ドラマ・チアダンのあらすじ(ネタバレ)やキャスト相関図まとめ!ロケ地はどこ?

チアダン文化
スポンサーリンク

大人気映画「チアダン」の続編となるドラマが2018年7月より放送開始となります。

主演は土屋太鳳さんが演じ、オダギリジョーさんやバブリーダンスが話題となった大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン・伊原六花さんなどが出演することが決まりました。

今回は、映画版の「チアダン」を見てないあなたでもドラマ版「チアダン」を楽しめるように、映画のストーリーをおさらいし、ドラマ版のあらすじ、キャスト、相関図、ロケ地などをご紹介します。

この記事を読めば、ドラマ版「チアダン」がより楽しめますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサードリンク


目次

そもそも”チアダン”とは?

映画「チアダン」を見たことのあれば、すでにご存知だとは思いますが、見ていない人の中には「チアダンて何よ!?」と思う方といるはずです。

そこで、ドラマのあらすじ等に入る前に、そもそもチアダンとなにかについてご紹介します。

「チアダン」は”チアリーディング+ダンス”

チアダンはなにかの略語っぽい雰囲気は出ていますよね。

それに気づいた方は勘がいいです!

チアダンとは、スポーツの応援で知られる”チアリーディング”と”ダンス”を合わせた「チアダンス」の略です。

チアリーディングはアメリカのプロバスケットボールのNBAやアメフトのNFLなどで有名ですよね。

チアダンスは、そのチアリーディングから派生し、独立した競技スポーツなんです。

したがって、ただスポーツを応援するというものではなく、”魅せる応援”で競い合う訳です。

競技スポーツ「チアダン」の歴史は?

そもそものチアリーディングは1869年にアメリカのプリンストン大学の学生がアメリカンフットボールの選手を応援するためにおこなったことが始まりと言われていて、当時は男子学生が応援していたそうです。

このようにチアリーディングの歴史は長いので、多くの人に知られています。

しかし、「チアダン」こと、「チアダンス」は、「チアリーディング」から派生した競技スポーツだとご紹介しましたが、実はその歴史も結構長いんです。

チアダンスは、20世紀初頭に高校教師のケイ・ティア クロフォード女史が素行の悪い女生徒達を更生させる為に考案した種目とされています。

当時スポーツをするフィールドは一部の例外を除き男性の領域で女性はスタンドで観戦・応援するのみでしたので暇を持て余していた。

当時、チアダンスは「ドリルチーム」や「ドリルダンス」と言われていました。

ドリルとは軍隊の行進の様に全員が同じ行動をし正確であったのでミリタリープレシジョン(軍隊的正確さ)とも呼ばれており、その後ダンスの種類も増えこの規則正しく美しいフォーメーションが女生徒達の間で大人気となりいつしか「品行方正」「容姿端麗」「成績優秀」でないとドリルチームには入れないとされてきました。

つまりは、不良の女の子にさせていたわけですねw

日本では、2005年に日本チアダンス協会は(JCDA)設立され、2001年12月に第1回全日本チアダンス選手権大会が開催されています。

「チアダン」の大会に主に3つの部門がある

一言で「チアダンス」と言ってもその大会はPom(ポン)部門、Hip Hop(ヒップホップ)部門、Jazz(ジャズ)部門の3つの部門に分かれています。

「Pom部門」は手に持っている2つのポンポンをメインにダンスをおこない、ポンポンをどれだけ効果的に使用できるかが採点の基準になります。

「Hip Hop部門」は、ヒップホップをはじめとするストリートスタイルと呼ばれる動きやリズムを取り入れて演技をし。チームでいかに同調性がある演技ができるかが重要視されています。

最後に「Jazz部門」は、バレエを基礎とした動きやリズムを取り入れて演技し。チームでいかに同調性がある演技ができるかが採点ポイントになります。

大会によっては、もっと複雑な部門に分かれていることもあります。

実際に映画「チアダン」のモデルになった福井県の福井商業高校チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」が出場した全米選手権では、インターナショナルチームパフォーマンス部門という部門で優勝しています。

ちなみに、「JETS(ジェッツ)」は今でも活動を続けていて、直近では2013年から5年連続で全米チャンピオンに輝いています。

すごすぎますよね!

《2016年の全米大会の様子がこちら》

いかがでしたでしょうか?

少しは「チアダン」こと「チアダンス」についてご理解いただけただけましたか?

それでは、本題に入りましょう。

2018年7月スタートの新ドラマ「チアダン」は映画版の続編

2018年7月から放送開始となる、ドラマ版「チアダン」を見る前に、映画版「チアダン」(正式には「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」)をおさらいしましょう。

映画版「チアダン」をおさらい!ストーリーはノンフィクションだった!

広瀬すず主演の映画版『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は2017年3月に公開し、興行収入13億円(2017年上期)のヒットを記録しました。

実はこのストーリーはノンフィクションだったんです。

福井県の福井商業高校チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」が2006年の創部から僅か3年で全米チアダンス選手権大会優勝を成し遂げた実はを映画化したものです。

実は、その後「JETS」は同大会で4連覇。同大会・インターナショナルチームパフォーマンス部門で5連覇(2017年3月時点)と偉業を果たしています。

“全米優勝”というにわかには信じられない出来事ですが、れっきとした実話です。

ドラマ「チアダン」はオリジナルストーリー

それでは、そんな大人気映画の続編となる今回のドラマ版「チアダン」はどうなのかというと。

初めて全米優勝した2009年から9年後という設定のオリジナルストーリー、つまり実話ではありません。

映画「チアダン」の雰囲気を引き継いだ、高校生の熱い姿が描かれているようです。

実話は実話でもちろん感動しますが、オリジナルストーリーだと最終回の結末がわからない分、楽しめますよね。

ハッピーエンドなのか、それとも・・・

あなたは最終回の結末をどう予想しますか?

続いて、ドラマ版のキャストをご紹介しますね。

ドラマ「チアダン」のキャスト一覧

ドラマ「チアダン」一覧
藤谷わかば(ふじたにわかば):土屋太鳳
桐生汐里(きりゅうしおり):石井杏奈
桜沢麻子(さくらざわあさこ):佐久間由衣
柴田茉希(しばたまき):山本舞香
栗原渚(くりはらなぎさ):朝比奈彩
榎木妙子(えのきたえこ):大友花恋
橘穂香(たちばなほのか):箭内夢菜
蓮実琴(はすみこと):志田彩良
柳沢有紀(やなぎさわゆき):八木莉可子
麻生芙美(あそうふみ):伊原六花
梶山カンナ(かじやまかんな):足立佳奈
稲森 望(いなもりのぞみ):堀田真由
芦田さくら(あしださくら):福地桃子
友永ひかり(ともなが・ひかり):広瀬すず
花房月子(はなふさつきこ):小倉優香
三枝美菜(さえぐさみな):石崎なつみ
樫村恵理(かしむらえり):坂ノ上 茜
菅沼 香(すがぬまかおり):溝口 恵
大竹真子(おおたけまこ):守屋ことり
武藤夕実(むとうゆみ):佐生 雪
杉原正道(すぎはらまさみち):本多 力
松井市子(まついいちこ):森矢カンナ
菊池恭介(きくちきょうすけ):木原勝利
藤谷勝也(ふじたにかつや):高橋和也
藤谷房子(ふじたにふさこ):紺野まひる
漆戸今日子(うるしどきょうこ):松本若菜
蒲生駒子(がもうこまこ):阿川佐和子
桜沢伸介(さくらざわしんすけ):木下ほうか
漆戸太郎(うるしどたろう):オダギリジョー

注目キャストを紹介!

主人公・藤谷わかば(ふじたにわかば):土屋太鳳

土屋太鳳

金曜ドラマ『チアダン』の主演は、今年も数々の主演映画の公開が控えており、3歳から日本舞踊、クラシックバレエなどを習い、その類まれな運動神経が話題となっている土屋太鳳さん。

まさに、チアダンの主演にはもってこいの女優さんですね!

また、土屋太鳳さんはGP帯の連続ドラマ初主演ですので、どんな演技を見せてくれるか楽しみです。

やる気ゼロのチアダンス部顧問・漆戸太郎(うるしどたろう):オダギリジョー

チアダン

オダギリジョーさんが演じるのはやる気ゼロのダメ教師、漆戸太郎(うるしど・たろう)。

ダンス経験も無く、チアダンス部の顧問など自分に務まるはずがないと拒否していたが、わかばたちの熱い想いに巻き込まれる形で、結果的に顧問を引き受けることになります。

そんな太郎は最初からやる気ゼロな教師だったわけではなく、かつては金八先生に憧れ、夢中で生徒指導に邁進する教師であったが、前任校で起こったある出来事で夢を失い、心が折れてしまった。しばらく休職していたが、かつての恩師である福井県立福井西高等学校の校長に声をかけられ、復帰することに。

夢に破れ挫折した中年教師が「打倒JETS!全米制覇!」という、できっこない夢に突き進む少女らと一緒に、熱いチアダンスの世界へと足を踏み入れ、教えることへの情熱を取り戻し再生していきます。

オダギリジョーさんが連続ドラマにレギュラー出演するのは『重版出来!』(2016年・TBS)以来。

今作では大人の色気漂うこれまでのオダギリとは違う、ドンくさく、生徒になめられている事すら気にしない役どころです。

チアダンス部・桐生汐里(きりゅうしおり):石井杏奈

チアダン

東京から引っ越してきた美少女。

高校1年生の時に東京代表としてチアダンス大会に出場するも、汐里のミスでJETSに敗れたという因縁から「打倒JETS」に燃え、福井西高校に転校してきた。

JETSに負けた時に失った自信を取り戻すことに必死であるが、それを周囲には見せないようにしている。

人の悪い面が気になるとつい、口に出してしまうタイプ。

悪気のない猪突猛進さで、やや協調性に欠けるがやりたいことにはまっすぐ。

石井杏奈さんは「E-girls」に所属しながら、女優としても活躍中。

2015年には映画「ガールズ・ステップ」、「ソロモンの偽証」で第58回ブルーリボン賞新人賞を受賞。

その後、映画「四月は君の嘘」(2016年)、 TBS日曜劇場『仰げば尊し』(2016年)、映画「心が叫びたがってるんだ。」(2017年)など数々の話題作に出演し注目されています。

学級委員長・桜沢麻子(さくらざわあさこ):佐久間由衣

チアダン

わかばのクラスの学級委員を務めており、生徒会役員でもある。

成績優秀で、この学校から一流大学を狙える期待の星。

チアダンス部発足問題で、クラスの和を乱すわかばたちに口うるさく注意する。

父親である教頭、そして周囲の期待に応えるため、プレッシャーを感じながらも学業に勤しむが、実は勉強以外に本当にやりたいことを抱えている。

ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルを経て、映画「人狼ゲーム ビーストサイド」 (2014年)で女優デビューした佐久間由衣さん。

ドラマ『トランジットガールズ』(2015年・ CX)で主演を務め、同性愛者という難しい役どころを見事に演じ話題になりました。

また、昨年放送のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』では、ヒロインの幼馴染役を好演、瞬く間にお茶の間の顔に。

その後数々の ドラマに出演するとともに、広瀬すずや吉岡里帆などが務め、次世代女優の登竜門と言われている「ゼク シィ」10代目CMガールに抜擢。

他にも多数のCMに出演し、来年には映画の公開も控える今年期待大の若手女優ですね。

チアダンス部・柴田茉希(しばたまき):山本舞香

チアダン

中学の時にある事件を起こし、それがきっかけで全ての人と距離を置くようになる。

高校も不登校気味で孤独に路上で踊っているところをわかばたちにスカウトされる。

最初は無視していたが、諦めずに誘いにくるわかばたちに少しずつ心が揺れていく。

山本舞香さんは昨年4月から『王様のブランチ』にレギュラー出演中。

ドラマ『南くんの 恋人〜my little lover』(2015年・CX)や映画「桜ノ雨」(2016年)で主演を務め、昨年公開された映画「ひるなかの流星」、「未成年だけどコドモじゃない」、「ブルーハーツが聴こえる」にも出演。

今年も「恋は雨上がりのように」、「SUNNY強い気持ち・強い愛」といった出演映画の公開が控えている注目の若手女優です。

チアダンス部・栗原渚(くりはらなぎさ):朝比奈彩

チアダン

陸上部に所属している体育会系女子。

わかばの足の速さに目をつけ、陸上部に誘い続けていたが、逆にわかばにチアダンス部に誘われチアダンス部に入部する。

友達も多く、わりとあっけらかんとしたタイプ。

人にダメ出しばかりする汐里としょっちゅう喧嘩になる。

朝比奈彩さんは、2014年に三愛水着のイメージガールに選ばれ、ファッション雑誌「Ray」で専属モデルを務め、持ち前の明るいキャラクターでドラマやCMをはじめ、バラエティ番組のMCなど幅広く活躍している。

また朝比奈演じる渚は、陸上部とチアダンス部を掛け持ちする体育会系な役どころ。

朝比奈も小学校から高校まで陸上部に所属しており、まさにハマり役となりそうです。

チアダンス部・榎木妙子(えのきたえこ):大友花恋

チアダン

家が中華料理店。

年下の兄弟たちのお守りをしながら、両親を助けるために最近は店を手伝うように。

父の作るまかない料理をつい食べ過ぎて、ダイエットのためにチアダンス部に入部する。

ダンスは下手で、自分が足を引っ張っているのが分かるので、つい気を遣いがち。とにかく場を和ませようと変なフォローをするが、逆に怒られるタイプ。

大友花恋さんは、2012年に女優デビュー後、『恋仲』(2015年・CX)、『こえ恋』 (2016年・TX)、『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(2018年・TX)など数々の話題作に出演。

女優業の一方、「ミスセブンティーン2013」でクランプリを受賞し、ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルも務めています。

若手女優の登竜門と言われる「第95回全国高校サッカー選手権大会」 第12代目応援マネージャーに抜擢後、昨年は4作品のドラマに出演。

映画「君の膵臓をたべたい」 (2017年)ではヒロインの親友を好演し、舞台「大きな虹のあとで〜不動四兄弟〜」ではヒロインを演じるなど成長著しい若手女優と言えるでしょう。

また大友も昨年4月から『王様のブランチ』にレギュラー出演中。

チアダンス部・橘穂香(たちばなほのか):箭内夢菜

チアダン

バレエの経験者。

福井でバレエを習ったくらいではプロになれないと諦めて受験の道を選ぶ。

冷静沈着な現実主義者で、わかばや汐里のポジティブな行動には呆れつつもうらやましいと思うことも。

中学から一緒である茉希の過去を唯一知っており、苦手意識を持っている。

箭内夢菜さんは「ミスセブンティーン2017」でクランプリを受賞。

大友花恋さんと同じく雑誌「Seventeen」で専属モデルとして活躍中。

さらに、イミュdejavu 「塗るつけまつげ」をはじめ、 多数のCMに出演、CM業界も次世代のヒロイン候補として注目する期待の新星。

そんな箭内は中学の頃、器械体操を経験しており、役柄とマッチした持ち前の柔軟性を披露してくれるでしょう。

チアダンス部・蓮実琴(はすみこと):志田彩良

チアダン

日舞の家元の娘。声が小さく、感情を表に出さないというか出せない。

お喋りが苦手で人見知り。

だから友達がなかなかできず、わかばにチアダンス部に誘って貰えた時は本当にうれしかったが、感情が上手く表現できないため、あまりそれが伝わらないタイプ。

志田彩良さんはファッション雑誌「ピチレモン」で専属モデルデビュー後、初のオーディションで初主演となった映画「サルビア」(2014年)でスクリーンデビュー。

その後、映画「わたしのまち」(2015年)でも主演を務め、映画「ひかりのたび」(2017年)では長編映画初主演、今年2月に公開された映画「パンとバスと二度目のハツコイ」にも出演しています。

凛とした佇まいが印象的で、初の連ドラ出演で、 映画で磨かれた演技力が発揮されることが楽しみですね。

藤谷わかばの親友・柳沢有紀(やなぎさわゆき):八木莉可子

八木莉可子

わかばの親友。

運動が苦手でチアダンスには全く興味がないが、わかば達の活動は応援している。

わかばもチアダンス部員には打ち明けられない悩みなどを、有紀には相談したりしている。

文化系でイラストを描くのが好き。

1年生・麻生芙美(あそうふみ):伊原六花

チアダン

土屋演じる主人公が通う高校のチアリーダー部の後輩役として、昨年の日本高校ダンス部選手権大会(ダンススタジアム)で荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせて“バブリーダンス”を披露し準優勝した、大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン・伊原六花さんが出演。

昨年YouTubeに投稿されたバブリーダンスの動画が約500万回再生されるなど話題が話題を呼び、「ダンシング・ヒーロー」を歌う荻野目洋子と共に『輝く!日本レコード大賞』(TBS)に出演、大晦日には『NHK紅白歌合戦』にも出演し、一躍社会現象を巻き起こした大阪府立登美丘高校ダンス部。この3月に高校を卒業した伊原は、これが芸能活動開始後初のドラマ出演となる。

話題となった動画はこちら↓↓

伊原六花さんが演じるのは、土屋演じる主人公・藤谷わかばが入るチアリーダー部の後輩・麻生芙美。

芙美は、人見知りな性格だったが中学時代からの友人に強引にチアリーダー部に誘われ、みんなと応援するチアの楽しさにふれ明るくなった。

わかばたちがチアリーダー部と別れてチアダンス部を作ると、チアダンスへの憧れから入りたい気持ちを持つが、反発するチアリーダー部の先輩たちとの間で板ばさみになり、決心する事が出来ない。

だが、次第にひたむきに踊るわかばたちの姿に心を打たれ、チアダンス部結成後初の1年生メンバーとなる…という役どころ。

1年生・梶山カンナ(かじやまかんな):足立佳奈

足立佳奈

チアリーダー部に所属している1年生。

同じく1年生のチアリーダー部の芙美(伊原六花)と仲が良い。

わかばたちがチアダンス部を作ったときに内心は入りたい気持ちを持つが、反発するチアリーダー部の先輩たちと波風を立ててまで入る決心をすることができずにいる。

足立佳奈さんは「LINE×SONY MUSICオーディション」でグランプリを獲得し、その後シンガーソングライターとして活躍。

Twitterのフォロワー数が30万を超える など、若者を中心に絶大な支持を得ています。

チアリーダー部部長・稲森 望(いなもりのぞみ):堀田真由

堀田真由

チアリーダー部に所属している2年生。

3年生引退後、チアリーダー部の部長になる。共にチアリーダーの部員として頑張ってきたわかばが、急にチアダンス部をつくったことに反発。

勝気な性格でチアダンス部を敵視し、何度もぶつかる。

6歳からバレエを習い培った柔軟性で今作でのダンスも期待がかかる堀田真由さんは、2017年下半期のNHK連続ドラマ小説『わろてんか』でヒロインの妹を演じるなど若手女優として注目されています。

また、広瀬すずや平祐奈などが務めたショッピングモール「コクーンシティ」のイメージキャラクターに選ばれているんです。

2年生・芦田さくら(あしださくら):福地桃子

福地桃子

チアリーダー部に所属している2年生。

チアリーダー部のナンバー2的存在。

オシャレが大好きで、チアリーダー部には野球部の応援をしたくて入部した。

福地桃子さんは現在放送中の金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』でカフェ店員役を好演、また2019年度のNHK連続ドラマ小説『なつぞら』にも出演が決定している。

ちなみに、俳優の哀川翔さんの娘さんです。

2年生・三枝美菜(さえぐさみな):石崎なつみ

石崎なつみ

チアリーダー部に所属している2年生。

お菓子が好きで、体重の増加が悩みの種。

実は優れた運動神経の持ち主。

石崎なつみさんは実は自身がチアダンスで全国大会に出場した経験の持ち主。

昨年公開した映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」や「ぐちゃぐちゃ」、「春なれや」などに出演している。

2年生・樫村恵理(かしむらえり):坂ノ上 茜

坂ノ上 茜

チアリーダー部に所属している2年生。

流行に敏感で、メイク時間は一番長い。

気が強く武闘派の一面も。

坂ノ上茜さんは現在『王様のブランチ』でリポーターを務め、MVやCMなどにも数多く出演中。

2年制・菅沼 香(すがぬまかおり):溝口 恵

溝口 恵

チアリーダー部に所属している2年生。

校内でも目立つ派手なタイプ。

チアリーダー部のムードメーカー。

溝口恵さんはファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルを経て、映画やドラマ、CMなど数多くの作品に出演しています。

1年生・大竹真子(おおたけまこ):守屋ことり

守屋ことり

チアリーダー部に所属している1年生。

先輩には絶対服従する典型的後輩キャラ。

1年生のまとめ役。

今作がドラマ初出演となる守屋ことりさんは、幼少期からクラシックバレエを習い、国際的に活躍する若者を輩出するユースシアター(劇団)「ユースシアタージャパン」で演技やダンスを学んできたそう。

今年8月公開予定の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」にも出演が決定しています。

福井中央高校チアリーダー部「JETS」の現役センター花房月子役:小倉優香

チアダン

劇中で土屋演じる藤谷わかばが所属する福井西高校チアダンス部からは手の届かない強力なライバルとして登場する、福井中央高校チアリーダー部「JETS」の現役センター・花房月子(はなふさ・つきこ)を小倉優香さんが演じることが決定。

小倉優香さんは8頭身の均整のとれたスタイルからグラビアやバラエティで活躍しており、女優としても数々の作品に出演しています。

そんな彼女は実はチアダンスの経験者で、小・中学生の頃に千葉県の競技チアダンスチーム「☆SHINING☆PLANETS☆(シャイニングプラネッツ)」に所属。

2010年に行われたUSAオールスターチャンピョンシップスのソングリーディング部門で優勝を果たし、全米制覇の偉業を達成している。

今回の役柄同様にチームのキャプテンを務めていたこともあり、本物の『チア☆ダン』サクセスストーリーを成しえた彼女ならではの、ダンステクニックやチアダンスにかける熱い気持ちが伝わってくるこのハマリ役に注目が集まっています。

福井中央高校「JETS」のコーチ・友永ひかり(ともなが・ひかり):広瀬すず

チアダン

福井中央高校「JETS」のコーチ。

全米優勝を果たした初代「JETS」のセンターで、わかばの憧れの存在。

いまは母校に教師として戻り、副顧問兼コーチとして後輩を指導している。

1年生・武藤夕実(むとうゆみ):佐生 雪

佐生 雪

チアリーダー部に所属している1年生。

あまり物事を深く考えないあっけら感としたタイプ。

チアリーダー部で自分が一番かわいいと思っている。

佐生雪さんは今年3月公開の映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」や、今年の夏に公開する映画「センセイ君主」などに出演、今作が連続ドラマ初出演となります。

英語教師・杉原正道(すぎはらまさみち):本多 力

チアダン

福井西高等学校の英語教師・杉原正道(すぎはら・まさみち)を演じるのは本多力さん。

本多力さんはヨーロッパ企画のメンバーとして舞台を中心に活躍しており、映画「バクマン。」やドラマ「家売るオンナ」(NTV・2016年)などにも出演。

さらに、ラジオのパーソナリティを務めるなど多才に活躍している話題の俳優です。

生物教師・松井市子(まついいちこ):森矢カンナ

チアダン

福井西高等学校の生物教師。

ふたりの子を持つ母。

副顧問を3つ兼任中。

体育教師・菊池恭介(きくちきょうすけ):木原勝利

チアダン

福井西高等学校の体育教師。

野球部顧問。

藤谷わかばの父親・藤谷勝也(ふじたにかつや):高橋和也

チアダン

わかばの父。

福井市で眼鏡作りを行う従業員3人の小さな会社を長く営んでいる。

藤谷わかばの母親・藤谷房子(ふじたにふさこ):紺野まひる

チアダン

わかばの母。

わかばとわかばと姉の2人の娘を育てながら、夫・勝也と苦労して会社を営んできた。

娘2人の良き理解者だが、苦労して会社を営んできた勝也の思いを誰よりも知り尊重している。

漆戸太郎の妻・漆戸今日子(うるしどきょうこ):松本若菜

チアダン

太郎の妻。

大学で准教授をしており、バイオの研究者として日々ウィルスや細菌、カビについて研究しつつ、授業をするという多忙の日々を送っている。

生徒たちからの人気は高く、最近ではネットメディアで人気の美人准教授として講演依頼も増えている。

福井西高等学校校長・蒲生駒子(がもうこまこ):阿川佐和子

チアダン

福井西高等学校の校長。

かつては競泳オリンピック選手を育て上げた鬼教師だった。

しかし、学校の教育方針の転換と時代の変化で、いまは「ホトケの駒ちゃん」になっている。

しかし、小柄で短い髪、ぴんと伸びた背筋にかつての面影を見ることが出来る。

わかばたちの情熱につき動かされ、チアダンス部を応援する。

そして、自信を失いまくっていた無気力中年教師の太郎の心に「情熱の炎」がくすぶっていることを見抜き、チアダンス部を任せることにする。

福井西高等学校教頭・桜沢伸介(さくらざわしんすけ):木下ほうか

チアダン

福井西高等学校の教頭。

木下麻子(佐久間由衣)の父。

予算をいかに効率よく削減するかに情熱をかける、通称「福井西の勘定方」。

「スマートスクール」化に向けて実績を積み上げ、1日でも早く校長の座に就きたいのが本音。

一方で、先生たちの多忙化防止に苦慮し、先生たちの負担を減らすことにひとり向き合い、自ら嫌われ役を引き受けている状況に辛さも。

娘・麻子への束縛は愛情の裏返しなのだが、上手く伝えられない不器用な一面もある。

脚本、演出などのスタッフまとめ

ドラマ「チアダン」で、脚本や演出を担当するスタッフをまとめてみました。

ドラマ「チアダン」スタッフ一覧
《脚本》

・後藤法子:『チーム・バチスタ シリーズ』(CX・2008年〜2014年)、『神様のカルテ』(2011年、2014年)、『銭の戦争』(CX・2015年)、『家族ノカタチ』(TBS・2016年)、『嘘の戦争』(CX・2017年)ほか)

・徳尾浩司:『きみが心に棲みついた』(TBS・2018年)、『おっさんずラブ』(EX・2018年)ほか

《プロデューサー》
韓 哲

《協力プロデューサー》
高山暢比古

《演出》
福田亮介
金子文紀

《製作著作》
TBS

脚本を担当しているのが、「チーム・バチスタ シリーズ」などを担当した後藤法子さんと最近めちゃくちゃ話題になった「おっさんずラブ」を担当した徳尾浩司さんということで、かなり期待できますね。

人気映画の続編ドラマで視聴率が伸び悩むことって往々にしてありえますが、今回の「チアダン」は勢いのあるスタッフ陣が作っていますので、面白くなりそうです!

ドラマ「チアダン」のあらすじ

幼い頃に強豪チアリーダー部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った主人公の藤谷わかば(土屋太鳳)が、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、「JETS」のある高校の受験に失敗。

いつしかチアダンスさえ「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、勉強も運動も中途ハンパな隣町の高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。

そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。

その言葉がわかばのくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や、挫折したダメ中年教師の漆戸太郎(オダギリジョー)と共に泣き笑い、成長し、「打倒JETS! 全米制覇!」というありえない夢を追いかけ全てをかけて挑戦する青春ストーリー!

ドラマ「チアダン」人物相関図

チアダン_相関図

ドラマ「チアダン」のロケ地は?

映画版の「チアダン」では、新潟県立西川竹園高等学校をはじめ、新潟県内の公園や競技場でロケが行われました。

チアダン

チアダン

ドラマ版「チアダン」ではどのような場所がロケ地として使われているのでしょうか?

わかっている範囲でまとめてみました。

福井県永平寺町・福井県立大学永平寺キャンパス

福井県でのロケ地の一つです。

福井県立大学永平寺キャンパスですね。

Twitterでの目撃情報が多数ありました。

福井県福井市・福井商業高校

こちらも福井県でのロケです。

映画「チアダン」のモデルになった、福井商業高校ですね。

こちらでは、おそらく広瀬すずさん演じる友永ひかりがコーチとしているチアダンス部「JETS」の収録があったのではないでしょうか。

神奈川県・大和市立光丘中学校

こちらは目撃情報ではなくエキストラの募集がありましたので、ロケ地として間違いないですね。

この光丘中学校がメインのロケ地ではないかと言われています。

もしそうだとしたら、土屋太鳳さんだけでなく、他のキャストにも出会える可能性大ですね。

福井県・敦賀市総合運動公園野球場

こちらもエキストラ募集がありましので、ロケ地として間違いないですね。

こう見るとやっぱり福井県ロケの割合が多いですよね。

福井県坂井市・「SUPER CENTER PLANT-2 坂井店」

福井県坂井市坂井町にある大型スーパーセンター「SUPER CENTER PLANT-2 坂井店」。

5月22日にこちらでオダギリジョーさんが撮影をしていたという目撃情報が!

福井県・JR福井駅前西口広場(恐竜広場)

JR福井駅西口にある駅前広場。通称、「恐竜広場」と言われていますね。5月23日にここで土屋太鳳が撮影をしていたという目撃情報がありました。

福井県福井市・啓新高校

この啓新高校ではテレビ番組「ニンゲン観察バラエティ・モニタリング」の収録が行われたようです。

きっとドラマ「チアダン」の番宣での出演でしょうね。

東京都日野市・JR豊田駅付近のトムスポーツアカデミー前

JR中央線豊田駅から徒歩10分ほどの場所にあるスポーツクラブ「トムスポーツアカデミー」。

5月14日にここで土屋太鳳さんと石井杏奈さんたちが撮影をしていたという目撃情報がありました。

神奈川県・「セブンイレブン」厚木工業団地店

神奈川県厚木市にある「セブンイレブン」厚木工業団地店。

6月4日にここで土屋太鳳が撮影をしていたという目撃情報がありました。

その他

海での撮影もあったようですね!

ドラマ版「チアダン」のロケ地は本来のストーリー通りに福井県になったようですね。

福井県民の方は見に行ったのでしょうか。

ドラマ「チアダン」エキストラ募集

ついでに、これまでエキストラが募集されているロケ地についてもまとめてみあました。

ドラマ「チアダン」エキストラ募集履歴
5/3(木)千葉県茂原市→高校のシーン
5/4(金)神奈川県大和市→高校のシーン(大和市立光丘中学校)
5/5(土)神奈川県大和市→高校のシーン(大和市立光丘中学校)
5/6(日)千葉県茂原市→高校のシーン
5/7(月)千葉県茂原市→高校のシーン
5/8(火)千葉県茂原市→高校のシーン
5/22(火)福井県福井市→町の通行のシーン
5/22(火)福井県→大学のシーン
5/22(火)福井県坂井市→お店のシーン
5/23(水)福井県福井市→通行のシーン
5/24(木)福井県福井市→高校のシーンなど
5/25(金)福井県敦賀市→高校野球のシーン
5/26(土)福井県福井市→高校のシーン
5/29(火)神奈川県大和市→高校、テニスのシーン
5/29(火)東京都日野市→通行のシーン
5/30(水)千葉県茂原市→高校の部活動(バレーボール、バスケットボール、卓球、体操)のシーン
5/30(水)東京都内→通行のシーン
6/6(水)千葉県茂原市→高校のシーン
6/7(木)東京都日野市→チアダンス大会のシーン
6月9日(土)千葉県茂原市→高校のシーン
6月10日(日)神奈川県大和市→高校の部活動(野球・サッカー・陸上)のシーン
6月14日(木)福井県福井市→通行シーン(サラリーマン、OL、高校生、大学生、通行人役)

もし、お近くで撮影がある場合はエキストラに応募してみてはいかがでしょうか?

特に福井県でのロケでは大量に募集しているようなので、土屋太鳳さんと共演できるチャンスがあるかもしれませんよ!

ドラマ「チアダン」の主題歌は?

ドラマ「チアダン」の主題歌も気になるところですが、現在どのアーティストが担当するかは発表になっていません。

情報が入り次第、追記させていただきます!

ドラマ「チアダン」の放送日はいつ?

ドラマ「チアダン」はTBSで毎週金曜日夜10時からの放送になります。

現状は、2018年7月から放送開始という情報しかわかっていませんので、放送日が確定しましたら、追記させていただきます。

ドラマ「チアダン」の前評判は?

映画が好評だっただけにドラマ版「チアダン」も期待されているでしょうが、世間のみなさんの声を実際の声をまとめてみました。

やっぱり、期待している人がほとんどでした。

土屋太鳳さんがハマり役ということと、映画版の主人公・広瀬すずさんが出演することが決まったので、楽しみにしている人が多いようです。

ドラマ「チアダン」の視聴率どうなる?

映画が大人気だっただけにドラマ版の「チアダン」の視聴率もかなり注目されているようです。

主演を務める土屋太鳳さんがこれまでに主演、もしくはヒロインを演じた地上波の作品の視聴率を見てみましょう。

土屋太鳳主な主演・ヒロイン作品平均視聴率
『まれ』(2015年、NHK朝ドラ)19.4%
『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(2016年、TBS系)10.5%
『お迎えです。』(2016年、日本テレビ系)7.9%

『お迎えです。』の7.9%が気になりますが、作品との相性もあったと思います。

それに今回は、大人気映画のアナザーストーリーということで人気も出るでしょうし、なんていっても映画で主演を努めた広瀬すずさんの出演も決定しましたから、大ゴケはないのではないでしょうか?

ドラマ「チアダン」の最終回のネタバレ!結末はどうなる?

それでは最後に気になる最終回のネタバレについて見てみましょうか。

今回は映画のような実話ではなく、オリジナルのアナザーストーリーです。

原作の9年後という設定ですが、あらすじを読む限りでは、映画チアダンで全米チアダンス選手権大会優勝を果たした福井県立福井商業高校のチアリーダー部「JETS」に土屋太鳳さん演じる藤谷わかばが所属する福井西高校が挑むというストーリーですね。

おそらく一般的な流れで行くと、福井県立福井商業高校のチアリーダー部「JETS」に勝利し全国制覇、そして全米チアダンス選手権にも出場し優勝するでしょうね。

ですが、気になるのが、土屋太鳳さん演じる藤谷わかばが2年生ということ。

個人的な予想としては、1年目の挑戦は失敗に終わると思います。

「やっぱりJETSの壁は厚かった・・・」という結末ではないでしょうか?

実際にドラマでどこまで描くかはわかりませんが、負けて全国制覇ができないという最終回も十分あり得ると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2018年7月から放送開始になるドラマ「チアダン」のあらすじ(ネタバレ)、キャスト、相関図、ロケ地、主題歌、視聴率予想、最終回の結末についてご紹介しました。

随時記事を更新していきますので、ドラマ「チアダン」を楽しむきっかけにしてもらえたら嬉しいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
清水ひろし

YouTube大好きなサラリーマン。
特に東海オンエアがお気に入り!
その他にも気になった芸能記事を自由気ままに書いています。

文化
スポンサーリンク
リバティ