物相関図

グッドドクター相関図

ドラマ「グッド・ドクター日本版」のあらすじ

主人公、新堂湊は2人兄弟の次男として生まれ、先天的に自閉症スペクトラム障がい<※注:対人関係や言語の発達に偏りがある者。知的障がいは伴う場合と伴わない場合がある>ながら、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群<※注:特定の分野ですぐれた能力を発揮する者で、知的障がいや発達障がいを有することが多い>の青年。

兄から、たゆみなく愛を注がれて過ごす少年時代、湊の才能に気づいていた兄は湊に、将来、医師になるよう勧めます。

その後、湊は兄とのとある出来事が理由で、町の診療所の医師・司賀明(しが・あきら)に出会い、医師の中でも小児外科医になりたいと思うように。

司賀と仲良くなった湊は診療所に通い詰め、7歳の時にはすでに人体の器官をすべて暗記してしまい、そんな湊の能力に驚いた司賀は、湊が夢を叶えられるよう支えることを決意します。

膨大な医学書すらすべて暗記してしまう湊は、医学部を主席で卒業し、医師国家試験に合格。

そして、大きな病院の院長となった司賀から、自身の病院の小児外科でレジデント<注:後期研修医のこと。医師免許を取得し、さまざまな科を回り臨床経験を積む2年の初期研修を終えた後、後期研修として3~5年、1つの科でさらに専門医を目指して臨床経験を積む専攻医>として働かないか、と声をかけられます。

司賀の誘いにより、レジデントとして小児外科で働くこととなった湊。

その時は科内だけでなく院内の誰も想像すらしていませんでした。トラブルばかりを起こす湊から逆に、医師として大切なことを教えてもらうことになるとは。

子どもという存在、医師という存在に、これほどまで深く向き合うことになるとは。

「すべての子どもを大人にしたい」という湊のぬくもりが患者の子ども、兄弟、親、そして病院を変えていくことになろうとは―。

ドラマ「グッドドクター日本版」の原作やスタッフについて

《原作》
「グッド・ドクター」(©︎KBS. 脚本 パク・ジェボム)

《脚 本》
徳永友一(『海月姫』、『刑事ゆがみ』、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』、『水球ヤンキース』ほか)

大北はるか(『刑事ゆがみ』、『好きな人がいること』ほか)

《医療監修》
・小児外科
浮山越史(杏林大学病院)
渡邉佳子(杏林大学病院)

・自閉症スペクトラム障がい
西脇俊二(ハタイクリニック)

《取材協力》
高田哲也(日吉メディカルクリニック)

《プロデュース》
藤野良太(『刑事ゆがみ』、『好きな人がいること』、『恋仲』、『水球ヤンキース』ほか)
金城綾香(『営業部長 吉良奈津子』、『5→9~私に恋したお坊さん』ほか)

《協力プロデュース》
西坂瑞城(『貴族探偵』、『カインとアベル』ほか)

《演出》
金井紘(『コンフィデンスマンJP』『好きな人がいること』、『ナオミとカナコ』、『恋仲』ほか)

相沢秀幸(『隣の家族は青く見える』、『民衆の敵』ほか)

《制作》
フジテレビ

プロデューサーの藤野良太さんは「山崎賢人さん演じる新堂湊の指導医となるヒロインの瀬戸夏美役は上野樹里さんに演じていただきます。この役は最初から上野樹里さんを思い浮かべながらキャラクターをデザインしていきました。夏美の、小児外科医という仕事に対してどこまでも真摯(しんし)に向き合う様は、どこか上野さんのパーソナリティと重なる所があります。」とコメントするほど、上野樹里さんの演技と元々もっている雰囲気にかなり期待している様子。

ドラマ「グッド・ドクター」原作の韓国ドラマのストーリーは?

『グッド・ドクター』は、2013年に韓国で放送、2017年に『グッド・ドクター 名医の条件』としてアメリカでも連続ドラマ化された、同名作の連続ドラマ『グッド・ドクター』を原作に、日本の小児外科の現状に合わせて描いています。

原作となる韓国ドラマのストーリーは以下のとおりです。

 天才的暗記能力と空間認識能力をもつ〈サヴァン症候群〉の青年パク・シオンは、幼い頃に出会った医師チェ・ウソクにその才能を見出され、医師の道を目指す。

だが、病歴が問題視されたシオンは専門医国家試験で不合格処分となる。

合格を認めてもらうため、ウソクが病院院長を務めるソンウォン大学病院で医師としての能力が検証されることになる。

例のないことに医師たちは不安を抱くが、シオンが偶然遭遇した事故現場での応急処置をする動画がネットで話題となり、小児外科のレジデントとして特別採用することに。

小児外科副教授で、ウソクの弟子でもあるキム・ドハンは、自分の科にシオンが来ることに納得がいかないが、恩師で信頼を置くウソクに頼まれ、仕方なくシオンを受け入れる。

そんな中、病院の寮に入ったシオンは、酔って部屋を間違えて眠ってしまった小児外科フェローのチャ・ユンソと出会う。

翌朝、目覚めて驚くユンソだが、一風変わったシオンに興味を抱く。その日からシオンの小児外科レジデントとしての日々が始まるが、患者を助けたい一心で無謀なことをし、初日から騒動を起こしてしまう。

「トラブルメーカー」の烙印を押され、周囲から厳しい目で見られるシオンだが、小児外科医になるという夢を叶えるべく、日々奮闘していく。

しかし一方で、病院内にはシオンを利用し、病院院長のウソクを失脚させようとする動きがあり…。

韓国では放送初回から最終回まで同時間枠の視聴率1位を独走し、最高視聴率21.5%を記録ほどの大ヒット作です。

その後、2017年にアメリカでもドラマ化。

今回の山崎賢人さん主演の「グッドドクター」は舞台を日本に置き換えたリメイクドラマなので、原作との違いも結構あるようです。

主人公の設定は同じですが、あらすじを見ても細かい点に違いがあります。

【グッドドクター】原作の韓国版と日本版の違いまとめ

・原作の韓国版では病歴が問題視された主人公は専門医国家試験で不合格処分となりますが、日本版では医学部を主席で卒業し、医師国家試験に合格。

・韓国版では、主人公が偶然遭遇した事故現場での応急処置をする動画がネットで話題となり、小児外科のレジデントとして特別採用することになりますが、日本版では、大きな病院の院長となった柄本明さん演じる司賀明から、自身の病院の小児外科でレジデントとして働かないか、と声をかけられ小児外科にやってくる。

・藤野良太プロデューサーが「本作品では2018年の小児医療にまつわる問題点にスポットライトを当て、その最前線で戦う小児外科医たちの姿を描きたいと思っています。」とコメントしているため、おそらく日本版オリジナルの最新ストーリーが追加される。

原作が韓国で公開されたのが2013年ですから、おそらく上記以外にも原作の韓国版と日本版とでは違いが出てくるでしょうね。

新しく情報が入ったら追記しますね。

ドラマ「グッドドクター日本版」のロケ地はどこ?

2018年7月からの新ドラマ「グッドドクター日本版」のロケ地についても気になりますよね。

ですが、今のところ有力な情報は入ってきていません。

取材協力している「日吉メディカルクリニック」は慶應義塾大学キャンパスの生協館の中にあり、それほど大きくないので、こちらで撮影は行わないでしょう。

また、監修として杏林大学病院の浮山越史さんと渡邉佳子さんが参加していますが、こちらでも撮影はしていないでしょうね。

この「総合受付」はどこの病院なのでしょうか。

情報が入りましたら、追記しますね。

ドラマ「グッドドクター日本版」の主題歌はどのアーティスト?

グッド・ドクター

「グッド・ドクター」の主題歌はandropの新曲「Hikari」という曲です。

この新曲「Hikari」は8月29日にandropのニューシングルとして発売することが決定し、CDジャケットと新ビジュアルも公開されました。

「グッド・ドクター」のストーリーとともに、心に深く残る1曲「Hikari」にご期待ください!

ドラマ「グッドドクター日本版」の視聴率はどうなる?

イケメン俳優の山崎賢人さんが主演することで注目されているドラマ「グッドドクター日本版」ですが、視聴率はどうなるでしょうかね。

山崎賢人さんとしては、2018年1月期に主演を努めたドラマ『トドメの接吻』で全話平均視聴率6.9%と、伸びなかったために今回の「グッドドクター日本版」がリベンジの場となりそうです。

 ですが、今回「グッドドクター日本版」が放送されるフジテレビの木曜10時枠で、高視聴率を取るのは簡単ではなさそうです。

というのも、フジテレビの木曜10時枠のドラマは、篠原涼子主演の「オトナ女子」、松嶋菜々子主演の「営業部長 吉良奈津子」、天海祐希主演の「Chef〜三ツ星の給食〜」など、大物女優が主演を努めていてもかなり苦戦しています。

また、2018年4月期の「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐」の視聴率も低調。

このまま行けば、全話平均の視聴率は一桁確実です。

そんな苦しい時間帯で、若い女性から絶大な支持を得る山崎賢人さんや久々のドラマ出演となる上野樹里さんの活躍が視聴率の鍵を握りそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は2018年7月12日から放送開始するドラマ「グッド・ドクター」のあらすじ、出演者の人物相関図、原作の韓国ドラマのストーリーをまとめました。

障害というハンデをもった主人公のストーリーがとても気になりますね!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
文化
スポンサーリンク
リバティ